クレジットカード関連のお話。

クレジットカードはキャッシング?それともカードローン?

投稿日:

クレジットカードのキャッシング枠

何気に目にすることがあるクレジットカードのキャッシング枠。

これって消費者金融じゃないからカードローンの部類に入るのか?

それともキャッシング枠って言うくらいだからキャッシングなのか?

まあ、借りる側としてはどちらでも良いんですけど、妙に気になってしまう管理人です。

結論から言うと、クレジットカードのキャッシング枠は、その名の通りキャッシングです。

従って、総量規制の対象となりますので、基準の限度を超えた借入れはできません。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠に依存する

ただ、クレジットカードの場合はショッピング枠が別にあるはずです。

キャッシング枠はこのショッピング枠に依存するため、ショッピング枠を超えた額を利用することができません。

もっと詳しく説明しますね。

ショッピング枠が50万円だったとします。

既に利用で40万円あるとします。

キャッシング枠がそのうち20万円だったとします。

ですが、既に40万円の枠を利用しており、残りのショッピング枠は10万円しかありません。

この残りの10万円以内ならキャッシングを利用できると言うことです。

つまり、ショッピング枠が小さくなれば、それだけキャッシング枠が小さくなってしまうと言うワケですね。

例えキャッシング枠が残り10万円分あったとしても、ショッピング枠で既に埋まってしまっているためそれ以上の借入れはできない、と言うワケです。

一方、50万円分のショッピング枠を丸々残した状態で20万円分のキャッシング枠がある場合は、20万円までキャッシングを利用することができます。

残りの30万円分の枠はショッピングで利用することになりますよね。

クレジットカードの場合、こうした制約があるものの、利便性の高さからキャッシング枠を有効的に利用される方も多いんです。

ただし、注意が必要なこともあります。

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の返済は別物

そうなんです。

ここがデメリットと言えばデメリット。

キャッシングを利用して、ショッピングも利用している場合は、返済が2重になってしまうんですよね。

全て一括で計算するわけではなく、キャッシングはそれだけでリボ返済。

ショッピングも決められた額を返済するわけです。

ショッピング枠にリボを設定していると、毎月2重で返済をしなければならないと言うワケです。

10,000円の返済に10,000円が上乗せされた場合、かなり大変な思いをすることになるんですよね。

こうした返済についても考えながらキャッシング枠を有効利用しないと後で痛い目に合ってしまいます。

クレジットカードは利便性が高い一方で、デメリットもあると言うことを忘れずに。

-クレジットカード関連のお話。

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.