こんなものに借金をしてはいけない! カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

課金制ゲームでクレジットカードやキャッシングを使用していると言う人も

投稿日:

スマホでキャッシングの申し込み

クレジットカードもキャッシングも、使い方を制限しないと後々大変なことになります。

課金制ゲームをこよなく愛している人の事例です。

課金制のゲームに月10万円かける人もいる。

普段からあまり外に出ず、出てもスマホゲームばかりやっていると言う人。

仕事をしていて、安定した給料をもらっているのに貯金が全然貯まらない。

その理由は、課金ゲームに全力を注いでいるからです。

数千円ならまだしも、いわゆる『鬼課金』と呼ばれる部類の方は、ゲームに自分のお金をつぎ込むことを躊躇いません。

月々にかかる費用、10万円以上。

実に給料の半分がゲームで消えていきます。

課金制のゲームにお金を支払うと、残るのはデータです。

つまり、モノになることがありません。

そのゲームが廃れてしまった時、やめてしまった時、一体どのくらいのお金を使ったと考えるのでしょうか?

私は基本的にゲームはしませんので、スマホゲームもほとんどやったことがありません。

ですので、ぶっちゃけゲームにお金をかけること自体が考えられないのです。

しかしやっている本人はすごく楽しいのでしょう。

自分のそれを当てはめてみた時、最もお金を使うことって何だろうとちょっと考えてみました。

私の場合は恐らく服ですね。

ファッションが好きなので、服のために10万円用意してあげるから好きなの買いなよ!

って言われたら、一瞬で使い切ってしまう自信があります。

ですが、普段はそれをしません。

欲しいですけど、生活が懸かっていますのでできないんですよね。

ですが、課金制ゲームの場合、後先のことはあまり考えていないようです。

ゆえに、給料のほとんどをゲームに費やしたとしても、本人にとっては全くノーダメージなんだと思います。

課金制ゲームで借金をする人がいる

こうしたゲームで最も恐ろしいのが、クレジットカードで課金することが出来ることです。

クレジットカードって、お買い物などでお金を使っている意識が無さ過ぎて、つい使いすぎてしまうんですよね。

私は最近ほとんどクレジットカードを利用していないのですが、そんな理由があるからなんです。

でも、ゲーム課金はほとんどの方がクレジットカードを利用しているのではないでしょうか?

若しくは、スマホの料金と合算して支払っているとか。

スマホ料金と合算して支払う場合はたしか制限があるはずです。

ですので、鬼課金する方は基本的にクレジットカード使用が多いと考えています。

お金の使い方は、こうした事例もあるのかとちょっと恐怖を感じてしまいました。

ポケモンGOの登場で鬼課金する人が増えそう…ほどほどに。

最近登場したポケモンGOなんて、ちょっと恐ろしいですよね。

課金してモンスターゲットだぜ!

