【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド お金がない!生活がキツくて借りたい人向けの情報まとめ カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

よくある『お金を借りる理由』とは?みんなどうしてお金を借りるの?

更新日:

消費者金融を利用する人には、それぞれ理由があります。

今回はそんな『お金を借りる』理由について、チェックしてみたいと思います。

なぜお金を借りるのか?

生活費の補てんのため

実は消費者金融を利用する理由として、最も多いのがこれです。

生活費が足りないため、ちょっとだけ現金を借りたい。

じゃあ、クレジットカードじゃダメなのかと言うと、ダメなんですよね。

食品の購入などはクレジットカードでできるケースが多いのですが、お子さんの教育費や光熱水費、家賃など、クレジットカードでは賄えない部分もあるはずです。

こうした理由でお金を借りなければやっていけない場合、消費者金融を利用するケースが多いようです。

飲み会が入ってしまった

これも消費者金融を利用する理由として多い傾向があります。

居酒屋でもクレジットカードを利用することができる店舗が多くなってきましたが、飲み会の場合、ほとんどが『割り勘』となります。

従って、現金が必要になるわけですね。

お金が無い場合、別に行かなくても良いと思われるかもしれませんが、会社の付き合いなど、どうしても行かなければならないケースもあるはずです。

そうした場合、やはりお金を借りる以外に方法が無いと考えて消費者金融を利用するケースがあります。

冠婚葬祭の費用として

友人の結婚式や急なお葬式などの予定が入った場合、その費用として消費者金融を利用するケースがあるようです。

結婚式の場合は予定が組まれているはずですので、予めお金を用意しておくこともできるかも知れませんが、お葬式の場合はそうはいきません。

親せきや友人関係、知人、会社関係者の場合は香典を準備する必要があるため、どうしてもお金が無い場合、消費者金融を利用するケースがあるようですね。

こうしたケースを想定して前もって貯金しておくなどの方法もあるかも知れませんが、生活費がギリギリの方であればそうも言っていられませんよね。

急病になった

自分だけじゃなく、お子さんや奥さんなど、家族が急病になり救急外来を利用しなければならないケース。

または事故などによって医療費を賄わなければならない場合に消費者金融を利用することがあるようです。

これに関しましては、場合によっては総量規制の例外として扱われるため、高額医療の場合は年収の1/3以上の借り入れができる場合もあります。

急病はどうにもなりませんので、こうした場合にお金を借りるケースも多いようです。

税金などが支払えない

自動車税や市民税、その他もろもろの税金関連、健康保険料など、国に納めなければならないお金が支払えない場合、お金を借りて支払うケースが非常に多いです。

国の税金を消費者金融で賄うのもおかしな話だとは思いますが、この辺りは絶対に支払わなければならないものですので、こうしたお金を準備するために消費者金融を利用する方もいるんです。

色々な理由がある。

お金を借りるのは、人それぞれそれなりの理由があるはずです。

特に消費者金融を利用するのは最も最後、奥の手だと思うんですよね。

しかし、どうしようもなくなった場合、気兼ねなく誰にも影響を与えずにお金を借りることができるのが消費者金融です。

友達から借りても返せなくなった場合、関係が破たんしかねませんからね。

消費者金融には有意義な利用方法があるんです。

計画的に利用すればきっとあなたの役に立つはずです。

『お金を借りる』ことに悲壮感を感じていませんか?ちょっと待ってください。

消費者金融や銀行カードローンでお金を借りることに悲壮感を感じていませんか?

でも、ちょっと待ってくださいね。

クレジットカードは利用したことがありますか?

ちょっと考えてみると、クレジットカードって結局借金をして商品を購入しているってことですよね?

つまり、お金を借りることと大して変わりありません。

クレジットカードは気軽に利用できるのに、なぜお金を借りることがそんなに悲しいことなんでしょうか?

