【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド お金がない!生活がキツくて借りたい人向けの情報まとめ カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

5万円借りる!借りたい人におすすめの即日融資キャッシング術まとめ!

投稿日:

5万円借りたい!消費者金融と銀行、どちらのキャッシング・カードローンを選ぶ?

お金を借りたいって思った時、利用するのは消費者金融か銀行の2択となります。

信販会社、いわゆるクレジットカードを発行している会社も選択肢に入るかも知れませんが、クレジットカードに付いているキャッシング機能よりも、専門の業者の方が利便性は高いです。

もしあなたが5万円を借りたいって思った時、消費者金融と銀行カードローンのどちらを選択しますか?

少額融資に向いているキャッシング

消費者金融の最大のメリットを活かすのであれば、迷うことなくキャッシングです。

最短即日融資やWeb取引など、顧客のニーズに応えてくれていますので、とても利用しやすいんですよね。

また、気になる金利も利用実績に応じて下がりますし、融資限度額も増えます。

総量規制の対象となっていますが、却って利用する額を制限してくれた方が何かと良い傾向があります。

分割で大きい金額を返済するならカードローン

銀行系カードローンのメリットは、金利の低さと融資額の大きさです。

総量規制の対象外ですので、基本的に消費者金融のキャッシングサービスよりも大きい融資限度額が得られるケースもあります。

ただ、勘違いしないで欲しいのが、年収400万円の方が400万円の融資限度額を得られると思ったら大間違いです。

審査内容によりけりですが、限度額の上限が大きいけれど、無理をしない程度の上限が設けられることになります。

返済方法によって使い分けるのもひとつの手

月々の返済額を抑えたい方は、消費者金融のキャッシングがおすすめです。

金利は高めですが、月々の返済額はかなり融通が利くんですよね。

例えば、プロミスの場合は5万円の融資なら月々2,000円程度の返済額から選ぶことができますので、生活にゆとりが無い方であれば、こちらがおすすめです。

また、借りれば借りるほど月々の返済額が上乗せすると言う(2重で返済)ことではなく、借りた月から一旦計算しなおして月々の返済額が決定します。

一方、月々の返済金額は10,000円程度でも大丈夫だから、早く返してしまいたいという方は、銀行系カードローンを選択してもよいかなと思います。

月々の返済額が大きくなりますが、金利面でも優遇されていますので、総額で考えるとカードローンの方がお得ではあります。

まとめると、

生活にゆとりを持ちたい方は消費者金融、総額で考えるならカードローンがおすすめです。

5万円を借りる目的は何?明確な理由無しに借りるのは危険かも

キャッシングで5万円を借りる目的を考えたことがありますか?

一体何に使うのか、目的が明確じゃないと次から次へと借りてしまい、収拾がつかなくなってしまうこともあり得ます。

キャッシングの利用目的として最も多いのが、『生活費の補てん』のためです。

つまり、少額融資をメインに利用を考えている方が多く、その金額は1万円~5万円程度です。

つまり、5万円を借りる目的として、生活費の補てんと言うのは結構大きい金額ではないでしょうか?

あなたは何に使う?5万円の使い道

5万円を手にしたとき、あなたは一体どのような使い道を考えるでしょうか?

生活費にしますか?

それとも欲しかったものを購入しますか?

はたまた、ゲーム内課金に利用しちゃいますか?

融資されたお金は基本フリーで使用することができますので、何に使ってもよいのですが、キャッシングの場合は使い道を明確にしておかないと次から次へと借りてしまう、いわゆる『キャッシング依存症』になってしまうかもしれません。

お金って不思議なもので、使うとすぐになくなるのに、作ろうとしてもなかなかできないものなんです。

世の中、使う人が圧倒的に多い気がしますけど、実は結構節約しているから世間的に見て金回りは良くないんですよね。

ですが、5万円を何に使ったかわからなくなってしまうというのは、いわゆる浪費ってやつです。

浪費は身の破滅を招く危険な兆候でもありますので、5万円と言うお金を借りるために、何が必要で何が要らないのかを考えてみてください。

ちなみに私なら、5万円は生活費の補てんに利用させていただきたいと思います!

Webキャッシングはカードレスで5万円を借りることができる

5万円を即日で借りたい!

そんな時に役立つ消費者金融のキャッシングには、大きく分けると2つの種類があります。

キャッシングの種類

Webキャッシング

Web上で申し込みを行い、審査に通れば会員専用のページへログインすることができます。

そちらの管理画面上から融資の申し込みを行うのがWebキャッシングです。

基本的にカード不要なので、カードが郵送で送られてくることはありません。

スマホで融資を簡単にできることから、こちらが主流となっています。

カードキャッシング

各消費者金融の専用のカードを使用してキャッシングをする方法です。

消費者金融のATM、提携銀行のATM、提携コンビニATMにカードを挿入し、現金を借り入れます。

こちらは店頭や無人契約機、郵送での受け取りとなります。

メリットはATMさえあればどこでも24時間キャッシングをすることができるところです。

デメリットは郵送物があること、カード発行までは審査に通っていてもキャッシングを利用することができないことです。

メリットを最大限に生かすには

Webキャッシングとカードキャッシング、両方を利用することができるような環境を整えておくととても便利です!