なんてできたら、多分多くの方が課金するのではないかと思います。

私にはちょっと考えられないことですので、話題としてピックアップしてみました。

ポケモンGOの登場で鬼課金する人が増えそう…ほどほどに。

ポケモンGO

日本でも遂に解禁となったポケモンGO。

街中ではすでにプレイしながら歩いている人を何人も見かけています。

ポケモンGOは基本無料でプレイすることが出来ますが、ここはやっぱりゲーム。

課金すればするほど有利にゲームを進めることができます。

最近のゲームは変わりましたよね。

ゲーム機を使用するならソフトを購入するだけで良いですが、課金となると制限なく利用する人が増えてきそうです。

当サイトはキャッシングやカードローンをおすすめしているポータルサイトだけに、ポケモンGOのために借金をする人も出てきそうな感じがしています。

いわゆる鬼課金に注意

ゲームの課金制って、後先考えずにお金を投資する人が結構多いんですよね。

月に10万円単位で利用したりする人もいるため、大ヒットゲームを開発すれば運営会社側はウハウハです。

社会現象にもなりつつあるポケモンGOの場合、この鬼課金者が増えそうな感じがします。

10万円、20万円を平気で投資し、後で大変な目にあう。

課金のためにクレジットカードを利用し、生活費のためにキャッシングやカードローンを利用しそうな勢いです。

また、ポケモンGOはこんな危険性も懸念されています。

ポケモンGOって凄く危ない気がしてならないのは私だけではないはず…

ただでさえ歩きスマホが問題となっている昨今、それを助長するようなゲームですので、すごく危険な気がします。

まあ、これもまだ利用者が浸透してきていない状態でのことですので、もしかしたら大丈夫なのかもしれませんね。

最も危険なのは、鬼課金ですね。

ゲームで借金を作らないように、自分で制限をかけて利用したいものですね。

キャッシングをして返せないと…どうなるの?

キャッシングはお金を借りることですので、当然返済する義務が生じます。

数年延滞を放置すれば時効が成立するって言われていますけど、はっきり言ってそれは不可能です。

一度でも向こう側から連絡が来れば、時効不成立ですので。

では、キャッシングをしたものの、返せない場合はどうしたらよいのでしょうか?

取りあえず消費者金融に相談してみる。

キャッシングを利用した消費者金融に、まずは相談してください。

こういった相談には慣れているはずですので、きっと親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

ただ、何度も滞納しては放置しているようでは相談に乗ってくれるものも乗ってくれなくなってしまいます。

向こうも人間ですので、約束を守れない人間にはそれなりの対応が必要となるわけですね。

もしかしたら返済猶予をくれたり、もう少し月々の返済金額を抑えてくれたりなど、柔軟に対応してくれる可能性もあります。

まずは正直に返済できない旨を伝えておいた方が得策と言えるでしょう。

おまとめローンを活用する。

消費者金融にはおまとめローンが用意されているところもあります。

おまとめローンはその名のとおり、借金を一つにまとめてしまうことを言います。

総額で100万円以上の借金があるのであれば、消費者金融でも金利が15%まで下がりますし、利用してみても良いかと思います。

ですが、10万円程度しか借りていないのにおまとめローンを利用するのは意味が分かりません。

とはいえ、少額融資を受けていたとしても、それが複数重なれば月々の返済額が大変厳しいものになりかねません。

ただし、この場合は通常のキャッシングを利用して一括返済してしまった方が得策と言えるでしょう。

弁護士に相談する。

どうしても返済が困難だった場合は、弁護士に相談するのも一つの手です。

ですが、それほど合計金額が多くないのであれば、前出の消費者金融に相談してみる方が良いかと思います。

本当に返済が困難な総額になった場合は弁護士に相談することも考えておく必要があるかと思います。

その際、債務整理・民事再生・自己破産の3パターンが主になります。

最近は100万円程度の借金でも自己破産を選んだりする方も多いようです。

債務整理の場合は借金の元金の総額自体は減らないため、逆に月々の返済額が増えてしまう可能性もあります。

弁護士に相談するためにも費用が掛かりますし、この辺りは慎重に考えるべきでしょう。

自転車操業にはならない様に、計画性を持って利用しましょう。

借金は1本だった場合は、消費者金融の場合は月々の返済金額を抑えて利用することができます。

ですが、1万円~2万円の借り入れやクレジットカードのリボ払いが複数溜まった時、重複して返済する必要が生まれますよね。

そうなると、総額では数十万程度の借金だったとしても、月々の返済額がかなり増えてしまう可能性があるため、消費者金融でその金額を一括で借り入れ、相殺する方法も考えてみるのが良いと思います。

高額ではない限り、おまとめローン以外でも十分に役に立ちますので、もし悩んでいる方がいるのであれば、消費者金融はそういう利用方法もあるんだと言うことを覚えておいてくださいね。

こちらも合わせてどうぞ^^

-こんなものに借金をしてはいけない!, カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.