【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド カードローン・キャッシングに関するQ&A

18歳だけどキャッシングを利用できる?未成年だけど利用したい!

投稿日:

キャッシングは20歳以上の方でなければ利用することができません。

未成年には貸さないよ!

ってことですが、実は18歳以上の方でも借り入れを行うことができるらしいのです。

条件があるんですけどね。

キャッシングには利用できる年齢制限がある

その条件と言うのが、正社員として会社で勤務している方らしいです。

安定した収入があり、社会に出ている18歳以上の方は成人として見られるようですので、キャッシングを利用することができそうです。

ですが、18歳でキャッシングを利用するっていったいどんな理由があるんでしょうね?

この年齢で借金を背負うことはあまりおすすめできませんので、重大な事情がある方以外は控えた方がよいかと思います。

短いですが、まとめます。

  • 基本的に20歳以上じゃないとキャッシングは利用できない。
  • 18歳でも正社員であり、社会人として独り立ちしていればできるかも。

18歳でキャッシングを利用するということは、恐らく何らかの事情があるものと思われます。

ですが、中にはそれを知って自由に好きなものを買いたいという欲求に負けて借金を背負う方もいると思うんですよね。

特にまだまだ若い年齢ですので、お金に関してはルーズな面もあると思います。

たとえ利用することができたとしても、計画的に、何に使うのかをしっかり把握しておかないと、あとで大変なことになります。

青春時代の20代を共に過ごした借金…全然楽しくない!と言うお話。

20代前半で借金を背負ってしまうと、全く楽しくない青春を過ごすことになりますので、気を付けてくださいね。

未成年でもキャッシングを利用することができる条件とは?

基本的に消費者金融のキャッシング・カードローンは未成年の方は利用できません。

18歳でもキャッシングしてみたいという方が多いため、どうにかならないかをちょっと考えてみました。

ですが、18歳でキャッシングって、ちょっと早すぎないでしょうか?

丁度高校卒業した年齢ですので、働いて稼ぐ大変さを知った方が今後の人生には良いと思いますが。

まあ、人には人の事情と言う物がありますので、何とも言えないですけどね。

18歳でキャッシングを利用するには、ある条件が必要となります。

あ、できるそうですよ、キャッシング。

でも、ご利用は計画的に行うようにしてくださいね。

18歳でもキャッシングできる方法

  • 正社員として就職している

このくらいしか条件的にはありませんよね。

18歳で正職員として採用されている場合、基本的には一人前としてみなされるため、キャッシングの審査に通ると言われています。

ただ、これは私自身やったことが無いですし、実際に借りたって話もほとんど聞いたことがありません。

この年齢ですので、自分で一生懸命働いて稼ぐのが一般的だと思いますので、あまり実用例が無いそうです。

ですが、家庭の事情でどうしてもお金が必要になる場合もあると思います。

もしあなたが正社員として採用され、安定した収入がある18歳の少年・少女だった場合は、成人扱いとなるケースがあるため、キャッシングを利用することができる可能性があります。

利用前に一度消費者金融に相談してみるのもよいかと思います。

まだ社会人になったばかりですので、それほど大きな融資額はもらえないと思います。

ですが、もし困っているのであれば、何かと役に立つはずです。

自分の力で解決することができる事例であれば、キャッシングに頼らずに自分で何とかした方が得策です。

無職でも消費者金融でキャッシングできる?審査に通る可能性は?

提携コンビニATMでキャッシング

インターネットって調べれば何でも出てきますよね。

『無職でもキャッシングが利用できるのか』

と言う、いかにも無謀な挑戦をしてみた人もいるようですが、結論から言うと無職では消費者金融でキャッシングすることができません。

これにはこう言った理由があるからなんです。

無職ではキャッシングが利用できない理由

総量規制の対象だから

消費者金融は、総量規制の対象となっているため、年収の1/3以下の借り入れしかできません。

ゆえに、収入がゼロである無職の方ではキャッシングは利用できないんです。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

では、総量規制の対象外である銀行系カードローンはどうなのかと言うと、こちらも無理でしょう。

審査項目の一つである、『安定した収入』が無いわけですので、当然通りません。

ただし、主婦に限ってはカードローンなら利用することができる可能性があります。

主婦でもパートならキャッシングやカードローンを利用することができるのか

主婦の方は、夫が安定した収入がある場合は限度額が低いものの、審査に通る可能性があります。

その際は夫の収入証明書など、所定の書類が必要となります。

安定した収入が無いから

例えば、無職の方でも日雇いとか短期のアルバイトを頻繁にやっている方もいると思います。

それなら収入があるから、キャッシングの審査に通るような気がしませんか?

でも、この場合は安定した収入とは言えませんので、審査に通ることは厳しいと思います。

安定した収入と言うのは、長期のアルバイトやパートを含む雇用されている方。

ですので、いつも仕事があるわけではない短期アルバイトや日雇いはこれに該当しないというワケですね。

主婦の方でもパート雇用されている場合はキャッシングを利用することができます。

そのため、非正社員の方でもアルバイトで雇用されている場合も同じです。

理由はカンタンですよね。

安定した収入が無い人には返済能力がほとんど無い、とみなされるからです。

審査内容はごく単純

このように、審査において、その内容はごく単純なものです。

後は信用機関での事故登録が無いかどうかです。

消費者金融の場合、まず無収入の無職と言うだけで審査には通る見込みはゼロです。

お金が無いから借りたい気持ちはわかりますが、無職で再就職が困難な場合は、まずは行政に相談することが先決ですよね。

無理にお金を借りることよりも、生活保護など、所定の申し込みをした方が得策かと思います。

アルバイトでもキャッシングを利用することができますか?

