カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

Mobit(モビット)はどんな消費者金融?特徴と評判まとめ!

更新日:

モビット

Mobit(モビット)はテレビCMなどでもおなじみの大手商社金融で、キャッシング初心者でも利用しやすい貸金業者です。

やり方次第では最短即日融資も可能で、条件によっては電話による電話連絡は無いなのが最大のメリットではないでしょうか。

他の消費者金融よりも限度額の上限が800万円と大きく、カードローンとしても利用することができます。

初めてキャッシングを利用される方に特におすすめです。

Mobit(モビット)の特徴

電話連絡無しの唯一の消費者金融

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方であれば、ネットからの申し込みだけで審査・融資が可能です。

つまり、すべてWeb上で完結させることができるため、秘密でキャッシングを利用したい方には特に朗報ではないでしょうか。

郵送物なども一切なく、すべてネット上でやり取りを行うため、極秘で借り入れを行うことができます。

*在籍確認はモビットが必要と判断した場合はあります。

最短即日融資も可能(条件による)!

急いでお金が欲しい方でも、モビットはしっかり対応してくれます。

ただし、要件を満たすにはある一定の条件が必要となります。

  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っている
  • 健康保険証と他1点(住民票など)を持っている
  • 運転免許証やパスポート等、本人確認のための書類を用意できる
  • 現在の収入を証明できる書類(源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・直近2か月分の給与明細書)を用意できる

これらの条件を満たせば、最短即日融資が可能です。

ただし、モビットでは審査が最短1時間とかそういうわけには行きませんので、最短即日融資を求めている方であれば午前中に申し込みを行う準備をすることが必要となります。

あまり慌ててキャッシングを求めていない方向けかと思いますので、すごく急いでいる方はこちらの消費者金融を利用するほうが良いかもしれません。

実質年率3.0~18.0%、最大限度額が何と800万円!