やり方としては、Web申込を行い、審査に通った後でWeb上からカード発行の手続きを行うのがおすすめです。

Web上からのカード発行の場合、予約番号を取得すれば店舗や無人契約機で受け取ることができます。

つまり、Web上から申し込みを行えば、どちらも利用することができるようになるというわけですね。

カードは店舗や無人契約機に行く他に、郵送で送ってもらう方法もあります。

郵送物が嫌だという方は、店頭へ行くとよいでしょう。

Webキャッシングのメリットは、スマホで簡単操作で融資の申し込みをすることができるところにあります。

カードが無いため、もしカードを落とした場合でも悪用される心配もありませんし、秘密にしたいのに誰かに財布を見られてバレることもないところもメリットですね。

カードを利用するかしないかはあなたの自由です。

是非有効利用してみてくださいね。

Web申込で郵送物無し!即日で5万円を借りるために。

Web申込で最短即日融資

Web申込の便利なところ。

それは、郵送物が一切届かないように設定できるところです。

やっぱり消費者金融を利用するなら、周りの人にバレたくないですからね。

バレる要素はすべて排除して利用したいところです。

実は消費者金融側もそのことは十分承知していて、私たち利用者ができるだけ周りにバレないよう配慮してくれます。

その極め付けがWeb申込と言うわけですね。

しかもこの申し込み方法なら、即日で5万円の融資を受けることだって可能です。

最短で最短1時間、だから最短即日融資ができる!

Web申し込みは、大手消費者金融を見ると最短で最短1時間で融資可能となります。

つまり、申し込んだ後でその最短1時間以内に審査と職場への在籍確認が行われます。

とにかく申し込まれた後からが非常にスピーディーですよね。

滞りなくことが進めば、最短1時間で融資可能となりますので、スマホでログインし、融資の申し込みを行います。

その際に銀行口座の登録が必要となりますね。

それにしても、最短1時間で貸してくれるとはすごく早いですね。

以前ならカード発行まで1週間とかかかっていた記憶があるのですが、どうだったのでしょうね?

私が申し込んだことがあるカードローンは、カード発行まで1週間程度かかっていましたし、職場への在籍確認も申し込んでから数日後だった気がします。

かなり昔の話なのでよく覚えていませんが、早くお金が欲しかったのにそれができず、支払いに間に合わなかった記憶があります。

消費者金融は少額融資と最短即日融資を求めている方におすすめです。

相談にも親身になって乗ってくれますし、ダークなイメージとは裏腹にかなり利便性が高いんです!

5万円程度の少額融資ならキャッシングが最もおすすめです!

なお、月々の支払額を低く設定できるのもキャッシングの大きなメリットです。

生活費をほとんど削ることなく利用できますので、おすすめですよ!

少額・最短即日融資に向いているキャッシングで5万円を借りてみよう!

何らかの理由で、急にお金が欲しいシーンって人生どこかで必ずあるものだと思っています。

ある時、どうしても5万円が必要となりました。

ですが、自分は結構ギリギリの生活をしているし、いきなり5万円を絞り出すこともできず、どうしようか迷っている、と言う方のお話です。

5万円って、客観的に見ると5万円くらい何とかならないの?

って思ったりもしますよね。

でも、主観的に考えると5万円は相当な大金であることがわかります。

5万円を絞り出せ!

って言われても、そうなかなか出てきませんよね?

どうしても必要な5万円。

でも、友人に借りるわけにもいきませんし、もし融資を希望するなら2択しかありません。

1つは、消費者金融のキャッシング。

そしてもう1つは、銀行系カードローンです。

まず、5万円をどのようにして借りたいのかをチェックしてみましょう。

5万円を借りたい!どんな方法で?

  • 急に必要になった→最短即日融資が望ましい。遅くても翌日。
  • 5万円と言う中途半端な金額→負担を少なく、分割で返済したい。
  • できれば秘密で借りたい→郵送物などが届かないように。

