【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド お金を借りる際の注意して欲しいポイント カードローン・キャッシングの基礎知識 専業主婦・パート主婦がお金を借りられる・借りるための情報まとめ

無職・専業主婦など…キャッシングができない人の特徴まとめ

更新日:

キャッシングは審査がスピーディーで融資や返済もカンタンで利用しやすいメリットがあります。

安定した収入があれば利用できると思っている方も多いと思いますが、キャッシングが利用できない方も中にはいるんですよね。

どうやっても審査に通らなかったり。

では、どんな人がキャッシング出来ないのでしょうか?

キャッシングができない人の特徴

ブラックな人

信用機関に事故履歴があったり、債務整理・自己破産などを行った方はキャッシングの審査には通りません。

いくら安定した収入があったとしても、信用が無ければ意味がありません。

事故履歴はいずれ消えるものではありますが、例え消えたとして審査に通ってもキャッシングを利用するのは控えた方が得策かと思います。

借りたいけど借りれない…そんな時はどうすればいいの?

安定しない収入の人

特に個人事業主に対し、キャッシングは審査が厳しい傾向があります。

総量規制では年収の1/3以下の借入れが可能となっていますが、個人事業主の場合はむしろ1/6以下と考えても良いかも知れません。

それだけ審査にも通りにくいですし、審査に通っても限度額が低いんです。

個人事業主は基本的に安定していないとみなされているためでもあります。

個人事業主がキャッシングやカードローンを利用するために必要なこと

多重債務者

色々な消費者金融から借り入れを行っている場合、安定した収入があったとしても審査に通らないことがあります。

複数から借り入れを行っていると言うことは、既に年収の1/3に借金が到達している可能性があります。

自動車ローンや住宅ローンはこれの対象外ではありますが、あまりに借金が多いと消費者金融側としても本当に返済できるのか、その能力に疑問符を付けるようです。

おまとめローン的な利用目的でキャッシングやカードローンを申し込もうと思っている方も多いと思いますが、そううまくは行かないのが現実のようです。

多重債務でもお金を借りたい!まだそんなことを思っているの?

無職や主婦

無職の方はもちろんのこと、収入が無い主婦の方もキャッシングを利用することはできません。

収入が無いから総量規制の計算上、融資限度額が0円なんですよね。

ただし、アルバイトやパートをやっている方は審査に通るケースもあります。

この場合、限度額はかなり低めではあるものの、キャッシングを利用することができます。

審査に通らない?主婦はなぜキャッシングを利用することができないのか

キャッシングができない方は何かしらの問題がある

上記以外の理由で審査に落とされた場合、これ以外にも何か重大な問題があるものと考えられます。

基本的に借金がほとんど無く、総量規制で1/3以下の借入れが可能である場合は審査に通る可能性がきわめて高いのですが、なぜか通らないと言う人もいるんですよね。

過去に支払いの滞納などがあったかどうか、今一度調べてみることをおすすめします。

借りた事無いのに借りれない!ホワイトリストの特徴

お金を借りたり、クレジットカードを利用したことが無い方を『ホワイトリスト』と言うことがあります。

まあ、そのままですよね。

クレジットヒストリーと言われる情報が一切無い、まっさらな履歴の方ですので。

社会人を数年間経験し、信用情報としてこれらの履歴が全くない場合、実はキャッシング、カードローン、クレジットカードの審査に通りにくい傾向があります。

これにはこんな理由があるんです。

ホワイトリストの人が審査に通らないわけ

基本的に怪しい。

自分はクレジットカードも消費者金融も利用したことが無いのに、信用情報として怪しいと思われるってなんだか酷ですよね。

でも、履歴が一切ない、残っていないと言うことは、過去に何らかの清算を行った可能性がある人と言う認識になりやすいようです。

よって、基本的に怪しいと思われてしまい、審査に落ちてしまう、と言う流れだそうです。

使ったことが無いと言うよりも、履歴が消された。

債務整理や自己破産を行い、数年が経過すれば履歴からその事故情報が消されます。

従って、このような事故履歴がある人なんじゃないの?

と言う見方をする業者も多いようです。

今までクレジットカードすら利用したことが無いなんて、社会人としておかしいという認識なんですね。

じゃあ、どうすればいい?

まあ、カンタンですよ。

履歴を作ればいいわけです。

現在、審査なしで作ることができるクレジットカードが存在します。

いくつかあるのですが、その中でも特に有名なのが、楽天カードです。

これ、申し込みをして本人確認書類を添付すればあっさり審査に通ってしまいます。

ですが、やっぱりまだ事故履歴が残っている方は無理ですけど。

要は楽天カードでクレジットヒストリーを信用情報として残しておけばOKと言うことですね。

借金も無いし、クレジットカードの利用履歴も無い。

健全に生活している人にとって、ホワイトリストで審査に落ちるのは腑に落ちないかもしれません。

これは実例ですが、実際に自動車ローンに落ちたホワイトリストの方の話を聞いたことがあります。

本当にホワイトリストが原因かどうかは審査した会社しかわからないことなのですが、自分でホワイトだって言っていたので、これが原因ではないかと思われます。

現金主義の方は、あまりクレジットカードを利用したくないのかもしれませんが、いち社会人として利用したことがあると言うのが一般的な見解なんですね。

これからキャッシングを利用しようと思っているホワイトリストの方は、まずはクレジットカードの履歴を敢えて残す方法をとってみてはいかがでしょうか?

