キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

やってはいけない借金の方法

投稿日:

人は老いも若きも、借金をして生活していくものです。

ある時は車を購入するために、またある時は、家を購入するために。

月に稼いでいるお金だけでやりくりできる人は、ほんの少数だけです。

とは言え、実際に月の稼ぎがすごく多い方でも借金はするものです。

例えば、クレジットカードを利用するとか。

あれって、支払いを遅らせる、言わば借金するのと同じことですよね。

さて、今回はやってはいけない借金の方法についてお話ししたいと思います。

どんな借金がダメなのか?

これはごく簡単なことなのですが、いずれそうなってしまうことです。

家族を養う上では必要不可欠だとは言いつつも、何とか抑えて生活したいものですね。

多重債務

借金をする人で、返済が不能になってしまうような状況に陥るほとんどの事例が、多重債務です。

これの意味、わかりますか?

多重債務とは、簡単に言えばいろいろなところから借金をしてしまうことです。

例えば、クレジットカードを数枚所有していた場合。

5枚持っていたとしましょう。

その5枚をフル活用して、ローンを組んでしまった状態です。

なんでそんなことが起こるのかというと、限度額の問題などが絡んできます。

クレジットカードをたくさん使用するだけじゃなく、クレジットカードに自動車ローン、住宅ローン、奨学金等…

いろんな借金を同時にしてしまうような状態ですね。

多重債務者って言葉がありますが、これは家計が火の車になり、自転車操業状態の人に限ったことではありません。

うまく返済できている方でも、複数のローンや借金があるのであれば、それは多重債務と言います。

あまり聞きたくない言葉なのですが、世の多くの方がこの状態なんですよね。

きちんと計算された多重債務であれば、月の支払いに圧迫されることなく生活することができると思います。

ですが、限度を超えて多重債務者となってしまった場合、借金を借金で返済することになりかねません。

まず、多重債務のし過ぎには注意しなくてはなりませんね。

高級車をローンで購入する

車は一種のステータスです。

都市圏では持っていなくても、交通の便がすごくいいので問題ないかと思います。

しかし、地方に住んでいる方は、車が無いと生活がままならない、という状況もあります。

せっかく買うなら、自分が欲しい車を買いたい。

車が好きな方は、特にそう思うかもしれません。

無理をして高級車をローンで購入した場合、返済が不能になるケースもあります。

それは、ほかのローンがあった場合、特に問題となります。

自分の器を考えたローンの組み方をしないと、特に自動車ローンはかなり高額になりますので、後で計算ができないと言った厳しい状況になることだけは避けたいものです。

1万円を積み重ねが結果が怖い。

1万円の支払いがある状況で、さらに1万円の支払いを作る。

合計2万円。

20万円の収入がある方なら、そのくらいのローンなら全く問題ないように感じるかもしれません。

しかし、2万円って、いったい何ができるか考えたことはありますか?

2万円あれば旅行にも行けますし、食費に換算すれば一人暮らしであれば1か月ギリギリ暮らしていける金額です。

それを借金にとられるって、なんとなくもったいない気がしませんか?

自分が感じている以上に重い、低額の借金も、実際に支払いをするとジワリとダメージがあるかもしれません。

やってはいけない借金、月々の返済額の積み重ねが後々に大変なことを招くかもしれません。

借金をする際は、もう少し考えてするようにしなければなりません。

-キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.