まず、最短即日融資が可能なのは、消費者金融です。

安心して借りたいのであれば、大手の消費者金融を選んでみましょう。

最短で最短1時間で融資が可能です。

できればすべてWeb上で申し込みを行い、完結させたいところですね。

5万円を分割で返済する場合、カードローンだと月々10,000円程度の返済となるため、ギリギリの生活をしている方にとって大きな負担となります。

ゆえに、長くかかっても月々数千円程度の返済で済むようにしたい場合も消費者金融がおすすめ。

確かに金利は高めではありますが、月々の返済額はかなり融通が利きます。

プロミスの場合を例にすると、5万円の融資で最小月々2,000円程度の返済金額で済みます。

これなら生活を脅かすことなく返済していけそうな感じがしますよね。

できれば秘密で借りたい場合、消費者金融のWeb完結申し込みがベスト。

カードレスにも対応可能だし、明細もすべてWeb上で発行されますので、郵送物が一切届きません。

カード発行したい場合はWebで申し込み後、直接店頭か無人契約機へ行けば発行できます。

秘密厳守でことを進めたいのであれば、消費者金融がベストです。

まとめると…

  • 月々の負担額を抑えたい。
  • 最短即日融資が可能である。
  • カード発行は後でいい。
  • スマホでWeb申込ができるのがいい。

消費者金融は、ユーザーのニーズに応えようと色々なサービスを展開しています。

そのため、銀行系カードローンよりも親身になってくれますし、秘密厳守にもしっかり対応しています。

ゆえに、上記の条件をすべて満たしている融資方法が消費者金融のキャッシングとなります。

5万円の少額融資なら金利差も大して気になりませんし、何よりも月々の負担額が少ないのはかなりのメリットと言えるでしょう。

もしあなたが今すぐに5万円を借りたいと思っているのであれば、消費者金融をチェックしてみてください。

PROMISE(プロミス)

安心の消費者金融最大手!即日対応

最短即日融資は最短で最短1時間。知名度も人気も対応も全てにおいてトップレベルなのがプロミスです。
返済は自動引落対応なので、カードローンと同じような利用方法が魅力です。
早くてカードレスにも対応可能、申込も審査も全てWeb完結できるから便利なことこの上ないです。
すぐに借りたいけど利便性の高いキャッシングを探している方に最もおすすめです。
※対象金融機関は200行以上あります

 

利率と融資可能額 実質年率4.5~17.8%
1万円~最大500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

 

 

Mobit(モビット)

電話連絡無し!Web完結申込が便利!

指定の銀行口座を持っていれば電話連絡無しで最短即日融資ができる消費者金融です。
融資までのスピードの早さと最大融資額の大きさは何と言ってもモビットの一番の魅力です。
Web完結申込ならカードレスにも対応可能で郵送物無し、スマホでカンタンに融資を申し込むことが出来ます。
誰にも知られること無く秘密で利用することができるのも大きな魅力です。

 

利率と融資可能額 実質年率3.0~18.0%
1万円~最大800万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短即日
(条件あり)
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

 

 

アイフル

全てがスピーディー、最短即日1時間!

審査から融資まで、最短で最短1時間完結と言うとにかく早い手続きが魅力の消費者金融です。
キャッシングはスピードが命、とにかく早くすぐにでも借りたいと言う時に便利です。
Web完結は無いものの、全国に店舗がたくさんあるためカード発行もそちらでできます。
無人契約機とWeb申し込みを組み合わせれば、郵送物も一切無くカード発行できます。

 

利率と融資可能額 実質年率4.5~18.0%
1,000円~最大500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗・電話
書類郵送 店舗(無人契約機)でのカード受取で
郵送物無しに

 

 

5万円を借りるために申込!Web申し込みと審査の内容とは?

キャッシングの審査

キャッシングで5万円を借りる前に、まずはWeb申込をしてみましょう。

なぜ店頭じゃないの?

って思うかもしれませんが、今はWeb上ですべての申し込みを完結させることが可能です。

従って、審査に通るとキャッシング用カードではなく、代わりにログインIDとパスワードを与えられます。

つまり、審査や申し込みだけじゃなく、融資もすべてWeb上から申し込むことになります。

まず、Web申込って何ぞや?

って思っている方もいるかもしれませんので、カンタンにご説明します。

Web申込とは?

ネット上で申し込みから審査、融資までをすべて行う申し込み方法です。

審査に通った後は、会員専用サイトのIDとパスワードが与えられますので、それを入力してログインします。

管理画面上から融資や返済、カード発行に至るまですべてを行えます。

Web申込のメリットは、何と言っても郵送物が届かないことです。

また、カードレスにも対応可能なのでお財布がかさばらないですし、万が一カードを落としてしまう、なんていう心配もありません。

ですが、Web上から融資の申し込みを行った場合は、最短即日融資は15時までに行わないと翌営業日の振り込みとなってしまう点です。

ですので、私がおすすめするパターンとしては、

  • Web申込を行い、審査に通過したら最短即日融資可能なので、依頼してみる。
  • 24時間ATMで現金の借り入れをしたい場合はカードが必要なので、管理画面上からカード発行を申請する。
  • 予約番号を持ち、店頭や無人契約機へ行ってカード発行してもらう。

こんな感じですね。

これなら最短即日融資が可能で、かつカードも郵送ではなく自ら訪れて手に入れることができます。

管理画面でチェックできるメリット

郵送物が一切届かないと言いましたが、これはすべてWeb上で履歴などをチェックすることができるため、不要になるんです。

もちろん希望すれば郵送でも対応していますが、多くの方がWeb管理画面を利用しています。

これはクレジットカードでもそうですし、銀行カードローンにも用意されています。

ただし、利便性を考えるとやっぱりキャッシングなんですよね。

月々の返済額も抑えることができるし、実際に利用してみるとその便利さがよくわかると思います。

審査内容は?

