【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド お金がない!生活がキツくて借りたい人向けの情報まとめ カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

5万円借りる!借りたい人におすすめの即日融資キャッシング術まとめ!

投稿日:

結局のところ消費者金融に頼る生活は良いとは言えない

生活費が増え、どうしても消費者金融に頼らざるを得ない方もこの世の中多いです。

でも、消費者金融に頼った生活、何とか改善してみませんか?

とは言え、資金繰りが悪化してしまうとどうしようもなくなりますよね。

資金繰りが悪くなる一例

給料が低く、生活費が高い

体験談です。

月収は手取り17万円。

妻と息子がいます。

妻が妊娠する前は共働きで、妻はパートで月8万円程度を稼いでいましたので、夫婦の合計手取りはおおよそ25万円。

これだけあれば、不自由なく生活することができます。

しかし、妻が妊娠し、つわりが酷くパートに行けなくなってしまいました。

そして息子が生まれてからと言うもの、色々とお金がかかるようになり、生活はなおさらひっ迫した状況となるんです。

そこで、どうしても足りない分は消費者金融に頼ることにしました。

ボーナスで返済し、また借りる。

負の連鎖です。

夫は昇給もほとんど見込めません。

息子を保育園に預けたとしても、保育費だけでパート代が無くなってしまいます。

これでは意味がありません。

必然的に生活レベルを下げる必要がある。

こうなった以上、必然的に生活レベルを下げる必要があります。

かなり苦しい選択かと思いますが、生きていくためには仕方が無いことなんです。

何時までも消費者金融に頼るような生活をしていては、将来が不安です。

お金って、何よりも精神的なダメージを与えるものです。

特に借金が増えてしまうと、それだけで精神的な負担が大きくなります。

精神的に余裕が無いと、仕事にも影響してしまうでしょう。

そうなった時のことを考えるだけでぞっとします。

生活水準を下げるってことは、色々と節約しなければならない部分が多くなります。

家賃にしろ、何にしろ。

一度消費者金融から抜け出すと、驚くほど気持ちが楽になります。

確かに生活費の一部を消費者金融で賄う方法は有効的です。

生活のゆとりを持つためにも、たまに利用するのはアリかと思います。

しかし、消費者金融無しでは生きていけない状況は、既に普通の生活からかけ離れてしまっているのです。

もし今、そのような状況に居るのであれば、今一度生活レベルについて考える必要があります。

食費にしろ、家賃にしろ、電気代にしろ。

少しでも抑えることが出来る部分はあるはずですので、考えてみましょう。

妻や彼女にプレゼントを買うのに消費者金融を利用する人っているの?

消費者金融は、基本的に銀行カードローンよりも審査に通りやすい傾向があります。

また、借入金額が低いものの、即日キャッシングにも対応しているため、利便性の高さも魅力ですよね。

そこで、その利便性の高さを利用して、消費者金融でお金を借りて妻や彼女にプレゼントを購入する、と言う利用方法を考えてみました。

本当にそんな使い方をしている人はいるの?

