キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

カードローンで10万円を借りてみた、と言うお話。

投稿日:

手軽にお金を借りるなら、やっぱりキャッシングやカードローンに頼るしかありません。

人に借りるのも良いかも知れませんけど、金の切れ目が縁の切れ目と言うように、あまりお勧めしないです。

つい友人からお金を借りたとしたら、多分返済期日なんて設けないでしょう。

そうなると、ずるずると借りたままでいて、やがて信頼関係が破たんするなんて話、よく聞きます。

10万円、どうしても借りたくなったとき、カードローンを利用してみてはいかがですか?

キャッシングでもいいと思いますが、低金利で無理なく返済するならやっぱりカードローンでしょうね。

そこで、こんなお話を聞きましたので、カンタンにまとめてみたいと思います。

カードローンで10万円を借りたって話。

32歳、サラリーマン。

月収は手取りで24万円そこそこです。

自動車ローンやクレジットカードの支払いがあります。

でも、それなりに手取りの給料があるので、生活にはあまり困っていませんし、妻も働いているため、収入はそれなりにある家庭です。

息子が1人、娘が1人います。

そんな彼がカードローンで10万円を借りることになりました。

理由は、生活費の計算ミスにより、いつもよりも返済金額が大きくなったことにあります。

自分が借金をするなんて…

でも、クレジットカードや自動車ローンも立派な借金です。

現金を直で借りた事が無かった彼ですが、背に腹は代えられません。

両親にお願いしようと思ったりもしましたが、なにせ厳しい両親ですので、怒られるのは明白です。

そこで、低金利ですぐに返済できるカードローンに着目したわけです。

彼の場合、滞納もありませんし、信用情報としてはクリーンですので、滞りなく審査に通過し、カードローンでお金を無事に借りることができたと言います。

ボーナスが近かったこともあり、一括ですべて返済。

カードローンを利用したのは後にも先にもこの時だけだそうです。

ですが、カードローンはこれからも使い道があると思っているそうです。

まず、現金を借りるか物をクレジットカードで購入するかの違いだけですし、現金を借りた方が返済にも困らないケースがあることに気が付いたそうです。

今のところ、借金をして購入するものはありませんが、今後もしものためにカードローンは解約せずに持っておきたいそうです。

緊急時に使えるのがカードローンの良いところ。

カードローンは非常に利用価値があります。

ただお金を借りて、返済に充てるような自転車操業であればおすすめできませんが、クレジットカードの代わりに利用するのは大いにアリです。

まず、クレジットカードでは支払いができない店舗でのお買い物の時や、急病でどうしてもお金が必要な場合。

これは、カードローンが役に立つ最大のチャンスだと思っても良いでしょう。

お金を借りるのも使い道次第です。

特に利便性の高いカードローンはすごくお勧めですよ^^

こちらもあわせてご覧ください

-キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.