長くなってしまいましたが、続いて審査内容です。

まず、必要書類は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と所得証明書です。

これらはスマホで撮影し、申込時にファイルとして添付するだけでOKです。

もちろんスマホからも簡単に添付することができます。

一昔前のペーパー申込とは違い、現在はすべてWeb上から申し込みをすることができるのはとても便利ですね。

審査内容は、信用情報と消費者金融の審査です。

勤続年数があまりに短かったり、借金やローンの滞納やブラックリストじゃない限り、この辺りは通常であれば通るのではないかと思います。

信用情報については私たちではどうすることもできませんので、過去数か月以内に滞納があった方はちょっと厳しいかも知れませんので、日を改めるか、それともチャレンジしてみるかを決めてください。

なお、基本的にアルバイトもパートも正社員も、限度額の違いはあれど審査内容はほぼ変わりないようです。

実際に、審査内容は公表されていませんので、本当にこれ!

と言うものが明確ではないことは確かです。

しかし、滞納も無いし、安定した収入がある方であれば、よほどむちゃくちゃな融資希望額を提示しない限りは大丈夫のはずです。

希望額は、あくまで希望額でして、初期の融資額はおおむね30万円~50万円に設定されているようです。

当サイトでの目標金額は5万円なので、この辺りの希望融資額でもOKではないかと思います。

あまり多すぎると使いすぎてしまう可能性もありますので、できれば抑え気味に申し込んだ方が得策ではありますよね。

Web申し込みの審査内容 5万円と20万円では内容が違う?

総量規制と総量規制対象外

消費者金融のWeb申し込みの際、希望融資枠を記入する欄があります。

自分は一体どのくらいの融資枠が欲しいのかを明記するためですね。

記入は限度額一杯まで可能ですが、消費者金融には総量規制があるため、それ相応の年収を稼いでいないと希望額に到達しません。

では、記入する希望額が5万円の時と20万円の時では、審査内容に差異が生じるのでしょうか?

安定した収入の額によりけり

総量規制は、年収の1/3以上は借り入れできませんよ、と言う規制です。

従って、20万円を借りたいときはその3倍、年収60万円があれば理論上は可能であるということになります。

要は総量規制内の融資希望額であれば、審査内容には差異は見られない、と言うことになりますよね。

ただし、他の消費者金融や信販会社、クレジットカードの利用額により、NGだというケースも考えられます。

では、現状でどのくらいの融資枠を獲得することができるのかをちょっと考えてみましょう。

年収300万円、他社からの借り入れ・クレジットカードの利用アリの場合

仮にAさんとでもしておきましょうかね。

Aさんの年収は300万円。

総量規制では100万円までの融資が可能となります。

しかし、Aさんは他社からの借り入れもあって、その総額が70万円です。

自動車ローンも組んでおり、そちらの残高はあと100万円。

最近、生活費がきつくなってきており、給料日前にもう少しゆとりをもってやりくりしたいと思う、今日この頃。

そこで、Aさんは他社以外の消費者金融にも申し込みを行うことにしました。

希望限度額は、50万円です。

Web申込ですので、スマホでサクサクことが進みますが、どうでしょうか?

結果、希望融資枠に届かず。

現状では170万円の借金・ローンが残っているAさん。

総量規制では、100万円まで借り入れることが可能であるはずにもかかわらず、希望額の審査には落ちてしまいました。

ですが、融資枠30万円を獲得でき、これでやりくりすることに。

なぜ融資枠が30万円になったのかと言うと、原因は以下の通りです。

  • 他社の借り入れが70万円あり、総量規制では残り30万円分しか融資できないため。
  • 自動車ローンは融資枠の調整には含まれない。

つまり、もうすでに100万円の枠のうち、70万円は他社で利用していることになります。

よって、融資可能額は30万円しか残っていないというワケですね。

まあ、30万円あれば悠々自適に生活できると思うんですよね。

生活費の補てんのためであれば、そんな大金を借りることも無いでしょうし、却って制限が付いた方が使い過ぎない分計算しやすいですよね。

これが銀行系カードローンの場合になると、話が違ってきます。

あちらは総量規制の対象外ですので、限度額がもっと大きくなる可能性があります。

ですが、審査が厳しく、通る見込みが立たないケースも多々あります。

カードローンはクリーンな状態の方なら比較的通りやすく、大きな限度額も出ると思うのですが、そううまくはいかないのが現実です。

少額融資であればキャッシングの方が利便性も高く、月々の返済額を抑えて利用することができるため、むしろおすすめなんです。

というワケで、5万円でも20万円でも、総量規制の範囲内であれば審査内容には影響がないと言うことです。

審査に通った場合と落ちた場合について 5万円の融資額でもダメなことってあるの?

消費者金融の審査に落ちたんだけど!

5万円の希望融資額だったのに、お金を借りることができなかったという事例もあります。

金額の多い少ないに限らず、信用情報や収入面、職業や勤務年数によっては審査に通らない場合ももちろんあるんです。

では、消費者金融の審査に落ちた場合、他を当たってお金を借りることができるのでしょうか?