よくテレビCMなどでも見かけたプレゼントの為に消費者金融を利用するパターン。

実はこれ、意外にいるそうです。

例えば、彼女の誕生日や付き合い始めた記念日など、どうしても外せないイベントがあるにもかかわらず手元にお金が無い…

クレジットカードを利用するという手段もありますが、現金で購入してあげたいですし、食事に行った際のお支払いも現金の方が恰好が付くものです。

そこで、消費者金融でお金を借り入れて補てんする、と言う利用方法ですね。

ただ、高級ブランドバッグをプレゼントにって時は、クレジットカードを利用した方が良いかと思います。

この辺り、もしリボ払いを利用するのであれば、消費者金融を利用するのと大した返済において変わりありませんので、どちらが良いかはその人の考え方次第です。

返済方法でいうと、消費者金融がおすすめ

クレジットカードのリボ払いって、金利が消費者金融と同じです。

従って、どちらを選択するかは返済方法の利便性によります。

クレジットカードのリボ払いの場合、最低返済金額が10,000円に設定されていることが多く、返済に苦労するケースも多々あります。

しかし、消費者金融の場合は、金額によりますが5000円から返済できたりするんです。

一括で返済できるときはそれでもいいですし、これなら生活を圧迫することなく利用することが出来そうですね。

要は自分がどちらの利用方法が良いかです。

プレゼント用に消費者金融を利用するのは決して悪いことではないと思います。

このパターンなら、切迫した状況とはまたシーンが違いますので、ゆっくりどちらを選択するか考えてもいいかもしれませんね。

本当にお金が借りたい人がチェックしている項目

お金が借りたくて仕方がない…

そんな人が最もチェックする項目って、一体何か知っていますか?

検索エンジンでは結構多くの方が、金利が安いところに注目しているのですが、実は違うんですよね。

実際にお金が無い人の心理を読み取ればなんとなくわかるはずです。

本当にお金が無い人がチェックするのは『借りやすさ』

そう、実はこれ。

借りやすさです。

どういうことかと言うと、審査に通りやすいとか、即日キャッシングができるとか。

とにかく何でもいいからお金を貸してくれ!

ってわけです。

それほど切迫した状況の中で、しかも一刻を争う事態になってしまった場合など、金利の低さをいちいちチェックしている人なんていないんですよね。

これ、お金を借りたいって思っている人は何となくわかるはずです。

だって、金利が18%から15%になったとしても、トータルで3%しか変わらないですし、返済のことまで頭が回っていない状況であれば、やっぱり利用しやすい消費者金融を利用するのは当たり前です。

じゃあ、審査に通りやすい消費者金融なんてあるの?

大抵の場合、信用機関の審査は同一のものです。

従って、消費者金融によってめっちゃ借りやすいところなんて通常であれば存在するはずもありません。

一般的に借りやすいと言われているマイナーな消費者金融でも、しっかり審査したうえで借り入れができるかどうかをチェックしています。

それに総量規制の縛りがあるから、もうすでに借金まみれの方は借りるよりも返すことを考えた方が良いでしょう。

先に言いましたが、一般的にはどんな消費者金融でも審査に通りやすいということはありません。

しかし、それぞれ微々たる差はあるようです。

もし大手の消費者金融がダメなら、マイナーな消費者金融を当たってみるのもひとつの手かもしれませんね。

プロミスやモビットなどの消費者金融はカードローンと呼んでもいいのか

プロミスやモビットなどに代表される消費者金融。

これらの業者は『キャッシング』と呼ばれていますが、今は『カードローン』と言うケースが増えています。

そもそもキャッシングとカードローンって、別の意味合いがあるんじゃないの?

と思っている方も多いと思います。

現在は一緒に扱われているケースがほとんど

キャッシングもカードローンも、現在では同じ意味合いで利用されているケースがほとんどです。

特にキャッシングって言葉自体があまり聞かれなくなってきており、消費者金融もカードローンと言われる時代となりました。

じゃあ、もとのカードローンであるはずの銀行は一体どうなるの?

と言うと、あちらは『銀行カードローン』です。

そもそもカードローンって、フリーキャッシング用のカードを利用しています。

これは消費者金融でも同じことですよね。

つまり、銀行なのか、消費者金融なのかの違いだけで、カードローンに変わりはありません。

ただし、消費者金融の方は総量規制の対象となっているため、年収によって借りることができる限度額が決まってきます。

とは言え、銀行カードローンも本人の器を大きく超えるような限度額は提示してこない傾向になってきています。

銀行カードローンの方が有利な面が大きいですが、消費者金融の場合は細かな借り入れや返済計画を立てることが出来るというのがメリットです。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、それを考えたうえで利用するのがよろしいかと思います。

月々の返済額を抑えられるキャッシング人気ランキング

お金を借りたい!

そう思ったとき、あなたはどんな基準で消費者金融を選びますか?

金利面で有利なところでしょうか?

