カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

中小規模の消費者金融って利用しても大丈夫?おすすめはどこ?

投稿日:

借金の一本化

プロミス、モビット、アイフル、アコムが大手消費者金融です。

一方、規模が小さい中小消費者金融も数多く存在しています。

何となくなイメージなのですが、あまり有名ではない消費者金融は怪しいと感じる方も多いと思います。

実際はどうなんでしょう。

中小規模の消費者金融も基本的に信頼できる

これらの消費者金融がマイナー路線を行くにはわけがあります。

テレビやメディア、雑誌での露出が少ないせいもありますが、どうしてもブラックリスト入りの方や多重債務者の方が救いを求めて申し込みをするイメージもあるようなんです。

なぜこういう方々がこぞって申し込みをするのかと言うと、大手では審査に通らないからです。

そこで、比較的審査が甘いと言われている中小規模の消費者金融に救いを求めるわけですね。

ですが、結論から言うとそこでも恐らくほとんどの方が断られるでしょうね。

いかんせん審査内容はほとんど大手と変わりありませんので。

信用機関に滞納や延滞・債務整理や自己破産などの事故履歴が残っていれば、結果はほとんど同じと思ってください。

ゆえに、ブラックリスト入りの方、多重債務者でこれ以上借りれない方は、ほぼ審査に通ることは無理です。

中には相談に乗ってくれる優しい消費者金融もありますが、相談の結果、無理ですってことがほとんどです。

まず、こうした方々は弁護士に相談しに行くのが先決です。

マイナーだけど貸金法で認可を受けた消費者金融

中小規模の消費者金融は、確かにマイナーです。

ですが、消費者金融は貸金法で認可を受けた業者のみが語ることができるんです。

従って、無許可で営業しているいわゆるヤミ金のような感じではありませんので、ご安心ください。

中小規模の消費者金融は、多少事故履歴がある人でも受け付けてくれるイメージがあります。

しかし、その考え方自体が間違いなんです。

大手なら人が寄ってくるけど、中小規模の消費者金融ならこの辺りで集客しないとやっていけない、と言う印象をお持ちの方も多いようです。

しかし、貸したのに返ってこないリスクがある以上、中小規模の消費者金融でもそんな人にお金は貸してはくれません。

こうした消費者金融は、地域に密着しているところも多いため、マイナーと言う理由もあります。

金利の上限も変わりありませんし、特にこだわりが無いのであれば利用してみてもいいのかな、と思います。

まあ、消費者金融の利用になれている人向けなのは確かなようですね。

審査が甘い?通りやすいとウワサの消費者金融・RYFETY(ライフティ)

ライフティ

審査が甘い・通りやすいイメージがある消費者金融って、RYFETY(ライフティ)が有名かも知れません。

ブラックリスト入りの方や大手で断られた方が次に選ぶ消費者金融として、ネット上では有名です。

でも、ライフティが本当に審査が甘く、通りやすいのかをリサーチしてみました。

審査が通りやすいというウワサ

まず、審査が通りやすいというウワサについてですが、印象としては確かに大手ほど審査が厳しくない印象を受けます。

ですが、審査内容は大手消費者金融とあまり変わりありませんので、審査に通ることを期待してチャレンジしても失敗することも多々あるようです。

ただし、大手同様に相談には親身になって乗ってくれるかと思います。

ライフティの良いところは、1,000円単位でキャッシングできるところ。

これを有効活用して生活にゆとりをもっていきたいですよね。

1,000円単位で借りられるメリット

10,000円だと少し多い…

そんな時、ライフティの1,000円キャッシングが役に立つでしょう。

例えば、あと5,000円あれば生活にゆとりが出るけど、10,000円だと多すぎる。

翌月返済しなきゃいけないけれど、そんなゆとりはないことが分かっている場合など、1,000円単位で借りることができるキャッシングは大いに役に立つでしょう。

ライフティは審査に通りやすいとか、甘いという風に言われていますが、もっと注目してほしいポイントがあります。

それは、1,000円単位でキャッシングができるというところです。

これは大きなポイントです。

大手消費者金融の審査に落ちて、ライフティを申し込むのも自由ですが、もし審査に通ったなら、こうしたメリットを活かすような借り方をしたいところですね。

キャッシングに対して『怖い』と思われているところについて

キャッシング=サラ金、とても怖いものだから、あまり利用する気になれない。

まだ消費者金融を利用したことが無い人は、なんとなくキャッシングに関して怖いというイメージを持っているかもしれません。

これは昔の事情もあり、ドラマや漫画などでも怖いイメージを刷り込まれている結果なんですよね。

怖いのは闇金と呼ばれる違法な業者であり、無計画に利用した多重債務者の状況ではないでしょうか?

最近の消費者金融に対するイメージ

最近って、消費者金融のイメージが明るいものになりつつあります。

それは、TVCMで有名タレントを採用したり、明るい内容のCMを打ったりしているからです。

では、実際にはどうなのか?

実は消費者金融は私たちに最も近しい貸金業者です。

つまり、お金を貸してくれる業者では一番身近な存在です。

基本的にお金に関することって銀行なんじゃないの?

