【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド カードローン・キャッシングの有効利用まとめ カードローン・キャッシングを利用するメリット・デメリット

キャッシングサービスによって生まれる生活の『ゆとり』

投稿日:

消費者金融を利用することで生活にゆとりができた。

そんな口コミが見られるほど、キャッシングサービスは普及してきています。

キャッシングを利用する主な目的としては、『生活費の補てんのため』と言うのが一番の目的として挙げられます。

生活が苦しいと嘆く世帯が未だ6割も…大変な世の中です。

元々キャッシングは生活費がちょっと足りないから、少しの間だけちょっとだけ借りると言う使い方が理想的です。

しかし、多くの方が限度額いっぱいまで目的も明確ではないのに利用したり、借金を借金で返したり。

使い方自体に?が付くような、そんな利用方法なんですよね。

ただ、キャッシングを正しく利用することによって、生活の質を変えることは可能です。

今回はそんな生活のゆとりを目的に利用するキャッシングについて考えてみたいと思います。

キャッシングサービスの本当の目的とは?

キャッシングサービスとは、お金を貸し付けるサービス業のことを指します。

その際に利息を上乗せし、収益を得ているのが消費者金融と言うワケです。

元々金貸しは生活費の補てんのためにいざというときに利用するようなもののはずですが、最近では即日キャッシングや限度額の多さを謳ったキャッシングサービスが増えています。

キャッシングも商売ですので、できるだけ多く貸し付け、多くの利息を得ることが目的となるわけです。

ですので、生活費の補てんのためという目的ではなく、ギャンブルに使ったり、欲しいものを欲しいだけ購入したり、使い方がよくわからないと言う方が増えている気がしてなりません。

キャッシングサービスを利用する本当の目的は、生活費の補てんのためと言うのが大半を占めるはずなのに、どうしても借りている感覚がマヒしてしまうようなんですよね。

自分が本来なぜキャッシングを申し込んだのか、よく考えて利用すべきです。

生活にゆとりを求めて利用した結果

今月はあと10,000円程足りないから、これで生活したい。

この10,000円によって生活にゆとりが生まれ、かつ次月は借入れることが無く生活することができるとしたら、これほど有意義な利用方法はありませんよね?

過去の記事でも何回か触れてきましたが、激安スーパーは確かに生活費の節約にはなるんですよね。

でも、クレジットカードが使えないところが多いために、現金を確保しなければいけません。

激安スーパーではクレジットカードを使えないことがある。

クレジットカードにもキャッシング枠が付いていますが、個人的にはキャッシングサービスを生業としている消費者金融を利用する方が良いと思っています。

その理由は、利息にあります。

通常、限度額が低いと金利が高めなのですが、ここ最近のキャッシングサービスをチェックしていると、カードローンのような低い金利が設定されていることがあります。

しかし、クレジットカードに付いているキャッシング枠の場合、おおむね18.0%です。

それに、ショッッピング枠ありきのキャッシング枠ですし、そもそもクレジットカードはショッピングで利用するものであり、キャッシングはいわゆるサービス的な存在だと思っています。

つまり、低金利であれば消費者金融を利用した方が得ですし、何よりも融資のスピードが早いです。

返済も簡単にできますし、借入れを行うとしたら、実はすごくおすすめなんです。

生活にゆとりを求めてキャッシングを利用した結果、生活にゆとりが生まれたって方もちらほらと見受けられます。

ただし、こうした方々は無理な借入れは一切行っていません。

と言うのも、10,000円~50,000円程度の借入れをたまに利用している、と言う方が多いのが特徴です。

つまり、一括で返済可能な額を使いまわしていると言う特徴があります。

リボ払いなどにも対応しているキャッシングサービスもありますが、あまりお勧めしません。

リボ払いは借りれば借りるほど延々と支払いを続けていかなければならず、それだけ利息も獲られてしまいます。

ゆえに、キャッシングは一括返済で利用することにより、生活の質を向上させ、ゆとりある生活を送れると言うワケですね。

限度額は限度額でまた別のお話となりますので、リミットいっぱいに借入れをすることを考えない方が良いと思います。

-【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド, カードローン・キャッシングの有効利用まとめ, カードローン・キャッシングを利用するメリット・デメリット

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.