それとも、融資限度額が大きいところでしょうか?

生活にゆとりを持って利用するなら、迷うことなく月々の返済額を抑えて利用できるキャッシングがおすすめです。

そんな便利な消費者金融を人気順にご紹介します!

月々の返済額を抑えられるキャッシング人気ランキング

1位 PROMISE(プロミス)

借入金額により月々2,000円~返済可能!

5万円程度の借り入れを行いたい場合は、プロミスが圧倒的に有利です!
月々2,000円~の返済額でゆとりをもって返済することができます。
また、返済は自動引き落としに対応しているので、銀行口座に入金しておくだけでOK。
利便性も高く、おすすめのキャッシングはプロミスです!

利率と融資可能額 実質年率4.5~17.8%
1万円~最大500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

2位 Mobit(モビット)

月々4,000円~の返済額でゆとりを持てる!

モビットの返済は、5万円程度の融資であれば月々4,000円~返済可能です。
かなり低額なので、生活に支障をきたすことなく有益にキャッシングを利用できます。
三井住友銀行か東京三菱UFJ銀行の口座をお持ちであれば、自動引き落としにも対応可能。
Web完結申込で郵送物無しでキャッシングを利用することができます。

利率と融資可能額 実質年率3.0~18.0%
1万円~最大800万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短即日
(条件あり)
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

3位 アイフル

生活にゆとりを持てる月々4,000円~!

5万円融資なら月々4,000円~の返済で済むため、生活に影響を与えにくい!
審査のスピードも早く、最短で最短1時間融資もできるのがアイフルの魅力です。
無人契約機でカードを発行するから、誰にもばれずに利用可能!
生活にゆとりを持ってキャッシングを利用したい方の強い味方です。

利率と融資可能額 実質年率4.5~18.0%
1,000円~500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗・電話
書類郵送 店舗(無人契約機)でのカード受取で
郵送物無しに

キャッシングできても翌月影響があれば意味が無い

キャッシングを利用することができたとしても、翌月にまた借りなければやっていけない状況を作ってしまうのは意味がありません。

生活費に困って利用するのであれば、なおのことです。

つまり、翌月からの返済に困るからまた利用してしまうケースが多いんですよね。

そうならないためにも、キャッシングは月々の返済金額を抑えて利用できる方が便利です。

また、多めに返済したいときにも柔軟に対応してくれるので、無理のない計画を練ることも可能です。

こうしたメリット、有効利用してキャッシングを利用してみましょう。

キャッシングの限度額は年収に依存することを覚えておく必要がある

消費者金融のキャッシングサービスには、総量規制と言うものがあります。

これにより、年収の1/3以上の借り入れができないことになっています。

そもそもキャッシングの限度額が年収に依存することはご存じだったでしょうか?

申し込み時に融資希望額を記入するけど?

キャッシングの申し込み時には、融資の希望限度額を記入する必要があります。

自分は一体いくら借り入れができるのか、把握しておくことで総量規制の対象となっている年収の1/3以上にならない様に記入することができますよね。

ですが、年収の1/3以下だったとしても、高額な金額を記入すると審査に通らないこともあるんです。

その時、『あれ?年収の1/3以下に設定したはずなのに…』ってことがあります。

この年収の1/3が結構曲者なんですね。

借金の総額ではなく、総量規制の対象となる業者での契約内容による

実はこれ、借金の総額ではありません。

『総量規制の対象となる消費者金融や信販会社、クレジットカード会社からのキャッシングの借り入れ限度額の合計』

を見るのです。

つまり、年収300万円の方が借りることができるのは100万円までです。

借金も20万円。

ただし、他社消費者金融の限度額が50万円、クレジットカードのキャッシング枠が20万円あった場合、これらをすべて合算した金額が審査時に見られるというわけです。

つまり、借金20万円に限度額の50万円と20万円をプラスした金額となります。

つまり、既に90万円分の枠が消費されたことになりますので、残りの借り入れ限度額は10万円と言うことになります。

消費者金融ではもうこれ以上は借り入れることができない、と言うことになりますね。

よって、新規で申し込みをするのではなく、現状利用することができる消費者金融を継続して利用するか、借金をすべて完済し、一度解約してから再度別の消費者金融に申し込みをするしか方法が無いと言うわけですね。

