カードローン・キャッシングに関する情報まとめ キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ 借金に関する事例・対処法・コラムまとめ

借金を一本化!消費者金融・銀行の『おまとめローン・借り換えローン』を有効利用・メリットなど

更新日:

借金の一本化

おまとめローンと言うと、銀行系カードローンのようなイメージがあるかもしれませんが、実は消費者金融にも用意されているんです。

若干金利面での不利があるもの、審査が厳しい銀行系カードローンよりもこちらを選ぶ方もいます。

ただし、おまとめローンや借り換えローンには、一定の基準があります。

今回はカンタンにそのことについてご説明したいと思います。

消費者金融のおまとめローン・借り換えローンの特徴

消費者金融の限度額、あれってあそこまで貸してくれるものなの?

ってちょっと疑問に思ったことはありませんか?

だって、プロミスの場合、最大融資額が500万円なので、ざっくり言うと年収にして1,500万円が必要となります。

つまり、一般的なサラリーマンの場合、この金額を借り入れするのはかなり困難なお話です。

ですが、もしかしたら借り入れできる可能性があるんですよね。

それが、おまとめローン借り換えローンです。

基本的にローンをまとめて一本化することを目的としているため、一度利用するとその後の追加融資はできません。

ゆえに、別の目的で融資されたお金を使ってしまった場合、総量規制の対象となる通常のキャッシング自体ができなくなりますので、注意してください。

総量規制との関連性

おまとめローンや借り換えローンは、総量規制の例外として扱われますので、年収の1/3以下と言う借り入れ制限が解除されることになります。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

まず、消費者金融には総量規制と言うものがあるため、年収の1/3以上を借り入れることができません。

おまとめローンや借り換えローンは『対象外』と言うわけではなく、『例外』として取り扱われます。

つまり、これは一時的な制限の解除であって、『対象』であることには変わりありません。

ゆえに、この『例外』によって年収の1/3以上を借り入れてしまうため、『対象』である通常のキャッシングが利用できなくなる、と言うことですね。

わかりますか?

総量規制の例外にはこの他にも病気入院や手術費用の融資など、緊急性を要するものなども含まれています。

詳しくはリンク先をご覧ください。

基本的にネットでの申し込みはできない

これらのおまとめローンや借り換えローンは、金額が大きくなるため、ネット上での申し込みができません。

もしくは、申し込んだ後に店頭や無人契約機へ行って審査を受けなければなりません。

ですが、消費者金融の最大のメリットでもある最短即日融資にも対応しているため、うまくいけば早期に融資を受けることができる可能性があります。

これだけの金額なので、最短即日融資の必要性があるかは謎ですが、テンポよく融資までこぎつけられるスピーディーな対応はユーザーにとってうれしいことではありますよね。

支払い総額よりも月々の負担を減らしたい!

大きな借金やローンを組んだことが無い方は、総額に目が行ってしまいがちです。

まあ、当然のことなのでしょうけど、500万円借り入れて、700万円返済するのと600万円を返済するのでは実に100万円もの開きがあるわけですので、決して無視できないことではあります。

ですが、お金が無い方にとって、月々の支払いが40,000円なのか、50,000円なのかではかなり負担が違うんですよね。

例えば、先ほどの例を挙げて説明しますと、

借入金額:500万円(あくまで例です)

  1. 返済額が700万円で月々の支払いが40,000円
  2. 返済額が600万円で月々の支払いが50,000円

月収20万円、家賃で60,000円かかるとして考えましょう。

この場合、残ったお金は10万円。

その中からさらに光熱水費や生活費を引くことになりますので、残るお金は5万円以下となります。

この返済額の場合、わずか10,000円の違いでも月々の生活の負担が少なくなりますよね。

10,000円なら独身であれば節約すれば月の2/3程度の食費に相当する金額です。

10,000円あれば、好きな服を数着買えます。

10,000円あれば、大好きなカフェでゆったりまったりすることができます。

10,000円あれば、日帰り旅行へ行くことができます。

このように、僅かな金額でもQOLを自ら得ることが可能となるわけです。

例え総額が増えたとしても、このメリットは大きいもので、お金では解決することができない精神的な『ゆとり』を生み出す結果にもなります。

借り入れを検討している方は、総額を減らして月々の負担を大きくし、できるだけ早く返済する方法を選択するか、返済額が増えても月々の負担を抑え、見込みが立つその日まで長期で返済する方法を選択するか、どちらか自分にとって有益な方を選んでください。

(上記の返済額などは、すべて例として挙げているだけですので、実際には計算してみないと結果がわかりません)

