【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド カードローン・キャッシングの基礎知識 消費者金融・銀行カードローンの申し込み・審査・限度額・融資や返済方法に関する記事まとめ

キャッシングのリボ払いってどんな返済方法?金利はどのくらいかかる?

投稿日:

リボ払いとは、月々の返済額を低額にして返済する方法です。

つまり、月々10,000円の返済額と決めておけば、これ以上支払う必要は無いのです。

リボ払いと分割払いは基本的に似ているようで異なります。

リボ払いと分割払いの違いは何?

つまり、分割払いは月々の返済額ではなく、回数を決めて返済する方法です。

なお、余談ですが、クレジットカードの場合は、2回払いまでなら金利手数料がかからない場合があります。

月々の負担が軽くなるメリットがある

リボ払いのメリットは、月々の負担額が軽減することにあります。

つまり、10万円借りたとしても、月々10,000円の返済額以上のお金を支払う必要が無いため、かなり家計が楽になります。

毎月の支払額を抑え、ある程度生活にゆとりを持ちたい方には大変メリットのある返済方法なんです。

ですが、当然デメリットもあります。

金利が高く、返済額が増える

これはもう、リボ払いの宿命ともいえることですね。

まず、金利はおおむね18.0%に設定されています。

10,000円の返済額ならそれに金利分を上乗せするか、元金を減らして金利分を上乗せしてジャスト10,000円にするかどちらかになります。

金利が高いので、当然支払総額が増えることになりますし、借り入れたお金が大きい額だった場合は返済に時間がかかります。

返済に時間がかかるということは、それだけ利息で多くとられますのでトータル的にみると損した感じになるでしょう。

では、損なのになぜリボ払いがこれほどまでに人気なのでしょうか?

月々の負担が軽くと言う理由でリボ払いを選ぶ人が多い

もう、答えは明白ですよね。

総支払額を増やしてでも、月々の負担を軽くしたいと考えている方が多いためです。

誰でもできるものなら早めに返済してしまいたいです。

しかし、大金になるとそうもいきません。

月々の支払額を増額した場合、生活にのしかかる重圧はかなりものです。

第三者から見ると、何で損する方を選ぶのか疑問になるかもしれませんが、総額まで考えていられないんですよね。

月々の負担を大きくするか、減らすかと言った場合、あなたは恐らく後者を選ぶでしょう。

ゆえにリボ払いのニーズが高いんですよね。

ですが、利用には最新の注意が必要です。

借り入れる金額が大きくなればなるほど借りた人に負担が大きくなります。

リボ払いの場合は、20万円を超えると返済額が増えたりするため、一概にこれが良いとは言い難いんです。

どちらの方があなたにとって良いのかを見極めて返済計画を立てるようにしましょう。

-【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド, カードローン・キャッシングの基礎知識, 消費者金融・銀行カードローンの申し込み・審査・限度額・融資や返済方法に関する記事まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.