【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド お金がない!生活がキツくて借りたい人向けの情報まとめ カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

5万円借りる!借りたい人におすすめの即日融資キャッシング術まとめ!

投稿日:

5万円を借りるための行程

一体どうやったら5万円の融資を受けることができるのか、そのために必要なことや申し込み方法、審査、融資の受け方などを掲載しています。

是非参考にしてみてくださいね。

  • 利用目的を明確にする。
  • 借りたい消費者金融を選ぶ。
  • Web申込を行う。
  • 所定の審査を受け、返事が来るまで待機。
  • 審査に通れば融資を受ける。
  • カード発行が必要な場合は店頭へ。

消費者金融を利用するのって、始めはどうしても不安なんですよね。

ダークなイメージと言うか、現金を借りること自体に抵抗がある方も多いようです。

しかし、人はなぜかクレジットカードは普通に使用することができるんですよね。

これは、消費者金融に対する偏見なのではないかと思います。

現金でしかお買い物をすることができないお店もまだまだたくさんあります。

例えば、激安スーパーやディスカウントストアもそうですし、リサイクルショップやレストラン、居酒屋などなど…

実はクレジットカードを利用するよりも現金を持っていた方が融通が利く場合が多く、売り物を現金で購入することができないものはほとんどありません。

だからクレジットカードよりも消費者金融を利用する人が居るわけです。

また、消費者金融は少額融資に向いているので、5万円の現金を即日で借りたいときは、間違いなくおすすめです。

おすすめの消費者金融とカードローン

PROMISE(プロミス)

安心の消費者金融最大手!即日対応

最短即日融資は最短で最短1時間。知名度も人気も対応も全てにおいてトップレベルなのがプロミスです。
返済は自動引落対応なので、カードローンと同じような利用方法が魅力です。
早くてカードレスにも対応可能、申込も審査も全てWeb完結できるから便利なことこの上ないです。
すぐに借りたいけど利便性の高いキャッシングを探している方に最もおすすめです。
※対象金融機関は200行以上あります

 

利率と融資可能額 実質年率4.5~17.8%
1万円~最大500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

 

 

Mobit(モビット)

電話連絡無し!Web完結申込が便利!

指定の銀行口座を持っていれば電話連絡無しで最短即日融資ができる消費者金融です。
融資までのスピードの早さと最大融資額の大きさは何と言ってもモビットの一番の魅力です。
Web完結申込ならカードレスにも対応可能で郵送物無し、スマホでカンタンに融資を申し込むことが出来ます。
誰にも知られること無く秘密で利用することができるのも大きな魅力です。

 

利率と融資可能額 実質年率3.0~18.0%
1万円~最大800万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短即日
(条件あり)
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

 

 

アイフル

全てがスピーディー、最短即日1時間!

審査から融資まで、最短で最短1時間完結と言うとにかく早い手続きが魅力の消費者金融です。
キャッシングはスピードが命、とにかく早くすぐにでも借りたいと言う時に便利です。
Web完結は無いものの、全国に店舗がたくさんあるためカード発行もそちらでできます。
無人契約機とWeb申し込みを組み合わせれば、郵送物も一切無くカード発行できます。

 

利率と融資可能額 実質年率4.5~18.0%
1,000円~最大500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗・電話
書類郵送 店舗(無人契約機)でのカード受取で
郵送物無しに

 

 

5万円借りる!そのために必要なことは?

利用する消費者金融を選びましょう。

とりあえず審査だけでも通したいから、上記のすべての消費者金融に申し込みを行おうと思っている方は、ちょっと待った!

