【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド カードローン・キャッシングの基礎知識

キャッシングもカードローンも、基本的な利用方法は変わりない

投稿日:

キャッシングもカードローンも、基本的に利用方法はほとんど一緒です。

何が違うのかと言うと、消費者金融なのか、銀行系なのかの違いだと思ってもらってよいと思います。

ただし、大きな違いは以下の通りです。

  • 金利面が違う
  • 融資額が違う
  • 総量規制の対象と対象外
  • 審査の厳しさが違う
  • 月々の返済額や返済方法が違う

時にこれらが同じケースもありますが、このような違いがあるわけです。

その中でも気になるのが、審査の厳しさが違うという点ではないでしょうか?

審査内容が異なる…らしい

基本的に消費者金融もカードローンも、審査内容についてはシークレットとなっており、例え落ちた場合でもなぜ落ちたのか、原因は教えてくれません。

ただ、言えることはカードローンの方が審査が厳しいということです。

これは、融資額の多さや金利の低さ、銀行系と言うこともあるようです。

また、審査基準もことなるようですので、基本的には銀行系カードローンの方が審査に通りにくいと言えるでしょう。

よって、銀行系カードローンの審査に落ちた方は、消費者金融を選択する例が非常に多いです。

ただし、メリットがたくさんあるように見えますが、消費者金融の方が利便性が高い点も見逃せません。

月々の返済金額が低いのがキャッシング

キャッシングの良いところと言えば、月々の返済金額が低いことが挙げられます。

つまり、最低返済金額が低く、生活を圧迫させることなくキャッシングを利用できるところが大きなメリットと言えます。

少額融資に向いているキャッシングですので、金利が高め。

総額で見てみると確かに銀行系カードローンの方がメリットがありますが、月々の返済金額で見るとキャッシングの方が良い印象です。

使い方次第ですが、総額を気にする方であれば銀行系カードローンを、返済金額で見るならキャッシングがおすすめと言えます。

ただし、総額ばかり見ていても良いとは限りません。

どうしても生活費が足りなくて借りた場合、翌月の返済金額が高いと意味がありませんよね?

そのようなケースの場合は、キャッシングを利用する方が良いと言えるでしょう。

一方、数万円程度の返済額や、おまとめローンとして利用したい場合は、銀行系カードローンの方が融資枠が大きく、金利が低いためおすすめです。

つまり、高額融資に向いているのが銀行系カードローンの特徴と言えるでしょう。

どちらも一長一短がありますので、利便性が高いと思う方を利用してみるのがおすすめです

こちらも合わせてご覧ください

-【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド, カードローン・キャッシングの基礎知識

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.