カードローン・キャッシングに関するQ&A 債務整理・民事再生・自己破産に関するお話し

債務整理や自己破産をした人がキャッシングが利用できない理由

投稿日:

務整理や自己破産などをした方は、キャッシング…と言うよりも消費者金融、銀行系カードローン、クレジットカードが利用できません。

色々な業者に迷惑をかけたから、利用できないのは当たり前のことですよね。

でも、まだ利用したことが無い消費者金融や銀行などのローンも組めません。

その理由としては、『信頼性の無さ』があります。

貸してもお金が返ってくることが極めて低いと言うこともありますが、それ以前にそんな事件を記録として残してしまったことに対し、ペナルティのような意味合いも含まれているのではないかと思います。

貸したお金を返さない過去の事例があるから貸さないと言うのはごく当たり前のことですよね。

いわゆるブラックと言う人たち

債務整理や自己破産をした人を、『ブラック』と言います。

ブラックリストが存在しているわけではなく、信用機関に事故登録されているという理由からです。

事故記録はこれらの事例だけじゃなく、返済の滞納なども含まれています。

つまり、貸したお金を返さないから信頼度が極めて低くなると言うことになります。

これからキャッシングを利用される方も、この辺りは十分に注意しておかないと、後々本当に必要な時にお金が借りられないと言うケースが出てきます。

お金の貸し借りの世界では、信頼性が何よりも大切な要素となります。

従って、信頼度が低い人は、こうしたサービスを受けることが出来なくても文句を言う権利はありません。

なお、キャッシングを利用したことは記録として残りますが、これは事故ではないですので、自動車ローンや住宅ローンにはほとんど影響を与えないと言います。

カーローン(自動車ローン)はキャッシングやカードローンの審査に影響を与えるのか

一部では影響があると言われていますが、ほとんど無いと言うのが本当の答えです。

実際に気にするところもあるようですので、一概には言えませんが、影響があったと言う事例自体がごく少ないですので、あまり気にしなくても良いかと思います。

重要なのは、きちんと返済しているかどうかです。

もしこれが審査に通らない理由になるのであれば、クレジットカードすら利用できないことになりますよね?

従って、自動車ローンや住宅ローンはキャッシングやカードローンを利用している人でも利用できると言うのが答えです。

とは言え、ブラックの方は利用できません。

これも先に言った通り、信頼度が極めて低いからです。

将来的なことを考えても、現状の借金やローンは滞りなく返済するのが得策と言えるでしょう。

-カードローン・キャッシングに関するQ&A, 債務整理・民事再生・自己破産に関するお話し

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.