キャッシングの限度額は年収にも限度額にも依存する

以上のように、キャッシングの限度額は年収だけではなく、既に所有している融資の限度額にも依存します。

例え借りていなくても、限度額が合算されて計算され、新規での融資額が決定しますので、この辺りも考慮して新規の申し込みをする必要があるわけですね。

上記の方の場合、新規で申し込みをした場合の限度額は10万円と言うことになります。

消費者金融はどちらかと言うと少額融資に向いていますので、そんなに限度額が必要なのか疑問に思います。

なるべく利用せずにやりくりできるのが一番ですよね。

少しでもお得なクレカ・キャッシング・カードローンを選ぶのが良いことなのか

ポイント還元が高かったり、無利息期間があったり。

クレジットカード、キャッシング、カードローンにはそんな利用者を魅了するサービスが付与されているのが当たり前。

でも、ちょっと待ってください。

もしあなたがこれらを利用する際に、本当にそれが必要だと思いますか?

選び方自体が間違えている

そもそも、ポイント還元が高いとか言いますけど、実際に利用した時にどう思うでしょうか?

月々の返済が苦しいけど、ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶでしょうか?

無利息期間が多少長いからと言って、利便性が低いキャッシングやカードローンを選びますか?

残念なことに、クレジットカード、キャッシング、カードローンを選ぶ基準として、これらのサービスが重要視されています。

当然お得な方がいいに決まっていますが、利便性をまず先に考えるべきです。

特にキャッシングやカードローンに関しては、そこを重要視するべきでしょう。

利便性の高さで選ぶ

現金を借りることを目的としている方々の多くは、返済金額が多ければ多いほど生活が苦しくなります。

そりゃあ当然ですよね。

お金が無いから借りるわけですので、翌月の返済額が多かったら借りる意味がありません。

そこで、キャッシングやカードローンを選ぶために重要なポイントは、

金利よりも月々の返済金額の下限

を見るべきでしょう。

10,000円程度の返済金額ならどうにでもなるなら、恐らく生活費の補てんのためにキャッシングやカードローンは利用しなくても良いはずです。

この小さい金額を以下に抑えるかが今後の生活に影響を及ぼすわけです。

つまり、総額よりも月々の返済金額を最重要項目としてチェックしておくべきであるということです。

もしこれからお金を借りたり、クレジットカードを作ろうと思っている方がいるのであれば、この辺りを中心にどのサービスを利用するかを考えてみるとよいでしょう。

人気があるキャッシング業者はどこが他とは違う?メリットは?

一般的に人気があるキャッシング業者は、対応が違います。

ダークなイメージがある消費者金融ですが、実は意外と親身になって相談に乗ってくれたりもするんですよね。

こうした柔軟な対応と親身になってくれるところは、さすが専門業者といったところです。

特に信頼できる大手消費者金融なら、なおのこと親身になってくれるでしょう。

では、人気のキャッシング業者は一体どこが違うんでしょうね。

人気があるキャッシング業者の特徴

最短即日融資でスピーディーに対応してくれる

人気のキャッシング業者はとにかくスピードが違います。

最短で最短1時間、おおむね最短1時間程度で融資確定となるため、急いで融資を受けたいときにはすごく役に立ちますよね。

特に最短即日融資は初めてキャッシングを利用する方は、注目すべきポイントです。

こんなに早いんだと、びっくりするかと思います。

親身になって相談に乗ってくれる

今や消費者金融も接客の時代です。

待っているだけではお金を借りてくれないですし、サービスが悪いことは客離れにもつながりかねません。

そこで、親身になって相談に乗ってくれるというところも魅力の一つとなりつつあります。

例えば、複数の消費者金融やクレジットカードで借金をしているけれど、これをどうにか一本化できないかという相談。

借金の一本化は審査が厳しく、信頼度が高い人にしか貸してくれないものですが、どうすればよいのかを親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