厳密にいえば、かなり厳しい

基本的に銀行系カードローンの方が審査が厳しいと言われている中で、消費者金融の審査に落ちた場合、銀行系カードローンの審査に通ることは稀です。

従って、お金を借りることができない場合は素直に諦めるしかないようです。

中小規模の消費者金融ならもしかすると通る可能性も否定できないのですが、基本的に信用情報から審査に入る面は変わりありません。

まず、なぜ落ちたのかを自分なりに分析してみる

ほとんどのケースがこれです。

  • ブラックリスト入りだから。
  • 過去に返済の滞納があった。
  • 安定した収入が見込めないから・無職だから。
  • 希望融資額が大きすぎた。
  • 入社してまだ数か月だから。

債務整理や自己破産を行った方は、いわゆる『ブラックリスト』です。

この場合はもちろんお金を借りることはできません。

なぜかと言うと、信用度がゼロだからです。

また、過去に返済の滞納があった場合も同様で、自分の社会的な信用度を一気に下げてしまいます。

よって、お金に関するトラブルがあった方の場合、審査に通りにくい傾向があります。

安定した収入が無いとか、無職・主婦の方も審査に通らないことが多いです。

総量規制の対象となる消費者金融でのキャッシングは、年収が無ければ借入可能額も0です。

希望融資額が大きすぎるのもデメリットとなるようですが、こちらは審査内容によっては減額された金額を提示されますので、審査に落ちる大きな要因とはなりにくいかもしれませんね。

入社間もない方も、審査に通らないケースがあるようです。

そもそも入社したての新人社員がなぜキャッシングを利用する必要があるのか謎ですよね。

明確な理由があるのであれば、それをしっかりと提示しておいた方が審査に通りやすくなる可能性があります。

たかが5万円も侮ることなかれ

5万円だけ借りたいのに、貸してくれない…

たった5万円なのに!

そう、5万円でもお金はお金です。

信用度がゼロの人にはビタ一文貸してはくれないのです。

もしあなたが多額の借金を抱え、支払いができないためにどうしても5万円が必要だけど審査に落ちたのであれば、迷うことはありません。

弁護士に相談しましょう。

キャッシング用のカードを発行してほしい時はどうすればいい?

クレジットカードのキャッシング枠

消費者金融にWeb申し込みをして、審査に通り融資が可能となると、カードレスにも対応可能で融資の申し込みが可能となります。

つまり、融資の申し込みは24時間いつでもできるようになったわけです。

これで5万円、ついに借りることができますよね^^

ですが、申し込みは24時間だけど、ATMへの振り込みは翌営業日となることもあります。

銀行は基本的に15時でクローズしますので、それ以降の振り込みは翌営業日扱いとなってしまうからです。

これだと最短即日融資が非常に厳しいものとなって今しますよね。

24時間いつでもどこでも借りたいときは、キャッシング用のカードを消費者金融から発行してもらう必要があります。

これなら銀行ATMでも提携コンビニATMでも、どちらでも空いているATMなら利用することができますよね。

しかし、Web申し込みの場合はカードレスにも対応可能なので、お手元にはカードが無いはずです。

これってどうやって発行してもらえばいいのでしょう?

キャッシング用のカード発行のやり方

Web上からカード発行を申請し、郵送か店頭受け取りかどちらかお好きな方を選びます。

店頭の場合、直接店舗や無人契約機に行って発行してもらいますが、あらかじめWeb上で予約番号を受け取る必要があります。

郵送はその名の通り、ご自宅までカードを郵送してもらう方法です。

ただ、せっかく郵送物無しのWeb申し込みをしたわけですし、そもそも秘密でキャッシングを申し込んだので、郵送物が届くのはちょっと…

と言う方であれば、店頭へ行って直接受け取る方法を選択された方が良いでしょう。

ただ、お近くにその消費者金融の店舗があればの話ですが。

消費者金融を決める前に、家の近くに店舗があるかもチェックすること!

カード発行をしてもらうため、後々店舗へ行くことになりそうだと思うのであれば、自宅近くにどの消費者金融の店舗があるかをあらかじめチェックしておく必要があります。

じゃないと、隣町まで行く羽目になる可能性もありますよね。

むしろその方が目立たないし、地元に人がいない可能性が高いので、その方が良いのかも知れませんね。

【キャッシングプロジェクト】5万円の融資を受ける時は、どのATMを利用すればいい?