消費者金融は総量規制というものがあり、その対象となっています。

総量規制とは、年収の1/3以下の借り入れしかできないという、国が規制したものです。

これは、過去にこの規制が無かった頃、多重債務者が激増して大変になったことがあったからです。

キャッシングやカードローンは、審査の基準の一つに安定した収入がある方と言うものがあります。

これは本当に返済できるのか、基準として見るためです。

安定した収入とは、一般的に正社員に当てはまることだと思われがちですが、実際にはアルバイト、パート、派遣社員はキャッシングを利用することができるのでしょうか?

答え:できます。

アルバイトやパート、派遣社員って安定した収入があるイメージが無いかもしれませんが、キャッシングを利用することは可能です。

ただし、年収の低さ、仕事柄から限度額が低めに設定されたり、金利が高くなったりする傾向があります。

これらは総量規制の対象となる消費者金融を利用するのであれば、仕方がないことだと思います。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

一方、総量規制の対象外となる銀行系カードローンは、限度額が若干高めに設定される傾向があるため、お金的な部分ではそちらもおすすめです。

ただ、審査が厳しいため、もしかしたら通らない可能性もあります。

まあ、何事もチャレンジですね。

一度にたくさんの申し込みを行わないことが鉄則!

このように、総量規制の対象となる消費者金融や信販会社からキャッシングを行う場合、どうしても限度額が低くなってしまいます。

ですので、複数の貸金業者にまとめて審査の申請を出すことは得策ではありません。

まずは一つ一つ、慎重に申し込みを行うべきです。

とは言え、複数の貸金業者に申し込みをするということは、相当お金に困っているんですね。

たとえそうだとしても、複数の貸金業者に申し込みたいという方は、多重債務者となりえる可能性が大いにあるわけです。

ご利用は慎重に。

審査に通るために必要な条件

アルバイトやパート、派遣社員の方のキャッシングは、通常のサラリーマンと比較すると条件的に不利です。

そこで、審査に通る背景をしっかりチェックしておく必要があると言えます。

これだけは注意してみてください。

  • 過去のローンの返済に滞納が無いかどうか
  • 個人事業ではなく、法人に所属している
  • 過去の収入の安定度

消費者金融の審査内容の一つに、信用機関への調査があります。

過去にローンなどを滞納した記録がある場合、審査ではねられることもあり得るでしょう。

また、個人事業主に対しては、消費者金融の審査は厳しいと言われています。

審査に通っても限度額が一般的な基準よりも低い傾向もありますので、アルバイト先が法人であることが望ましいです。

そして、収入の安定性もチェックされます。

アルバイトとは言え、収入が安定していることは好まれる傾向があるんですね。

これらをクリアしていれば、審査に通る可能性がグッと高くなります。

まずは1社ずつ、申し込みを行ってみてください。

アルバイトの人のための消費者金融借り入れガイド!キャッシングできる!

アルバイトの人でも消費者金融は利用可能です。

正社員のサラリーマン同様、各業者の審査を受けることになります。

この時、アルバイトだからと言って審査が厳しくなることはありません。

全て平等に取り扱われていますので、安心してもよいです。

ただ、サラリーマン同様に審査に通るためには一定の条件が必要となります。

アルバイトの人が消費者金融の審査に通るために必要な条件

サラリーマン同様、以下の通りです。

  • 安定した収入がある
  • 会社の保険に加入している
  • 信用機関に自己履歴が無い

なお、個人事業主が採用するアルバイトは審査が厳しくなるようです。

元々個人事業主は安定した収入があると判断されないため、比較的収入が良い事業主だったとしても総量規制の対象となる1/3の借入額よりもずっと少ない融資額となるケースが多いようです。

従って、個人事業主に採用されているアルバイトの方は、思うような融資額を希望できないかも知れません。

安定した収入が認められれば融資が可能となります

アルバイトも正社員と同様に、安定した収入があるとみなされる必要があります。

消費者金融によっては収入証明書が必要だったり、健康保険証と他1点(住民票など)が必要な場合もありますので、事前に準備しておくとよいでしょう。

また、クレジットカードの利用履歴なども審査対象となりますので、過去に滞納がある場合は厳しいかもしれません。

その辺りは消費者金融の判断になりますので、実際に申し込みしてみないと判断できない部分ではあります。

クリーンな履歴と安定した収入があれば、審査は滞りなく進むでしょう。

融資限度額が低いのは仕方がない

消費者金融は、総量規制の対象となっているため、アルバイトの方は融資額が低めです。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

年収の1/3以下のため、仮に年収が200万円だった場合、融資限度額はおおよそ60万円となります。

ただ、キャッシング初心者だったり、初めて利用する消費者金融の場合は初めの限度額はおおむね30万円程度になるかと思います。

利用実績や期間、返済実績に応じて融資額の増額もあり得ますが、少額融資を得意とするキャッシングではこの程度の限度額が適切なのかな、と思います。

というワケで、まとめ。

  • アルバイトでもキャッシングを利用することは可能
  • 審査の条件をクリアできる人なら利用できる
  • 融資額は30万円~50万円程度

もし消費者金融に審査の申し込みを行おうと思っている方は、まずは1社ずつ丁寧に申請してください。

一度に多くの消費者金融の審査の申請を出すことは得策ではありません。

なぜなら、信用機関に登録されてしまうからです。

そうなると、消費者金融側としては、

相当お金に困っている→返済できるか不透明→リスクの高い顧客

との判断が下され、結果審査に通らないというケースもあります。

まずは自分が適切だと思う消費者金融から申し込みを行うようにしてください。

ちなみに、当サイトではプロミスがおすすめです!

-【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド, カードローン・キャッシングに関するQ&A

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.