こんなものに借金をしてはいけない! 借金に関する事例・対処法・コラムまとめ

パチスロにハマって借金地獄…なぜハマってしまうのか

更新日:

パチスロ

パチンコやスロットなど、私たちの日常には誰でも簡単にギャンブルに手を出せる環境にあります。

そして、パチンコやスロットは一度大きく勝った味を忘れられないのです。

一度に大きな金額が手元に転がり込んでくるわけですので、もっと勝てると思い込んでしまいます。

パチンコやスロットは確かに娯楽ですが、反面お金がかかります。

私は一度もやったことが無いのにこんなことを書くのも気が引けるのですが(競馬はやってました)、すごく勝った時は1日に10万円以上を手にすることもあるんですよね?

それが30日続くと、月収300万円です。

でも、そんなの続くわけがありません。

なぜパチスロにハマってしまうのか

人間は勝ったことを良く覚えていて、負けたことをすぐに忘れてしまいます。

これはギャンブルだけでなく、相場においても同様のことが言えます。

副業やお小遣い稼ぎとして主婦を中心に人気のFXや株取引、先物取引。

インターネット環境があれば、誰でもカンタンに手を出せるようになっていますよね。

投資においても、勝ったことはよく覚えているのに、負けた時はすぐに忘れたくなるものなんです。

プラスに行っている時は決済したくなり、マイナスになれば決済したくない。

これが相場の心理なのです。

プロはそこを付け狙って儲けます。

投資はギャンブルではないと良く言われますが、これはプロからしてみたら確かにそうなのかも知れません。

しかし、上に行くか下に行くかもわからない状況で相場に挑むのは明らかにギャンブルです。

パチスロの場合も同じく、負けたら取り返したくなる衝動にかられます。

そしてまた負けて、さらに負けて、意地になって消費者金融でキャッシングをしてまた負けて…

結果的に借金しか残りません。

あなたはそんな生活で大丈夫ですか?

ドツボにハマってさあどうする?

基本的にギャンブルで負けたお金は取り返すことができません。

結局弁護士に頼ることになった場合、最も迷惑を被るのはパチンコ屋ではなく消費者金融と言うことになります。

あなたは借金を減額することが出来るかも知れませんし、精神的に楽になるでしょう。

でも、その反面他の人に迷惑をかけていることを忘れないでください。

まして原因はギャンブルです。

ギャンブルで負けた借金は自己破産しにくいかも知れません。

ですが、もし本当に困っているのであれば、迷うことなく弁護士など、専門の機関に相談することをおすすめします。

パチンコはお小遣いで!キャッシングを利用するな!

パチンコや競馬など、ギャンブル目的でキャッシングを利用する方がいます。

こうした方々は大概多重債務者となり、借金で首が回らなくなり、結果弁護士のもとに駆け込むことになります。

しかし、キャッシングを利用するうえで、ギャンブル目的はご法度です。

従って、ギャンブルで借金を作った場合、自己破産することができないケースがほとんどです。

つまり、借金から逃れることができないため、どうやっても返済するしかなくなるんですよね。

キャッシングでギャンブルはNG

もともとキャッシングは、生活費の補てんなどを目的としています。

フリーキャッシングなので、利用目的は自由ですが、度を越えた利用は身の破産を招きます。

ギャンブルは特に浪費が激しく、キャッシングまで手を出してしまうということは、相当依存症となっているはずです。

つまり、趣味の範疇を超えているため、こうした事例ではほとんどの方が借金地獄へと堕ちてしまうんです

パチンコは毎日どこでもオープンしており、最も身近なギャンブルです。

競馬や競艇などは、期間が決められていますので、開催日にしかできませんが、特にパチンコにおいては借金を作りやすいのではないかと思います。

言っても無駄かもしれませんが、キャッシングは利用方法によっては生活を豊かにしてくれますが、ギャンブルで利用することは間違いなく豊かにはなりません。

利用方法は計画的に、かつ慎重に。

こちらもあわせてご覧ください。

-こんなものに借金をしてはいけない!, 借金に関する事例・対処法・コラムまとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.