5万円をキャッシングで借りるには、大きく分けると2つの方法があります。

  1. Web上でログインして融資を申し込む。
  2. お近くの銀行ATM、提携コンビニATM、消費者金融のATMを利用する。

Web申込の場合、審査に通れば自分専用の会員画面で融資を申し込むことになります。

この場合は、自分の銀行口座に振り込みとなりますので、最短即日融資が欲しい場合は15時前に申し込みを行う必要があります。

ゆえに、いつでも利用したいという方は、カードを発行してもらうことがおすすめです。

カード発行はお近くの店舗か無人契約機でできますし、郵送が嫌じゃなければそちらでも対応しています。

Web申込でカード発行を行うことも可能ですので、お試しください。

利用するATMの種類

消費者金融と提携している銀行のATMのみとなります。

現在、大手消費者金融の場合はよほどマイナーな銀行や信用金庫以外はほぼ利用可能だと思います。

実際に利用できるかどうかはカードをATMに入れて確かめてみてもいいですよね。

銀行ATMや提携コンビニATMを利用するには手数料が発生する場合がほとんどです。

従って、手数料がかかるのが嫌だという方は、消費者金融の専門のATMを利用するようにしましょう。

ちなみに手数料は銀行により違いますが、おおむね108円~となっています。

あまり気にしないで利用できる金額でもありますし、もし消費者金融のATMが遠い場合は交通費もばかになりませんので、提携ATMを利用することをおすすめします。

なお、銀行ATMでも手数料無料で利用することができる場合もあります。

それは、各消費者金融により提携先との関係性によりますので、気になる方は公式サイトをチェックしてみましょう。

5万円じゃなく、やっぱり10万円借りよう…返済方法は分割にできる?【5万円借りたいプロジェクト】

5万円の融資にしようと思ったけど、やっぱり10万円借りたい。

でも、5万円なら翌月に一括で返済できるけど、10万円は流石に分割で返済しないとできない。

キャッシングは少額融資に向いていて、一括で返済すべきだと考えている方も多いかもしれませんが、基本的にカードローンとあまり変わりがありませんので、分割返済にも対応しています。

5万円でも10万円でも、分割返済は可能。

消費者金融は、金利が高かったり、融資額が低かったりとデメリットもあるのですが、カードローンのような分割返済にはむしろ融通が利くと言ってもよいでしょう。

通常、分割返済と言うと、リボ払いなどが有名ですが、その際の最低返済額は10,000円以上であることが多いですよね?

でも、消費者金融は月々の返済額を抑えて利用することができますので、実はこちらの方がおすすめだったりします。

例えば、5万円は一括返済も可能ですが、分割返済だと最低金額月々2,000円で済みます。

その分総額は金利で多めに取られてしまいますが、月々の返済額を抑えて利用することができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

もし5万円から10万円に変更したい方は、カードローンのような分割返済をおすすめします。

プロミスの場合、30万円以下なら最高で36回返済に対応していますので、単純計算で金利を含めると月々3,600円程で済んでしまいます。

つまり、月々10,000円が最低金額であるリボ払いよりも、こちらの方が6,600円分の月々の余裕が生まれるわけです。

早く返済したいなら返済金額を上げて利用すればいいわけですし、返せるときに一括で返済することだってできます。

これらを含め、消費者金融は利便性が高くて利用しやすいんですよね。

5万円でも10万円でも、分割返済には対応していますし、返済シミュレーションもWeb上でチェックすることができますので、有効的に利用してみましょう。

【5万円借りたい】5万円の融資でも、一括じゃなく分割返済が可能です。

5万円と言う少額融資って一括で返済しないといけないと思っていませんか?

プロミスを例にしてみると、5万円でも分割で返済することが可能です。

クレジットカードのキャッシング枠などは、リボ払いなので、月々に決められた金額を返済することになります。

ただ、クレジットカードのキャッシング機能では、最低でも月の支払いが10,000円と言うところが多いため、これが結構な負担となるケースがあるんですよね。

消費者金融ならゆったり返済できる!

プロミスの場合、『残高スライド元利定額返済方式』と言う返済方法を採用しており、月々の返済額を極力抑えて返済することが可能です。

5万円の場合、プロミスなら月々2,000円~の返済額で済みます。

ただ、金利面で不利ですので、あまり長期で返済すると損します。

ですが、月々2,000円の返済なら問題なくできるって考えてもいいのではないでしょうか?

返せるときに一括で返すこともできますし、生活に余裕をもって返済していきたい方はプロミスの返済方法がおすすめです。

自動引き落としならラクラク返済

プロミスの場合は、自分が持っている銀行口座から自動引き落とししてくれるため、入金を忘れなければ返済を忘れるということはありません。

返済の滞納は自分の信用情報を落としてしまいますので、なるべく避けたいところです。

モビットの場合は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていれば、自動引き落としに対応しています。

自分で入金するのもアリかと思いますが、ついうっかり忘れてしまわないように、自動引き落としを選択しておくことをおすすめします。

Web申込で設定できます

自動引き落としは、Web画面上から設定できます。

同時にカード発行が必要な方もそちらでできますので、利用してみましょう。

【5万円借りたい】自分の銀行口座に5万円を振り込んでもらった!