モビットの最大の魅力と言えば、この限度額ですね。

とは言え、モビット自体は消費者金融ですので、総量規制の対象となっています。

年収の1/3以下が借入可能額となりますので、限度額一杯を借り入れるとするならば、その人の年収は2,400万円以上となる計算ですので、事実上不可能かと思われます。

ここまで借り入れを行うことは恐らくないと思いますが、限度額のリミットが大きいことはメリットとなり得ます。

つまり、800万円とはいかなくても、数百万円の限度額を利用することができるとすれば、ローンの一本化も考えられる計算となります。

最近の消費者金融は銀行系カードローンにも負けないくらいのポテンシャルを持っているため、侮れません。

申し込み方法はWebか無人契約機の2種類

モビットには友人の店舗がありませんので、窓口での契約の受け付けは行っていませんが、無人契約機なら用意されています。

数が少ないうえに行くのが面倒だし、誰かに見つかったらどうしようと思っている方は、断然Web申し込みがおすすめです。

Web申し込みにも2種類の方法があります。

Web完結申込

文字通り、申し込み・審査・融資をインターネット上で行う方法です。

必要書類の提出などは、スマホで撮影した画像を添付すればOKですので、非常に簡単で楽です。

郵送の手続きが不要ですので、スピーディーに対応することができます。

そのため、場合によっては最短即日融資も可能です。

秘密厳守でキャッシングの利用を開始したい方はこちらを選ぶほうが良いでしょう。

なお、審査結果はメールでお知らせとなります。

カード申込

Web上、もしくは一部を電話対応にて受付し、審査結果はメールかお電話での対応となります。

その後、郵送で手続きをしてカード発行という流れになりますので、時間がかかってしまいます。

カードを持っていればいつでもATMがあれば現金を借り入れることができますので、急いでいない方はこちらを利用してもよいと思います。

なお、カードはWeb申し込み後でも発行可能ですので、簡単かつスピーディーに事が進むWeb申込がおすすめです。

『Myモビ』と言う会員サービスを利用する

Myモビとは、インターネット上で融資の申し込み、返済などが行える会員専用サービスです。

モビットの審査が通り、キャッシングを利用することになれば、こちらを中心に利用することになります。

スマホ上からアクセスして利用できますので、必要な時に融資を受けられるメリットがあります。

モビットカードで利用できるATM

多くの銀行ATM、提携コンビニATMで現金の借り入れが可能です。

モビットカードは審査完了後でも発行することができ、24時間いつでも利用したい方には便利なカードです(深夜の数十分は利用不可の場合あり)。

なお、提携ATMでも手数料がかかったり、利用明細が郵送で届くことがあります。

利用明細が郵送で届くのが嫌だという方は、こちらを利用されると便利です。

モビット

モビット

Mobit(モビット)の申し込み方法

Webの場合は、24時間いつでもどこでも申し込み可能です。

スマホでも申し込み可能です。

やり方はカンタン。

必要事項を入力し、必要書類をスマホで撮影し、添付します。

Web完結申込で必要なもの

  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っている
  • 健康保険証と他1点(住民票など)を持っている
  • 運転免許証やパスポート等、本人確認のための書類を用意できる
  • 現在の収入を証明できる書類(源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・直近2か月分の給与明細書)を用意できる

まず、『三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っている』と言う項目が無ければネットでの利用開始ができません。

この2つの銀行口座が無い場合は、カード申込となってしまいます。

その場合、最短即日融資や次の日からの利用は難しいでしょう。

入力が終わり、送信すればあとは審査結果を待つだけです。

結果はWeb完結申込の場合はメールにてお知らせしてくれるので、そのままMyモビにログインしてキャッシングの利用を始めることができます。

カード申込の場合はその後郵送で入会手続きをしてカード発行およびMyモビの利用開始となります。

契約書類に関して

Web完結申し込みの場合は郵送物は一切ありませんし、モビットの判断次第ではありますが、電話連絡もありません。

カード発行の場合、どうしても入会手続きで書類が必要となりますので、郵送されてきます。

借入と返済方法

借り入れ方法は、Myモビからの融資申し込みによる自身の口座への振り込み(3分程度で完了)、モビットカードを利用して提携ATMから現金を借り入れる方法があります。(*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

モビットの返済方法は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行なら自動引き落としを利用することができますが、それ以外の銀行口座では利用できません。

よって、自動引き落としを希望される方は、新たに上記2つの銀行のどちらかの口座を作るしかありません。

そのほかの返済方法としては、自身の銀行口座からモビット指定の口座への振り込み、提携ATMへの入金となります。

カードローンのようなキャッシングがモビットの特徴

モビットの審査のやり方は個性的ですよね。

電話連絡無しと言うのも消費者金融や銀行系カードローンを見渡してもモビットくらいしか見当たりません。

限度額も大きく、場合によっては金利も下げることができますので、使い心地は銀行系カードローンのような感覚です。

口座自動引き落としの融通が利かないことやカード発行の際は郵送で届くこと、その際に時間がかかることがデメリットと言えそうですが、それほど慌てて融資を求めていない方であれば、提携ATMも非常に多いですし、利用しやすい消費者金融かと思います。

数ある消費者金融の中でも特に大手でもありますし、信頼度が非常に高いため、キャッシングサービスを利用したことが無い初心者の方にもおすすめです!

Mobit(モビット)

電話連絡無し!Web完結申込が凄く便利

有人の店舗が無く、インターネット上を中心に展開する消費者金融。
大手ですし、知名度がバツグンで安心感も高いのが特徴です。
条件を満たせばカードレスにも対応可能でいつでも融資の申し込みが可能です!
口コミでの評判も良い初心者向けのキャッシング業者でもあります。

利率と融資可能額 実質年率3.0~18.0%
1万円~最大800万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短即日
(条件あり)
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

Mobit(モビット)公式サイトで詳細をチェックする!

次のページへ >

-カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.