即日カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

モビットは最短即日融資に対応しているのか、調べてみた

更新日:

安全・安心な消費者金融を利用したい!

と思っている方に人気のモビット。

消費者金融にしては限度額が非常に大きく、最大で800万円まで融資が可能なんだとか。

この辺りは総量規制と対象となっている消費者金融ですので、さすがに800万円を借入れるのは厳しいかなと思いますが、それでも限度額の大きさは魅力ですよね。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

それ以前に、消費者金融は最短即日融資に対応しているところもあって、特徴でもあるスピーディーな対応は銀行系カードローンではなかなかできない部分でもあります。

モビットは公式サイトには最短即日融資も可能との記載がありましたが、どの程度のスピードで対応してくれるのかをリサーチしてみました。

モビットの最短即日融資の方法

モビットは条件付きではあるものの、職場への電話連絡無しで融資を受けることができる、とてもレアな消費者金融です。

貸金業者から電話があると、なんとなくドキッとしてしまいますよね。

全てがWebで完結するシステムも魅力ですが、こちらも条件があります。

Mobit(モビット)はどんな消費者金融?特徴と評判まとめ!

詳しくはこちらを参考にしてください。

で、肝心の最短即日融資ですが、スピード的にはプロミスの方が上です。

なぜかと言うと、モビットでキャッシングするためには収入証明書や健康保険証と他1点(住民票など)の提示が必要で、審査にも一定時間かかるようです。

ですので、モビットで最短即日融資を受けるためには、少なくとも午前中に申し込みをしておかないと間に合いません。

これは、モビットの最短即日融資にはWeb完結申し込みが必須となるためです。

モビットには有人の店舗が無いため、カード発行を店頭ですることが出来ないんです。

そのため、Web申し込みが必須となるんですね。

よって、Webから融資の依頼をする際は、自分自身の銀行口座に振り込まれる形となるため、どうしても銀行が開いている14時50分までに融資決定をしておかないといけないわけです。

もしモビットを初めて利用する方で、最短即日融資を希望される方は、プロミスの方が早いと思われます。

PROMISE(プロミス)はどんな消費者金融?特徴と評判まとめ!

即日じゃなくてもいいのであれば、モビットを利用するのも良いでしょう。

なお、モビットで自動引き落としの返済を選択される方は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていないとできません。

それ以外の場合は自分で返済額をモビットの口座に振り込むことになります。

都市圏の方であればこの2つの銀行口座をお持ちの方は多いと思いますが、地方の場合は持っていないケースが多いですよね。

因みに私は北海道ですので、メインバンクは北洋銀行・北海道銀行となります。

この2つの銀行自体がほとんど無いため、持っている方も少ないんですよね。

この辺りがデメリットと言えるのではないでしょうか?

いずれにせよ、大手消費者金融ですので、キャッシング初心者の方にはおすすめです。

始めて利用されるのであれば、モビットかプロミスが安心感がありおすすめです。

-即日カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.