消費者金融の公式サイトでWeb申込を行い、実際に融資してもらうと、自分の銀行口座に5万円が入金されているはずです。

そして、Web上で確認すると、融資限度額が5万円減っているはずですね。

これであなたに5万円の融資が完了しているはずです。

Web申込は、手続きが非常に楽ではあるものの、24時間いつでも振り込み可能と言うわけではありません。

つまり、自分の銀行口座が開いていない限り、振り込みは翌営業日となってしまいます。

金曜日の15時以降に申し込みを行った場合、入金されるのは月曜日以降の平日で、銀行がオープンしているときになります。

ゆえに、ゴールデンウィークなどを挟む場合は、注意が必要となるわけです。

24時間いつでも融資を受けたいならカードが必要

それゆえに、いつでも融資を希望される方は、消費者金融のカードを発行する必要があります。

カード発行はお近くの店頭や無人契約機、またはWeb上から申し込みを行い、郵送で受け取ることができます。

カードがあれば24時間ATMが稼働していればいつでも現金の借り入れを行うことが可能となります。

希望の方は、自分のWebログイン画面から申請しておきましょう。

店頭や無人契約機でカードを受け取る方法

まず、Web上でカード発行の手続きをしてください。

そこに、店頭で受け取る旨の選択肢があるはずです。

予約番号をチェックし、店頭や無人契約機へ行けば、カードを発行してくれるはずです。

もし有人の店舗だった場合、同時に融資に関する相談も乗ってくれるかもしれません。

今後相談事があるのであれば、メールで消費者金融と連絡を取るよりも、実際に人に合って話をする方がよいでしょう。

特に急いでいる場合とかはそうですよね。

なお、プロミスは有人の店舗がありますが、モビットにはありません。

従って、対面での相談を希望される方であれば、プロミスを利用するのがおすすめです。

簡易的に継続して利用したい方はモビットでもよいと思います。

では、5万円、有意義に利用してくださいね。

5万円を借りる。Web申込で24時間365日!それが出来るキャッシングサービスとは?

Webキャッシングで24時間365日(メンテナンスの時間帯を除く)自分の口座に振り込んでくれる消費者金融があります。

プロミスでは、とても珍しいWebキャッシングサービスを展開しています!

通常、キャッシング用のカードが無いとなかなか難しい24時間365日融資ですが、プロミスだけ対応しています。

ただし、指定の提携銀行の口座を持っている方のみです。

それでも、カードレスで利用してもこのように振り込んでくれるのは大変ありがたいことです。

提携銀行はどこ?

三井住友銀行やジャパンネット銀行が提携銀行となります。

地方にお住まいの方は、三井住友銀行の口座は持っていないという方も多いと思いますが、ジャパンネット銀行はネットで申し込みを行って開設することができますので、地方の方でも関係なく口座を開設することが可能です。

持っているという方も多いので、キャッシングを利用しようと考えている方は口座をお持ちかどうか、チェックしてみましょう。

この2つの銀行口座をお持ちの方は、プロミスを選ぶのがおすすめです!

契約はどうすればいいの?

Web上で融資を申し込み、契約すればいいだけです。

プロミスは自動引き落としにも対応していますので、銀行口座を入力するフォームがあるはずです。

指定の口座への入金はメンテナンスの時間帯を除く24時間、365日です。

メンテナンスの時間を避ければ、いつでもどこでも利用可能と言うわけですね。

銀行口座からお金を引き出すのは提携コンビニATMを利用すればいいですので、これでいつでもお金を借りることができるようになったはずです!

プロミスは大手消費者金融の中でも特に利便性が高いですので、利用価値がかなり高いです。

急な出費にも、これならしっかり対応できますよね^^

もしこれからキャッシングを利用するかどうか、考えている方が要れば、プロミスを利用してみてはいかがですか?

PROMISE(プロミス)

安心の消費者金融最大手!即日対応

最短即日融資は最短で最短1時間。知名度も人気も対応も全てにおいてトップレベルなのがプロミスです。
返済は自動引落対応なので、カードローンと同じような利用方法が魅力です。
早くてカードレスにも対応可能、申込も審査も全てWeb完結できるから便利なことこの上ないです。
すぐに借りたいけど利便性の高いキャッシングを探している方に最もおすすめです。
※対象金融機関は200行以上あります

 

利率と融資可能額 実質年率4.5~17.8%
1万円~最大500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

 

 

5万円融資なら、月々2,000円~で生活にゆとりが持てるプロミスがおすすめ

お金を借りるのはいいのだけれども、月々の返済金額が高すぎて結局苦労する…

なんてこと、ありませんか?

キャッシングを利用する方の多くが、『生活費の補てん』のためです。

しかし、お金を借りなければ生活が成り立たない状況では、翌月の返済が大変になるのでは…

と、ちょっと心配になります。

例えば、月に10,000円も残らない生活が続いていた場合って、お金を借りたら返済額が出費として増えることになります。

月に10,000円の返済を強いられるようになると、その地点で再びお金を借りることになりかねません。

プロミスの分割返済を利用する。

もっともスタンダードな解決策としては、プロミスの分割返済を利用することです。

プロミスでは、50,000円の融資なら月々2,000円からの返済でOKです。

月に10,000円どうしても足りない場合、次の賞与まで何とかこの50,000円でやりくりすることってできないでしょうか?

月々2,000円の返済額なら、生活を脅かすほどの金額ではありませんので、何とかなると思いませんか?