もし初めてキャッシングを利用するのであれば、まずは上記のいずれかの消費者金融のみのしましょう。

審査は1社の消費者金融が終了するまで次の消費者金融には申し込みはしない方が良いです。

それにはわけがあります。

一度に全部申し込むと、審査に通りにくくなる。

キャッシングの申し込みは、信用情報として一定期間記録されます。

これによって日常生活において影響があるわけではありませんが、一度にたくさんの消費者金融への申し込みを行うと、その全てが記録されることになるため、各消費者金融での審査時に信用度が落ちてしまいます。

一度にたくさんの友人から一気にお金をかき集めるのと同様に、よほどお金に困っているという認識となってしまいます。

よって、まずは一つの消費者金融を選び、そこから申し込みを始めてみましょう。

もし希望融資額に届かなかった場合は、総量規制の範囲内であれば別の消費者金融への申し込みも可能となります。

どうせなら一か所の消費者金融を利用した方が、月々の返済額も2重3重にならずに済みますので、生活にゆとりを持つことができるでしょう。

申込を行う基準

各消費者金融の返済方法をチェックしてみましょう。

このキャッシング・プロジェクトでは、5万円の融資を目的としていますので、5万円を借り入れた場合、月々の最低返済金額はいくらになるのかを記載しています。

金利はプロミスが17.8%、モビット・アイフルは18.0%です。

PROMISE(プロミス)

残高スライド元利定額返済方式

5万円融資の場合…月々の返済額は、2,000円~

月々の返済額が低いため、総額は多くなるものの、生活面での負担が少ないためおすすめです。

Mobit(モビット)

借入後残高スライド元利定額返済方式

5万円融資の場合…月々の返済額は、4,000円~

プロミスよりも月々の返済金額が多いですが、総額は安くなります。

アイフル

残高スライド元利定額返済方式

5万円融資の場合…月々の返済額は、4,000円~

モビットと同じ利率・同じ月々の返済金額となります。


月々の支払金額を低くしたいのであれば、プロミスが断然おすすめですが、支払いが早く終わるのはモビットとアイフルです。

いずれにしても、月々の返済金額がかなり低めに抑えられることから、慢性的にお金が無くて困っている方であればかなり融通が利くと言ってもよいかも知れませんね。

まず、Webで申し込みましょう。

3社とも、Web上から申し込みができるため、スマホ・PCをお持ちの方ならインターネット上から融資を受けることが可能です。

Web申込ならカードレスにも対応可能ですし、ログインIDとパスワードがあればいつでも融資の申し込みをすることができます。

また、郵送物を届かなくすることもできますので、誰にも知られることなく申し込みをすることができます。

カード発行は後からでもできます。

Web上で申込ページに必要事項を入力し、必要書類を提出する。

Web申込なら、必要書類はスマホで撮影し、その画像を申し込みページに添付して送信するだけです。

必要書類は以下の通りです。

運転免許証かパスポート(本人確認書類)

収入証明書(直近3か月分程度の給料明細や賞与明細、源泉徴収票など)