楽天カードの申し込みはこちらからできます。

一通りどんなカードなのかをチェックしてみましょう。

楽天カードの詳細はこちら

無職でもキャッシング・カードローンを利用することができますか?

キャッシングを利用するには安定した収入が必要です。

それに加え、勤続年数や現在の住宅の住居年数、信用機関の情報が加味されて審査されることになります。

ゆえに、無職で無収入の場合、ほとんどのケースでキャッシングを利用することは困難です。

何せ無職ですからね、信用が無いんです。

消費者金融の場合、総量規制と言うものもあり、年収の1/3以上は借入れを行うことができません。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

つまり、収入がゼロの場合、1/3と言う数字自体がゼロですので、借入れることができる限度額はゼロと言うことになります。

なぜ無職でキャッシングしなければならないのか

リストラに合って現状仕事が無い方、就職活動をしている方。

ニート生活、生活保護を受けている方などは基本的にキャッシングの利用はできません。

まず、お金を借りることよりも、アルバイトなり仕事を見つけることが先決です。

そこそこの収入があれば、審査に通るかどうかは未知数ではあるものの、申し込みはできるはずです。

ただ、キャッシングに頼った生活をするのもどうなのかなって思うんですよね。

キャッシングは確かに生活費の前借的な利用方法が最も多いのは確かです。

ただ、これは安定した収入がある方に限るわけです。

無職で借入れを行うことができるのは、怪しい業者位なものですので、キャッシングに頼らない生活を目指す必要があると言うワケですね。

無職でお金を貸してくれるほど甘い世の中ではない

色々な事情があり、現在無職だって方も多いと思います。

特に予期せぬリストラにあった時は、どうしようもありませんよね。

ただ、可哀そうではありますが、現実的に無職でお金を貸してくれる良心的な消費者金融は無いんです。

ですので、もし無職でキャッシングの利用を考えている方は諦めてください。

支払いができなくてキャッシングの利用を考えていると言う方は、弁護士に相談した方が得策と言えるでしょう。

私も無職になったことが一度だけあります。

世の中は冷たいんだなって、本当に思いました。

ですが、その考え自体が間違えていたわけですね。

だって、働いていないんですから、お金を貸してくれるわけがありません。

私の場合はすぐに就職先が見つかったため、事なきを得ましたが、何度面接を受けても全然再就職することができないと言う方も多いんですよね。

でも、あきらめないで、キャッシングに頼らないで。

アルバイトでも何でも良いので、まずは自分の生活を立て直すことから始めましょう。

キャッシングをしたい時は誰に相談しますか?

今月はお金が厳しいから、キャッシングしたいけれど、相談相手が誰もいない…

消費者金融を含め、キャッシングを初めて利用するのってどうしても気が引けてしまいます。

まさか自分がキャッシングに手を出すことになるなんて…

そう考えてしまいがちです。

ただ、よく考えてみてください。

車のローンを組むとき、分割で電化製品を購入するとき、結局は借金をして購入するのと一緒なんです。

ただ、消費者金融、しかも現金を借入れるのってどうしても抵抗があるイメージがありますよね。

結局ローンを組むと言うことは、現状支払うだけの財力が無いと言うことになりますので、私の考えとしてはキャッシングをするのと同じだと思っています。

また、私個人的にはキャッシングを黙って利用する事に抵抗があるのであれば、若しくは相談してから利用したのであれば信頼できる友人に相談してみるのもいいのかなと思います。

ただですね、相談された相手は大抵の場合、反対すると思うんですよね。

積極的に利用しなよ!

なんて言ってくれる方はごくまれです。

キャッシングが持つ暗いイメージ

キャッシングに関しては、結局借金をストレートに背負うこととなるわけです。

ですので、どうしてもその後の生活において、多重債務者のイメージがまとわりつくんですよね。

ただ、考え方を変えると、分割で物を購入するのも一緒ですよね。

それが複数あった場合、多重債務者と同じことになります。

取り扱っているのが現金なのか、物なのかの違いだけです。

ですので、本当に生活費に困っているのであれば、キャッシングでその場をしのぐ方法もアリだと思います。

キャッシングサービスによって生まれる生活の『ゆとり』

キャッシングは使い方次第で生活にゆとりが生まれます。

使いすぎると逆に生活苦になりますし、借金は精神衛生上ほんとうによろしくありません。

ですので、これも私の考え方なのですが、お金が足りないとずっと困っているくらいならスパッとキャッシングして生活にゆとりを持たせる方が精神的に楽なのではないかと思います。

多額の借金は体に毒ですが、次の給料までの一時しのぎとして考えるのであれば大いに賛成です。

いずれにしても、無計画にキャッシングやお買い物のローン、いわゆるフリーキャッシングを利用するのは得策とは言えません。

しっかり計画を立ててから利用することをおすすめします。

-【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド, お金を借りる際の注意して欲しいポイント, カードローン・キャッシングの基礎知識, 専業主婦・パート主婦がお金を借りられる・借りるための情報まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.