こんなものに借金をしてはいけない! 借金に関する事例・対処法・コラムまとめ

苦労して稼いだお金が借金の返済で消えていく…あなたはどう思いますか?

投稿日:

月収20万円。

そのうち、借金の返済で70,000円が消えていくとしたら、あなたはどう思いますか?

20万円ももらえているんだから、70,000円くらい楽勝じゃん!

なんて思ったりしていませんか?

借金って不思議なもので、第三者から客観的に見ると全然大丈夫じゃないの?

って思っちゃうんですよね。

例えば、月収20万円の方が念願の車を手に入れました。

月々のローンが50,000円。

残り15万円もあるんだから、全然余裕じゃん?

いやいや、この他に家賃50,000円、光熱水費に生活費、食費など…

残るお金は微々たるものです。

そんな状況、イヤですよね?

先ほどの話に戻りますが、月収20万円の方が借金で70,000円返済するって、これはもう生活が破たんしてもおかしくないレベルです。

残り13万円、節約すれば確かに生活できるかもしれません。

しかし、70,000円もの借金を作る人ですから、当然節約なんてできるわけがありません。

借金に借金を積み重ね、今後更に支払いが増える可能性すらあります。

月収20万円の人の生活する場合のシミュレーション

月収20万円で生活をするとすれば、どんな支出となるのでしょう?

  1. 家賃:50,000円
  2. 食費:20,000円
  3. 光熱水費:15,000円
  4. 生活必需品:5000円
  5. スマホ代:10,000円

合計:100,000円

これに先ほどの70,000円の支払いを合わせると、合計で17万円になります。

つまり、残ったお金は30,000円ですよね?

お小遣いとしては十分なレベルかも知れませんが、もし生活費のどれかで費用をオーバーした場合、どうでしょう?

残金が20,000円台になります。

これ、ユニクロで服を購入してちょっとカフェに行ったら消えてしまう金額です。

そんな残金で生活できると思いますか?

これはかなり厳しいですよね?

また、これを補てんするためにキャッシングやカードローン、クレジットカードを利用するわけですので、借金がどんどん増えていきます。

月収の大部分を借金の支払いで無くなってしまう方は、恐らく多重債務者でしょう。

大きな金利で数百万円借入れを行った場合でもこんな金額にはなりません。

借金を借金で返済する、自転車操業は破たんが近い証拠でもあります。

借金を増やすことばかりするのではなく、減らすことを考えなければなりません。

借金を減らすには、要は借りなければいいのです。

それが難しいから多重債務者となってしまうワケですけど。

弁護士に相談しても良いレベル

月々の支払いが70,000円となると、恐らく借金の総額は数百万円になるはずです。

そんな金額、月収20万円の方が返済できる見込みはありません。

従って、自転車操業でやりくりするのではなく、早急に弁護士に相談するなり、何らかの対策を講じなければ非常にヤバいです。

今後の生活のこと、考えて行動してみましょうね。

-こんなものに借金をしてはいけない!, 借金に関する事例・対処法・コラムまとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.