確かに借金を借金で返すのはつらいことではあります。

でも、それ以外の利用目的であれば、特に問題ないはずなんですよね。

現金を借りることの辛さ

自分の許容範囲を超えてしまった場合、お金を借りないとやっていけないケースがあります。

でも、その目的によってはお金を借りるという手段を有効的に利用することができるんですよね。

例えば、大抵の場合はクレジットカードを利用することになると思います。

これをお金を借りる、つまり消費者金融や銀行カードローンに変更してみましょう。

中には1,000円単位で利用できるところもありますので、そうしたところを選んでみるのもひとつの手です。

なぜクレジットカードではなく、お金を借りるのかと言うと、激安スーパーなど、現金のみの対応しかできないお店を利用することにあります。

そうやってお金を借りて、生活費の補てんとして利用し、激安スーパーなどで節約しながら使うのもお金を借りなければできないことなんです。

クレジットカードではできない節約方法です。

こうした利用目的であれば、お金を借りることの辛さや悲壮感を軽減できると思いませんか?

もしあなたがクレジットカード中毒になっているのであれば、消費者金融や銀行カードローンに乗り換えるのもひとつの手ですよ。

クレジットカードじゃなくて現金を借りて利用するメリット

クレジットカードを利用している方はものすごく多いのに対し、キャッシングやカードローンなど、現金を借りてそれを利用するスタイルの人は少ないです。

まあ、これは現金を借りることの後ろめたさが要因として挙げられると思います。

ですが、実はクレジットカードよりもキャッシングやカードローンの方が利便性が高く、返済もしやすいことをご存知でしょうか?

クレジットカードでは買い物できない店舗の存在

マルチに使えるクレジットカードは、通常のお買い物だけじゃなく、ネット通販の決済で大きな威力を発揮します。

ですが、生活必需品の多くは実店舗に頼っていますよね?

実店舗の多くには、激安スーパーやディスカウントストアがあります。

クレジットカードが未だに利用できない店舗があるのもまた事実です。

つまり、クレジットカードはネット通販での決済には強いですが、カードが使えないお店ではただのカードになってしまいます。

ですが、現金の場合、どんなショップでも利用可能です。

つまり、現金を持つことによるメリットはかなり大きいことになります。

生活費をキャッシングやカードローンに頼る人もいる

そこに気が付いた方々は、キャッシングやカードローンを利用しているケースが多いんです。

つまり、節約するために現金を借りると言うスタイルですね。

これはクレジットカードのショッピング枠ではできないことです。

また、返済方法もクレジットカードとは違い、最後に現金を借り入れた際の合計借入金額により変動制となっています。

例えば、10万円以内のご利用なら月々の返済は2,000円からとかですね。

月々の返済金額の低さもクレジットカードには無いメリット言えるでしょう。

この様に、キャッシングやカードローンは実はクレジットカードよりも節約効果があるケースが多いんです。

それによって生活が豊かになるのであれば、利用しない手はないと思います!

激安スーパーやディスカウントストアなどで、なるべく安い商品を購入したい!

生活費を切り詰めながらキャッシングやカードローンを利用したいと思っている方は、ぜひこの方法を参考にしてみてくださいね。

自身の経済の窮地を救うカードローン、どうやって使うべき?

多重債務に陥った時、あなたの経済は既に破たんしていると言っても良いかも知れません。

そんな自身の経済の窮地を救うのがカードローンの役割と言えるでしょう。

お金が無いと生活ができない

これはごく当たり前のことですよね。

後にも先にも、お金が無いと何もできませんからね。

お金が無い場合は、稼ぐか借りるかしないといけませんが、日本の企業の場合、多くが副業禁止ですので、本職のほかになかなか副収入を得ることって難しいんです。

そんな状況ですので、お金が無い場合は借りるしかないんです。

だから多重債務者が生まれてしまうんですよね。

とはいえ、本職でしっかり集中して働いてもらわないと、企業的にも困ってしまいます。

お金を借りるという選択

で、多くの場合、お金を借りるという選択肢を選ぶことになります。

お金を借りる方法は、以下の通りです。

  • 両親に頭を下げて借りる。
  • 友人から借りる。
  • 消費者金融から借りる。
  • 銀行カードローンで借りる。

おおよそこの4種類となります。

で、両親は恐らく貸してくれるでしょうけど、後ろめたさが思う存分残りませんか?

今更この年齢になって親に頼るなんて…

当然ですね。

友人から借りるのは極力避けるべきでしょう。

お金の切れ目は縁の切れ目ですからね。

友達から借金をするくらいなら消費者金融を利用せよ!

