お金を借りる際の注意して欲しいポイント カードローン・キャッシングの基礎知識 クレジットカード関連のお話。

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りることのメリットとは

投稿日:

クレジットカード

クレジットカードのキャッシング機能を利用すれば、現金を借りることができます。

これはクレジットカードを持っている方であれば、誰でも知っていることだと思いますが、実際にキャッシングを利用したことがある方って意外と少ないんですよね。

そこで、クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りることに対するメリットをご説明したいと思います。

クレジットカードのキャッシング機能のメリット。

クレジットカードって基本的にショッピングでそのまま利用することが多く、こうした使い方しかしていない方も多いと思います。

だって、ショッピングの際にわざわざ現金を借入れて、それでお支払することって、クレジットカードを持っていればなかなかありませんよね?

でも、激安スーパーなど、一部の店舗では利用することができないケースもあります。

個人経営店など、対応していないところが結構多いんですよね。

クレジットカードが使えない店舗があるからキャッシングが必要となる

激安スーパーの場合、クレジットカードを導入すること自体ほとんどありません。

利益の一部をカード会社に支払うことになりますので、そんな回りくどいことはしないんです。

ただでさえ薄益ですし。

そこで、激安スーパーを頻繁に利用している方にとって、クレジットカードのショッピング枠は意味を成さなくなってしまうため、キャッシングを利用しようと言うワケです。

キャッシングもショッピングも、リボ払いでお支払いをする場合は年利18.0%であることが多いため、実質返済額が変わらないんですよね。

でも、注意が必要です。

ショッピング枠かキャッシング枠か、どちらか一択にする。

どちらも基本的に使ってもいいのですが、どちらも利用した場合は両方の返済を同時にすることになります。

クレジットカードをなぜ持つ?現金主義だけど持っているメリット

そうなんです。

一緒にまとめて返済するんじゃないんですよね。

別々に返済することになりますので、どちらも利用してる場合は2重で返済することになります。

よって、激安スーパー一択で、現金でお買い物をすることが多いと言う方は、キャッシング枠だけをメインに利用すると言う手もあるんですよね。

この場合、クレジットカードのキャッシング枠よりも消費者金融のキャッシングを利用した方が良い気もしますが。。

クレジットカードは持っていると一定のステータスになりますが、消費者金融のカードを持っていてもステータスにはならないですし、逆にお金が無い人って見られてしまうかも知れません。

こうした意味合いもあって、クレジットカードのキャッシング枠をメインで利用されるケースもあるようです。

どちらにしてもキャッシングには変わりありません。

消費者金融のキャッシングの方が利率が低い可能性も高いので、金利手数料を気にされる方は選択肢として考えておいても良さそうです。

クレジットカードで借入れを行う際のポイント!

クレジットカード

クレジットカードのキャッシング枠を有効利用してうまく現金を借入れている方もいるようです。

元々クレジットカードはショッピングの際に利用するものなのは誰でもご存知のはずですが、意外とキャッシング枠って利用することが無いんですよね。

ただ、クレジットカードを持っていても現金のみのお店もまだまだたくさんあったり、使えないケースも多いのが現状です。

そこで、クレジットカードのキャッシング枠を利用し、そうした現金のみのお店でもお買い物をするのも一つの手です。

キャッシング枠はショッピング枠に依存しますので、フルで利用することができないこともあります。

▼クレジットカードはキャッシング?それともカードローン?

上手く利用すればこれほど魅力的な商品は無いな、って思います!

クレジットカードで借入れを行う際のポイント

まず、いくつか注意点があります。

キャッシング枠を利用する前に、これだけはしっかりと把握しておく必要があるんです。

じゃないと、後で返済に困ることにもなりかねません。

返済がそれぞれ別になる

まず、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠は、それぞれ返済が別になります。

ゆえに、キャッシング枠10,000円とショッピング枠10,000円を同時に利用した場合、10,000円+10,000円=20,000円の返済があると言うことになります。