画像を添付するだけでOKなのは非常に楽ですし、便利ですよね。

審査中…職場への在籍確認の入電

必要事項を入力し、送信すればあとは審査だけです。

審査には、個人の信用情報が重要視されます。

理想はクリーンで返済の滞納などが過去に無い状態です。

滞納履歴が目立ったり、ブラックリスト入りの場合、この地点で審査には通りません。

審査は最短で最短1時間程度ですが、その間に職場への在籍確認があります。

消費者金融の会社名を名乗らず、オペレーターの個人名で入電があります。

なお、他人が電話に出てしまった場合でも消費者金融だということがバレないようにマニュアル化されていますので、基本的にバレないから大丈夫です。

融資決定、電話かメールでお知らせ

審査に通れば、専用のWebサイトのIDとパスワードが発行されますので、それを利用してログインします。

その管理画面で融資を申し込んだり、カード発行の手続きを行ったりすることができます。

これであなたのスマホがATMになったわけです。

Web申込はメリットが大きいですが、振り込み時間を過ぎると翌営業日扱いになってしまいます。

緊急時にATMからサッと借りることができるように、カード発行は行っておくことをおすすめします。

【5万円借りたいプロジェクト】5万円を借りるために必要な準備など

金額にかかわらず、消費者金融をはじめ貸金業者を利用する場合、必要な準備があります。

事前に準備をしておくことで、より確実に最短即日融資を受けることが可能となりますので、予定がある方は参考にしてみてください。

お金を借りる前に準備するもの

自分の本人確認書類

運転免許証や健康保険証と他1点(住民票など)・有効期限内のパスポートをスマホで撮影しておきましょう。

引っ越しの履歴がある方は、運転免許証の裏面も撮影しておくこと。

収入証明書

過去3か月以内の給料明細書、源泉徴収票、直近の賞与明細書(過去1年以内のもの)など

50万円以下の希望融資額であれば不要のケースもありますが、必ず必要だという消費者金融もありますので、事前に準備しておくことをおすすめします。

心の準備

おおよその貸金業者であれば、職場への在籍確認のための入電があります。

基本的に個人名でかかってくるため、消費者金融が会社名を名乗ることはありませんので、安心してください。

なお、モビットは電話連絡無しであるケースもあります。

もし自分が休日の場合もその日のうちに会社への電話があります。

その場合、電話の目的自体が本人の在籍確認ですので、いなくても大丈夫です。

Web申込をする消費者金融

あらかじめ決めておく必要はありませんが、大手で申し込むのがベストです。

また、複数の消費者金融に同時に申し込むのはやめてください。

これが審査に落ちる要因となるケースがあるからです。

まずは一つの消費者金融に決めて、申し込みをするようにしましょう。

キャッシングで5万円を借りる時に必要な書類など

スマホでキャッシングの申し込み

キャッシングで5万円の融資を受けたい!

消費者金融にWebで申し込む際に必要な書類についてまとめます。

と言うか、5万円でも10万円でも、必要な書類は変わりないんですけどね。

消費者金融によっては50万円を超える借り入れの際に必要な書類もありますし、それ以下でも必要な場合もありますので、すべて用意できればより早くことが運ぶと思います。

キャッシングで必要な書類

運転免許証・パスポート・健康保険証と他1点(住民票など)

本人確認のために必要な書類です。

まず、これらのいずれかを用意できなければ、キャッシングを利用することができないどころか、申し込みすらできません。

Web上からの申し込みの場合、これらの書類はスマホで撮影して添付すればOKです。

収入証明書

直近3か月分程度の給料明細書や賞与証明書が必要なケースがあります。

これが必要な基準はその消費者金融によって違いますが、50万円を超える借り入れの際に必要な場合と借入金額とは関係なしに必要な場合がありますので、用意しておいた方が良いでしょう。

預金通帳

自動引き落としや融資の振り込みの際の指定口座の登録に必要です。

これも消費者金融によりけりなのですが、消費者金融側が指定する口座を持っていないと対応できない場合もあります。

その場合、自分で振り込みによる返済を選択することになります。

大手消費者金融なら比較的どの銀行口座でもOKである場合が多いのですが、消費者金融によっては指定されている口座以外は受け付けてくれない場合もあります。

詳しくは各消費者金融が利用できる銀行口座をチェックしてみましょう。

最短即日融資を受けるには、迅速な行動が必要になります

キャッシングを利用する方の多くが最短即日融資を希望しています。

できるだけ早く準備しておけば、それだけ早く融資してくれることになりますよね。

最短で最短1時間程度で審査が終わることもありますが、あらかじめ時間に余裕をもって行動すればより確実に最短即日融資が可能となります。

希望される方は、少なくともこれだけの書類は準備してから申し込みを行うことをおすすめします。

以上です。

そんなにあわただしく準備するものはありませんが、給料明細書などが必要な場合は手元に用意しておく必要があります。

これらもWeb申込の場合、スマホで撮影したり、ファックスで送ったりすることになります。

PROMISE(プロミス)

安心の消費者金融最大手!即日対応

最短即日融資は最短で最短1時間。知名度も人気も対応も全てにおいてトップレベルなのがプロミスです。
返済は自動引落対応なので、カードローンと同じような利用方法が魅力です。
早くてカードレスにも対応可能、申込も審査も全てWeb完結できるから便利なことこの上ないです。
すぐに借りたいけど利便性の高いキャッシングを探している方に最もおすすめです。
※対象金融機関は200行以上あります

 

利率と融資可能額 実質年率4.5~17.8%
1万円~最大500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

 

 

Mobit(モビット)

電話連絡無し!Web完結申込が便利!