友達からお金を借りると、きちんと返せなかった場合は最悪の展開を迎えることになります。

で、人間関係を悪くすることなく借りるには、消費者金融か銀行カードローンの2択となります。

私的には大きな金額の場合は銀行カードローンがおすすめです。

消費者金融は少額融資には向いていますが、金利の高さから高額融資には向いていません。

従って、低金利で利用できる銀行カードローンの出番となります。

ただし、デメリットもあります。

それは、審査が厳しいことです。

もし審査で落ちてしまった場合は、消費者金融を選択することになります。

と言うわけで、おまとめローンなど、比較的高額の融資が必要だと思っている方は、銀行カードローンから申し込みをすることをおすすめします。

おすすめはオリックス銀行カードローンです。

これは私も利用したことがあります。

Web申込もできますし、もしお金に悩んでいるのであれば、ぜひご利用ください。

カードローンでも月々2,000円~返済可能?高性能な銀行カードローン

最近のカードローンは非常に高性能となっています。

消費者金融の利便性を兼ね揃え、さらに金利が低く融資額も多いとなると、当然そちらを利用することになりますよね。

銀行カードローンは確かに利便性が向上しましたが、依然として審査が厳しい傾向があります。

とはいえ、一般的なサラリーマンの場合は信用情報に何かしらの事故履歴が残っていない限り、おおむね審査には通ると思います。

初回の融資限度額はいくらくらい?

これは銀行カードローンの審査内容にもよります。

参考としては、当時総支給額が400万円ほどの公務員だった私。

クレジットカードのローンも残っており、審査に通るか微妙な状況だったのですが、当時申し込んだオリックス銀行カードローンに通りました。

融資額は108万円…だったかな?

取りあえず100万円以上の融資額を得ました。

金利も10%以下だったと思います。

もしこれが、消費者金融の場合だと、100万円の融資額を得たとしても、最低金利が15%です。

このくらいの金額になると、月々の返済額がほとんど変わりないものとなるため、高額融資は基本的に銀行カードローンの方が向いています。

結果的にはおまとめローンとして利用して助かった記憶があります。

オリックス銀行カードローン

おまとめ・借り換え可能のカードローン

提携ATMの利用手数料が無料!来店や口座開設も不要の銀行カードローンです。
1,000円単位での借り入れが可能なところもすごく便利です。
ゆうちょ銀行や提携コンビニATMなど、全国に95,000台以上の提携ATMがあります。
300万円以下なら所得証明書も原則不要となります。

利率と融資可能額 実質年率3.0~17.8%
1,000円~最大800万円まで融資
最短融資 最短即日審査可能
申し込み方法 Web
書類郵送 カード郵送あり

 

 

最近は月々2,000円~の返済が可能なカードローンも登場している

10万円以下の融資額なら、月々2,000円~の返済が可能となるような、銀行カードローンも登場しています。

消費者金融の場合は、プロミスがこの返済額でいけますが、銀行カードローンでこれをやられると消費者金融の出る幕が無くなってしまいます。

例えば、北洋銀行カードローン『アルカ』は、10万円以下の融資額の場合、月々の返済額が2,000円程度に抑えることができます。

低金利で返済金額を抑えることができるのは大きな強みですね。

この様に、銀行カードローンも審査に通れば非常に利便性が高くなってきています。

審査が厳しいですが、通れば鬼に金棒と言うわけですね。

消費者金融で月々2,000円の返済額で抑えることができるのはこれ!

PROMISE(プロミス)

安心の消費者金融最大手!即日対応

最短即日融資は最短で最短1時間。知名度も人気も対応も全てにおいてトップレベルなのがプロミスです。
返済は自動引落対応なので、カードローンと同じような利用方法が魅力です。
早くてカードレスにも対応可能、申込も審査も全てWeb完結できるから便利なことこの上ないです。
すぐに借りたいけど利便性の高いキャッシングを探している方に最もおすすめです。
※対象金融機関は200行以上あります

 

利率と融資可能額 実質年率4.5~17.8%
1万円~最大500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

 

 

-【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド, お金がない!生活がキツくて借りたい人向けの情報まとめ, カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.