【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

キャッシングの利率(金利)を下げる方法とその理由について

投稿日:

キャッシングを低金利で

一般的な消費者金融は、キャッシングの利率が〇%~18.0%と言う記載があります。

プロミスを例にとって見てみると、利率は4.5~17.8%です。

それにしても4.5%はとても魅力的な利率ですよね。

この低金利にするには、一体何をすれば良いのでしょうか?

で、色々とリサーチしてみたものの、有益な情報が全くと言ってよいほどありません。

利率の話をしているにもかかわらず、低金利のキャッシングやローンをすすめる様な内容ばかりで、参考にすらなりません。

そこで、この低金利をゲットするにはどうしたらよいのかをまとめてみます。

結論から言うと、無理です。

キャッシングの利率は、初期ではMAXである18.0%に設定されています。

これは、初めから下げることが非常に困難であり、できるとすれば100万円以上の融資枠を獲得し、利率を15%にする以外に方法はありません。

では、なぜ無理なのに掲載しているのかと言うと、これは『消費者金融ができる最大限に利率を下げたとしたらここまで』と言う一つの目安にすぎません。

利用実績、利用年度数、返済実績などを考慮され、融資の増額の案内が来たり、金利引き下げのお知らせが来たりするようなのですが、さすがに4.5%はほぼ有り得ない数字です。

もしこれを利用するとすれば、相当な利用実績と年度数、返済履歴が必要となります。

これは想定ですが、恐らく超大口の利用があり、返済も細かくではなく大まかに行っている人や法人、企業に適用される数値ではないかと思います。

一般人で、しかも消費者金融でこの利率で利用していると言う話は全く聞いたことがありません。

従って、キャッシングで低金利を求めるのは土台無理な話であり、一般的に考えてほぼ不可能であると言っても良いかと思います。

だから皆さんは低金利の銀行系カードローンをおすすめするんですよね。

私が知るところでは、18.0%から17%に金利が下がったと言う一般人の方は知っていますが、これ以上となるとなかなか話を聞くことがありません。

交渉しても下がらないどころか、融資増額に微妙に影響を与えかねませんので、よほどの履歴が無いとこちらから金利を下げる要求はしない方が良いと思いますし、まず受け入れてくれないと思います。

キャッシングは利便性と少額融資で利用するとすごく便利です。

金利はハナから捨てて、こうしたメリットを享受できるから利用していると言う方も多いですし、生活費の補てんが主な利用目的として挙げられていますので、やはり少額融資で利用しやすいのではないかと思います。

-【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド, カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.