指定の銀行口座を持っていれば電話連絡無しで最短即日融資ができる消費者金融です。
融資までのスピードの早さと最大融資額の大きさは何と言ってもモビットの一番の魅力です。
Web完結申込ならカードレスにも対応可能で郵送物無し、スマホでカンタンに融資を申し込むことが出来ます。
誰にも知られること無く秘密で利用することができるのも大きな魅力です。

 

利率と融資可能額 実質年率3.0~18.0%
1万円~最大800万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短即日
(条件あり)
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

 

 

アイフル

全てがスピーディー、最短即日1時間!

審査から融資まで、最短で最短1時間完結と言うとにかく早い手続きが魅力の消費者金融です。
キャッシングはスピードが命、とにかく早くすぐにでも借りたいと言う時に便利です。
Web完結は無いものの、全国に店舗がたくさんあるためカード発行もそちらでできます。
無人契約機とWeb申し込みを組み合わせれば、郵送物も一切無くカード発行できます。

 

利率と融資可能額 実質年率4.5~18.0%
1,000円~最大500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗・電話
書類郵送 店舗(無人契約機)でのカード受取で
郵送物無しに

 

 

キャッシングの審査時の職場の在籍確認ってなしにできる?どんな電話がかかってくるの?

審査が甘いキャッシング

消費者金融や銀行系カードローンを利用する場合は、5万円の少額融資でも職場への在籍確認は必須です。

モビットのように、条件がそろえば電話連絡は無しであるケースもありますが、ほぼやらなければならないことと言うのは覚えておきましょう。

つまり、キャッシングを利用するなら避けることができない行程というワケですね。

在籍確認自体を知らないで申し込む方もいる

実はお金を借りるとき、お電話での在籍確認を知らずに申し込む方もいます。

よく説明事項を読んでいなかったために起こることです。

実際に入電があった時、

『え?俺、田中なんてヤツ知らないんだけど…?』

って思うかもしれませんね。

消費者金融からの電話では、銀行系カードローンとは違い、基本的に会社名で電話してくることはまずあり得ません。

私は銀行系のカードローンを申し込んだことがありますが、そちらでも個人名でお電話がありました。

(銀行名で入電する場合もあります。)

消費者金融はイメージダウンに繋がることは可能な限り避けるので、この辺りは凄く気を使ってくれるはずです。

在籍確認は正社員だけじゃなく、アルバイトやパートに関しても同様に行われます。

5万円の融資でも在籍確認が必要?

融資希望額に関わらず、お金を貸すわけですから本人確認は必須です。

従って、融資希望額によって提出する書類が追加になることはあっても、在籍確認が免除されることはありません。

最短即日融資の場合は、その日のうちに電話がありますので、どうかご協力ください。

電話連絡は無しの消費者金融がある!

モビットは、条件が整えば電話連絡無しとなります。

その条件とは、以下の通りです。

  • Web完結申込からの申し込み。
  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に銀行口座を持っている。
  • 健康保険証と他1点(住民票など)および所得証明書を準備できる。
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート等)を準備している。

これらに付け加え、クリーンなマネーヒストリー(延滞・滞納などの過去履歴)があれば問題ありません。

他社の借り入れが多い場合は、在籍確認が必要になる場合もあります。

この辺りはモビットによる判断ですので、一概には言えないのですが。

でも、ちょっとでもバレるのが嫌な方、心配な方は利用してみるとよいかと思います。

Mobit(モビット)はどんなキャッシング業者?

次のページへ >

-【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド, お金がない!生活がキツくて借りたい人向けの情報まとめ, カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.