柔軟に対応してくれるところも消費者金融の魅力ですね。

その気になれば、借金の相談だって受け入れてくれる

これは店舗によりけりかと思いますが、借金の一本化を目当てに店舗に行くと、相談に乗ってくれるというところです。

恐らくキャッシング初心者の方はどのくらい借りるとどのくらいの月々の返済額になるのか、どのくらいの返済額で生活水準を下げることなく借り入れを利用することができるのかがわかりにくいと思います。

そんな時は、利用する消費者金融に相談してみてください。

すると、月々の返済額がどのくらいで、どの程度の支払いが適しているのかもアドバイスしてくれるはずです。

利用しやすい環境を整えてくれる

人気のキャッシング業者は、とにかくサービス面で秀逸です。

銀行系カードローンも金利が低く、融資額が大きいため魅力的に映るかもしれませんが、こうしたサービスは展開できません。

これは、貸金業者として、専門業者としてユーザーが利用しやすい環境を整えることに尽力した結果だと思います。

やっぱりお金を借りる際も、人間性が重要となりますし、キャッシング以外の部分のサービスも魅力となるはずです。

消費者金融を利用するメリット、体感してみてください。

キャッシングしたい時に利用する消費者金融のATMってどこにある?

ATM

キャッシングは銀行ATMや提携コンビニATMで利用することができますが、手数料無料なら消費者金融のATMを探してみてはいかがでしょうか?

インターネットで探すと意外と多く見つかります。

プロミスの場合、全国に展開しているため、比較的見つけやすいかと思います。

三井住友銀行と提携しているため、こちらの銀行のATMでも手数料無料で利用可能です。

なお、プロミスのATMや無人契約機、店舗を探す場合はインターネットで検索するよりもプロミスの公式サイトへ行って検索した方が確実です。

http://cyber.promise.co.jp/Pcmain

こちらで店舗検索でチェックすると、人目でわかりますので、どうぞご利用ください。

お近くにプロミスATM、三井住友銀行ATMが無い場合

その場合は他の銀行ATM、提携コンビニATMを利用する以外に方法はありません。

こちらは手数料が発生してしまいますので、どうせならWeb融資で自分の口座に振り込んでもらう方法の方がちょっとですがお得です。

Web申込は即日最短1時間融資が可能ですので、何かと便利なはずです。

是非ご利用ください。

PROMISE(プロミス)はどんな消費者金融?特徴と評判まとめ!

プロミスのいいところ

それはですね、口座が指定されないところですね。

どういうことかと言うと、自動引き落としに対応しているところです。

他の消費者金融では、指定口座以外は自動引き落としに対応していないところも多く、自分で返済しにATMへ行かなければならないケースもあります。

それゆえに、すべて現在利用している銀行口座で手続きを済ませることができるプロミスは断然のおすすめ消費者金融なんです。

利便性の高さでキャッシングを利用したいという方は、プロミスを利用してみてはいかがでしょうか?

消費者金融の審査では、他社からの借り入れ金額も審査内容に含まれる?

審査が甘いキャッシング

消費者金融でキャッシングサービスを利用するためには、まず審査を受けなければなりません。

この審査の内容自体はシークレットで、聞いても教えてくれません。

ところで、消費者金融には総量規制があることはご存知でしょうか?

総量規制とは?総量規制対象外って何?

これは、年収の1/3以下の借り入れしかできませんよと言う、法的に定められた個人個人の融資限度額です。

ですが、これって複数の消費者金融で申し込みをした場合、それぞれがこの規制の限度額を提示してくれるってこと?

だったら、3社から借り入れを行った場合は年収と同等の金額を借りることができるんじゃないの?