10,000円と20,000円の違い、数字だけ見るとそれほど大きく感じないかもしれませんが、実際に返済してみるとかなり大きい金額となります。

よって、返済に困らないようにここはしっかりと把握しておいてください。

リボ払いは実はキツイ

少額融資で数か月ならリボ払いは有効的に利用することができるかと思いますが、数十万円の借入れを行ってしまった場合、キャッシングの返済ももちろんリボ払いとなります。

よって、金利が上乗せされた金額を数年かけて返済することになるわけです。

リボ払いはそれほど月々の支払額が多くならないため、返済期間が延びるわけです。

その伸びた分だけの利息をいただくのがクレジットカード会社のやり口と言うワケですね。

魅力的な商品ではあるものの、返済が長引くと逆に自分の首を自分で締めることになりかねないため、注意が必要です。

無理なく計画的にご利用ください。

キャッシングやカードローンと同様に、クレジットカードも利用を計画的に行う必要があります。

これは当然のことですよね。

後で生活がもっと厳しくならないように、しっかり以上のことを把握したうえで利用するようにしましょう。

クレジットカードのキャッシングの返済方法はリボ払いが一般的。なぜリボなのか

クレジットカードのキャッシング機能を利用したことがある方ならわかると思いますが、返済は『リボ払い』が基本となります。

リボ払いとは何ぞや?

まあ、カンタンに言えば、分割払いですね。

消費者金融のキャッシングも、信販会社のキャッシングも基本的な構造は一緒です。

よって、利用しやすい方をどちらか選んで利用することになります。

大きな違いと言うと、以下の通りです。

  • ショッピング枠に依存する
  • 借入利息が高い(18.0%が基本)
  • 限度額が低い

クレジットカードは基本的にショッピングで利用するものとして認識しておいた方が良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングの返済について

リボ払いはご存知の方が多いと思いますが、10,000円ずつの返済ならこれが返済完了まで続くと言ういものです。

この中には利息も含まれますので、元金は10,000円以下となります。

ゆえに、10万円借入れたとして10,000円ずつ返済するとなると、10か月以上かかると言う計算になります。

返済している間にもどんどん利息がかかりますので、ゆっくり返済すると月々の支払いは楽である一方で、より多くのお金を支払うことになります。

リボ払いは多めに返済できる月があれば返済すると言うことが出来ず、リボか一括返済かのどちらかを選択することになるケースがほとんどです。

従って、クレジットカードの利用は注意が必要なんですね。

リボ払いの恐ろしいところ

高額の現金を借入れた場合、リボ払いで返済しているといつまでたっても返済が終わらないと言うこともあります。

借りれば借りるだけ返済期間が延びますので、それだけ利息を取られることになります。

大きな金額の場合、一括で返済するのは困難ですので、借りるたびに借金がどんどん増えていくことになりかねません。

また、リボ払いの特徴としてあまり認知されていないのが、ある一定の借入れ金額を超えた時、支払額が増額されることがあると言うことです。

つまり、合計20万円以上の借入額で月10,000円の返済が20,000円になりますよ、と言うことですね。

更に50万円以上行くと、30,000円に増えます、と言うのがリボ払いの恐ろしいところでもあります。

なぜこんなことになるのかと言うと、金額が大きいとそれだけ利息が大きくなるため、元金が全然減らないと言う事態になってしまうからです。

これだけの金額で、しかもリボ払いとなると、月々の利息だけでも数千円になってしまいます。

つまり、年間で換算すると数万円の支払いを余計にしていることとなるわけです。

リボ払いを業者が進めてくるにはこうした背景があるからです。

つまり、儲かるんですよね。

リボ払いは低額であればこれほど便利なシステムはありませんが、高額になると大変なことになると言うのが大きなデメリットと言えるでしょう。

キャッシング機能なしのクレジットカードでは当然現金の借入れはできない

クレジットカード

クレジットカードをお持ちの方で、キャッシング機能が付いていないものをお持ちの方もいますよね?

私は以前、楽天のカードを持っていたのですが、それにはキャッシング機能が付いていませんでした。

なぜ付いていないのか、現金は借りることが出来ないのでしょうか。

申し込み時に要らないと言うと付かない

クレジットカードを申し込む際に、恐らく選択肢があったかと思います。

そこでキャッシング機能を無しにすると、そのクレジットカードではキャッシングを利用することができなくなります。

キャッシング機能にも審査が必要ですので、元から付けられない方もいるんですよね。

私は利用することが無いと判断したし、できるだけ使いたくないという理由から無しにしました。

では、このクレジットカードでキャッシングができるのかと言うと、当然できませんよね。

そこで、クレジットカードを発行したものの、やっぱりキャッシング機能が欲しい!

と言う方は、Webサイトからログインしてキャッシング機能の申請をしてみると良いでしょう。

再審査となります(信販系のクレジットカードは総量規制の対象です)ので、必要書類を提出しましょう。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠に依存しますので、利用する際はショッピングでカードを使いすぎないようにしましょう。

こちらも参考にどうぞ^^

-お金を借りる際の注意して欲しいポイント, カードローン・キャッシングの基礎知識, クレジットカード関連のお話。

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.