って思われるかもしれませんが、銀行はお金を預けることをメインに考える身近な存在であり、お金を貸してくれるというのは消費者金融が専門です。

銀行にはカードローンも用意されていますが、最も消費者金融と違う点がひとつあります。

それは、『親身になってくれる』点です。

借金の相談にやさしい対応で乗ってくれるのは、消費者金融の良いところです。

審査内容によっては融資が難しいパターンもありますが、それでも普段、お金に関する相談に乗ってくれるところってなかなか無いのではないかと思います。

こうした面も、有効活用していきたいですよね。

昔のようなイメージはもう無い

消費者金融のイメージ、ちょっと変わりましたか?

お金の専門ですので、たとえば借金が多くて困っている場合など、おまとめローンに関しても相談に乗ってくれるはずです。

こうしたメリットをぜひ利用してみてくださいね。

キャッシングのご利用希望額によって審査内容が変わることがある

消費者金融でキャッシングを利用する場合、所定の審査を受ける必要があるわけですが、申し込み時に希望融資額を記入する欄がありますよね?

あれってできるだけ多く書いた方が良いのか、それとも少なく書いた方が良いのか、どちらなんでしょうね?

また、それによって審査内容が変わったりする可能性ってあるのでしょうか?

希望額は現実的な金額を設定すること!

消費者金融でキャッシングを利用する場合、総量規制と言うものがあります。

これは、年収の1/3以上の借り入れはできませんよ、と言う、一種の規制ですよね。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

これにより、年収が低い人が多い金額の融資を受けることができません。

つまり、100万円を借り入れるためには少なくとも年収が300万円無ければならない、と言うことになります。

そこで、申し込み時にできるだけ多く融資限度額が欲しいと考え、希望融資額に300万円と記載したとします。

これでは審査に落ちてしまいます。

ですので、申し込み時に自分の年収と見合った限度額を把握しておくことが必要です。

つまり、年収300万円の方であれば、100万円以内の限度額を記載します。

これで総量規制に引っかかることは無いでしょう。

ただし、あくまでこれは参考値であり、融資限度額を決めるのは消費者金融です。

従って、希望額より低い限度額を設定されることもあるということは覚えておいてください。

希望額が高い方が金利面で有利?

これはそうですね。

100万円以上を借りる場合、金利の上限が15%となりますので、99万円を借りるよりもかなりお得です。

100万円以下の場合は18.0%でおおむね設定されていますので、その差は3%です。

これを5年間で返済することを考えると、10万円近くの差額となって表れる可能性もあります。

ゆえに、できるだけ多くの融資額を勝ち取り、できるだけ低金利を手に入れたいと考えるのは人の常。

ですが、ここは冷静になり、限度額を自分で把握しておきながら消費者金融の審査を受けた方が通りやすくなるでしょう。

複数の消費者金融から借り入れを行っている場合

ただ、今までの話はあくまで借金が無い、もしくは他の消費者金融と契約していないことを前提にお話ししています。

もし他社にも登録しており、利用していなくても限度額50万円を持っていたとすれば、新規で申し込んだ消費者金融の限度額も50万円以下となります。

つまり、限度額の合算で計算し、総量規制に当てはめるため、これ以上の借り入れができないというワケですね。

もし複数の消費者金融やクレジットカードでローンを組んでいたとすれば、もう利用できない可能性もあるんです。

ただし、例外としてはおまとめローンです。

利用用途は借金の一本化のみとなりますが、こちらは総量規制の例外となるので、大きめの金額を融資できる可能性があります。

いずれにせよ、新規の申し込みの際は、総量規制の対象となっていることを覚えておき、それをもとに自分がどの程度借り入れることができるのかを把握してから申し込んだ方がよいでしょう。

精神的に苦しい…借金問題に悩む事例。一体どうすればいいの?

社会人が最も精神的なダメージを受けることって何でしょうね?

イジメ、セクハラ、その他もろもろありますけど、私は借金問題が一番のトラブルの種となると思っています。

確かにいじめやセクハラは精神的なダメージが大きいです。

ただ、これらに関しては解放される対策がいろいろとあるはずです。

現実的ではないのかもしれませんが、転職してしまえば嫌な上司と合わなくて済むようになりますよね。

ですが、借金に限ってはそうはいきません。

一度作ってしまった借金からは逃げられない恐怖

そうなんです。

借金って一度作ってしまうと、逃げることができません。

さすがに取り立てに来る消費者金融はありませんが、返済が滞り、いつまでも催促を無視していると、給料や財産を差し押さえられてしまいます。

時効を待てばチャラになると思ったら、そうはいきません。

消費者金融の滞納には時効があるけれど、それを待つのは可能なのか

確かに借金には時効があります。

しかし、今の世の中、借金を放っておく消費者金融・クレジットカード会社は存在しません。

それができると思っていること自体、虫が良すぎるし、甘すぎます。

逃げることができない借金。

見えないものに追われている恐怖。

これはもう、精神的なダメージはかなり大きいです。

仕事にも集中できませんし、うまくいかないことだってあるはずです。

もしあなたが多重債務者の場合、思い切って借金を一本化してしまってはいかがでしょうか?

借金を一本化するには?メリットとデメリットを考察する。

これなら月々の支払いが軽減できますし、複数から借り入れがある場合は、返済総額の減額も可能です。

もしこれでもダメで、もう首が回らないと思っている方なら、迷うことはありません。

弁護士に相談しましょう。

債務整理に得意な弁護士はたくさんいます。

このまま借金を借金で返し続けることのないように、精神的にも楽になりましょう。

こちらもあわせてご覧ください

-カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.