ただし、注意しておかなければならない点もあるのは確かです。

それは、月々2,000円の返済では、利息がかなり多くとられてしまうことです。

50,000円借りて、15,000円ほどの利息が付いてしまうため、総額を見るとかなり損した気分になるかもしれませんね。

ですが、月々10,000円の返済能力が無い場合、もしくは10,000円がギリギリのラインだった場合は、この返済方法はかなり有益だと思います。

例え多めに返済したとしても、日々の生活でお金が足りないと感じているのであれば、それほど気にはならないはずです。

むしろ15,000円の利息で生活にゆとりが出るのであれば、それはそれでOKだと思うんですよね。

あまり総額を気にするよりも、月々の返済額に注目した方が生活的には安定します。

この辺り、ものは考えようですので、もしキャッシングを利用しようと考えている方はどちらが良いのかをしっかり考えて借りるべきだと思います。

PROMISE(プロミス)

安心の消費者金融最大手!即日対応

最短即日融資は最短で最短1時間。知名度も人気も対応も全てにおいてトップレベルなのがプロミスです。
返済は自動引落対応なので、カードローンと同じような利用方法が魅力です。
早くてカードレスにも対応可能、申込も審査も全てWeb完結できるから便利なことこの上ないです。
すぐに借りたいけど利便性の高いキャッシングを探している方に最もおすすめです。
※対象金融機関は200行以上あります

 

利率と融資可能額 実質年率4.5~17.8%
1万円~最大500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

 

 

消費者金融で5万円を借りるのは、妥当な金額なのだろうか

状況にもよりますが、消費者金融では5万円と言う金額はカンタンに借りることが出来てしまいます。

ただし、審査に通れば、の話ですが。

さて、5万円と言うと、聞いているだけではそれほど大金に感じません。

ですが、実際に手に取った時、5万円と言うお金があると何でもできると錯覚してしまいます。

飲みにだって行けちゃいますし、遊びにだって行ける。

小さな旅行なら5万円で賄ってしまうことだってできる金額です。

消費者金融で5万円を借りると言うこと

例えば、アルバイトなどで5万円を貯めるにはどのくらい働けばよいのだと思いますか?

時給1000円として考えると、時間にしておおよそ50時間。

1日5時間のアルバイトでも、10日かかることになります。

10日も働かなければならない金額を消費者金融の審査に通っていれば簡単に借りることができます。

これってある意味ちょっと怖い話だと思いませんか?

ここで勘違いしてはいけないのが、5万円はあくまで借りていると言うことです。

つまり、返さなくてはならないお金。

5万円を返すために、あなたは10日間ただ働きしなければならないと言うことと同じです。

そう考えると、5万円をサクッと借りることなんてそうそうできないはずです。

つい借りてしまうヘビーユーザーは気を付けること!

消費者金融を有効利用している方はたくさんいます。

しかし、その中で使い方を間違え、多額の借金を背負うことになってしまった方もたくさんいます。

これらの方々は、上記のように、お金の大切さを軽く見てしまった方々です。

中には仕方が無く利用する方も居ると思いますが。

もし緊急でお金が必要ではないのであれば、できるだけ消費者金融を利用することは控えた方が良いでしょう。

自分が今持っているお金、自分の器にあった生活水準にしないと後で痛い目に遭う可能性があります。

5万円欲しいから、お金を借りることにしました。私はここを利用しました。

5万円、ただでくれる人なんているわけがありません。

でも要は借りればいいわけですから。

どうしても欲しいものがあり、それはクレジットカードよりも現金で購入したかったというのもありますけど。

利用しようと思った・選んだ動機・理由

5万円がとにかく欲しかったと言うのが大きな理由でしょうか?

5万をすぐに融資してくれるところを探すことにしました。

幸い東京三菱UFJ銀行に口座を持っており、Web完結申し込みができるモビットを選びました。

自分はクレジットカードのキャッシング機能をよく利用していたので、使い方はわかっているつもりです。

モビットの方が返済金額が低く、利用しやすいなと思いました。

申し込みの状況と審査結果

指定の銀行口座を持っていたため、Web完結申込を利用することができました。

電話連絡も無いですし、郵便物も無し。

ただ、キャッシング用のカードは欲しかったので、後で無人契約機に取りに行きました。

Webで予約して無人契約機に行くだけなので、割と簡単に発行することができます。

モビットを利用した感想

Web完結申込はかなり便利です。

自分は早朝に申し込みをしたので、昼過ぎには利用可能になっていました。

早い時間帯なら即日で融資できるのは本当でした。

凄く急いでいたわけではないですけど、急いでいる人にはおすすめかも知れません。

(28歳・会社員・男性)

Mobit(モビット)

電話連絡無し!Web完結申込が便利!

指定の銀行口座を持っていれば電話連絡無しで最短即日融資ができる消費者金融です。
融資までのスピードの早さと最大融資額の大きさは何と言ってもモビットの一番の魅力です。
Web完結申込ならカードレスにも対応可能で郵送物無し、スマホでカンタンに融資を申し込むことが出来ます。
誰にも知られること無く秘密で利用することができるのも大きな魅力です。

利率と融資可能額 実質年率3.0~18.0%
1万円~最大800万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短即日
(条件あり)
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

こちらもあわせてご覧ください

次のページへ >

-【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド, お金がない!生活がキツくて借りたい人向けの情報まとめ, カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.