いやあ、甘い。甘いですね。

もしそう考えている人が居るなら、甘いと言っておきましょう。

総量規制は複数の消費者金融の借入額の合算でチェックする

審査では、他社からの借り入れもチェックしています。

これはキャッシングの利用履歴が信用機関に登録されているためであり、これによって他社からの借り入れを秘密にして借り入れるということができない仕組みになっています。

つまり、複数の消費者金融からすでに融資を受けていた場合、合算して借入可能額があれば融資できる、と言うことになります。

しかし、この際に借りすぎと判断されると審査に落ちるケースもあります。

どの消費者金融でも、銀行系カードローン会社でも、いくら秘密で申し込んでも借金があることはバレます。

そんな小手先のごまかしが通用すると思ったら大間違いです。

従って、これから複数の消費者金融で融資を受ける計画を練っている方は、この辺りに気を付けましょう。

ただし、例外があることも忘れずに!

おまとめローンなら例外的に利用できる

総量規制には例外があります。

おまとめローンなど、他社からの借り入れをすべて一本化してしまうローンのことですね。

借金を一本化する『おまとめローン』は実際に使えるのか

これって、年収の1/3以上を借り入れしないとまとめられない事例も多いため、この場合に限っては例外的にオーバーしても貸してくれる場合があります。

ただし、おまとめローンを利用する際も審査が必要となります。

消費者金融に『おまとめローン』が存在する!有効利用するには?

借金をまとめて、月々の支払額を減らすことが目的ですので、ほかの用途では使用できませんし、年収の1/3をオーバーした場合は新たな借り入れができなくなる、と言うリスクもあります。

ですので、返済金額は綿密に計算し、本当に生活していけるのかどうかをチェックする必要があるというワケですね。

他社からの借り入れはごまかしが効かない

というワケで、ごまかして申請しても、消費者金融側はしっかりとチェックして把握しているため、嘘が通用しないことになります。

複数の消費者金融で借り入れがあるけど、別の消費者金融も利用してみたいという方なら限度額が低くても問題なさそうに思えますが、もし借金を借金で返済しようと思っているケースで他社の消費者金融を利用してみたいと思っている方は、おまとめローンを検討すべきかもしれませんね。

月々の返済が気になるなら、消費者金融を利用してみるのも一つの手

誰か大切な人の為にプレゼントを買いたい。

でも、クレジットカードで購入するのはちょっと待った!

月々の返済が気になるなら、消費者金融を利用してみるのも良いかも知れませんよ。

クレジットカードは、分割返済も可能ですが、リボ払いと言う方法があります。

これは、月々の返済金額を10,000円程度に抑えて利用できる、大変便利なものです。

しかし、リボ払いは最低でもこの金額であることが多く(クレジットカード会社による)、10,000円の返済金額って結構生活に負担をかけるケースもあります。

消費者金融なら返済金額をもっと低く設定できる!

消費者金融のキャッシングは、返済金額が比較的ゆるくて、5万円程度の利用なら5,000円以下の返済金額で済むケースが多いです。

消費者金融の最大のメリットは、実は返済方法にゆとりがあることです。

金利はリボ払いと同じように、18%であることが多いですが、それでも10,000円を月に返済するのと5,000円の返済金額とではかなり大きな差があるんです。

この5,000円の差、あなたはどう考えますか?

5,000円でできることを考えるとかなり大きな金額に

月に5,000円のゆとりができると言うことは、一人暮らしの食費に換算すると1週間分にはなるでしょう。

それだけの金額を抑えて返済していけることはとても大きなメリットなんです。

記念日や誕生日、クリスマスプレゼントは購入金額が高額になるケースが多いですよね。

そんな時、リボ払いや分割返済で大きな金額に設定してしまった場合はかなり大きな負担となるでしょう。

生活にゆとりを持って返済していけば、毎月困ることも無くなると思います。

月々の返済金額を低額にコントロールできる消費者金融は、クレジットカードよりも実は利便性が高いです!

公開日時: 2016年9月27日
更新日時: 2017年7月26日

-【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド, お金がない!生活がキツくて借りたい人向けの情報まとめ, カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.