100万円以上の借り入れの場合は、金利は15%以内に

消費者金融の金利は、おおむね18.0%、利用実績に応じて下がったりします。

ですが、100万円以上の融資の際は、最高金利は15%となることが法で決められています。

ゆえに、そのほかの銀行系カードローンを含めても、これ以上の金利になることはありません。

もしこれ以上になる場合は、それはインチキですので、利用自体始めることを考え直した方がよいでしょう。

これは、おまとめローンや借り換えローンも同様です。

消費者金融のおまとめローンは、プロミス、モビット、アコム、アイフルが取り扱っています。

つまり、大手消費者金融は大体が取り扱っているということになります。

銀行系カードローンを含め、色々と検討してみることをおすすめします。

借金を一本化するには?メリットとデメリットを考察する。

借金の一本化

多重債務気味になってくると、借金の一本化を考えたくなります。

しかし、既に多重債務者となっている方は、新たな借入れができない場合があります。

そうならないためにも、あらかじめ借金を一本化する『おまとめローン』などを考えた方が良いでしょう。

借金を一本化するメリットとデメリット

借金を一つにまとめると、どんなことがメリットなのかと言うと、

  • 月々の支払額が減額できる可能性がある
  • 1か所にまとめることで見通しが立てやすい
  • 総額いくら借入れを行っているのか明確になる

まあ、こんな感じでしょうか?

ただ、いくら一本化できると言っても、結局月々の支払額が変わりないと言うケースもありますので、その辺りはしっかりと把握してから利用した方が良いでしょう。

一方、デメリットはと言うと、

  • 既に多くの借入れを行っているため、限度額が低い
  • そもそも審査に通らない可能性がある
  • 月々の支払額があまり変わらない
  • 利息を含めると結果的に総額が増える場合もある

借入れの金額によっては逆に支払総額が増えたり、月々の返済額が増えたりするケースもあるんですよね。

これは借入れを行う消費者金融や銀行、信販会社によりけりです。

一番の問題点は、果たして借入れを行えるかどうかです。

これが一番大きいですよね。

私の友人に、100万円の借金を一本化した方がいるのですが、結果的に意味を成さなかったと言っています。

と言うのも、3か所からクレジットカードのショッピングを含めた借金をしていたのですが、まとめても月々の支払額が変わらなかったと言う事例です。

これもカードローンの選び方と限度額がいくらになって設定される金利がいくらなのかによります。

ですが、おまとめローンは需要が非常に高く、見通しが立てやすく返済しやすい点は見逃せないメリットです。

有効利用できればいいのですが、あなたはどうしますか?

月々の負担が軽くなる事例

4~5社、計100万円程の借入れがある場合で、月々の支払額が50,000円程度になってしまいました。

そこで、1社にローンをまとめることに。

カードローンを申し込み、100万円の限度額が採用されたため、ひとまとめにしました。

月々の支払額が20,000円程度に減額されたため、生活にかなりゆとりができ、わずかながら貯金をすることも可能となりました。

この貯金が何事も無く貯めることができれば、そのうち一括で返済したいと思います。


そうです、複数業者から借り入れを行い、合計金額が低いにもかかわらず月々の支払額が多い場合はおまとめローンの効果が発揮されると言うワケです。

ただし、おまとめローンでどうしても外せないデメリットが、長く支払いを続けていくことになるため、利息分を多く支払う必要があると言うことです。

月々の支払額が50,000円だった場合、100万円のローンなら単純計算で20回で返済可能ですよね?

ところが、月々20,000円の返済額だった場合は単純計算で50回かかるわけです。

当然返済をしている間は金利が発生していますので、通常よりもかなり多く支払うことになります。

恐らく利息分を含めると50回では返済が完了しないはずです。

こうしたデメリットもあると言うことを念頭に、おまとめローンや借金の一本化を考えるようにしましょう。

おまとめローンを主婦でもできる?そもそも審査に通るのか?

数社の消費者金融から借入れをしており、月々の支払いが大変だからローンをまとめてしまいたい!

と思っている主婦の方って結構多いと思います。

こうしたケースの場合、まず『おまとめローン』を考えるかと思います。

でも、兼業ならまだしも主婦でおまとめローンって契約することができるのでしょうか?

結論から言うと、できないことはないです。

…なんだか曖昧な言い方になってしまってますけど、これにはちょっとした理由があります。

主婦でもカードローンの審査に通る?

まず、おまとめローンを利用するには、カードローンの審査に通らなくてはいけませんよね。

これって、主婦でもできるのかと言うと、実はできるところもあるんですよね。

ただし、夫の収入証明などが必要となりますし、限度額が30万円~50万円程度となります。

当然自分自身では収入が無いため、非常に低額な限度額となってしまうのは仕方がありませんね。

ただ、この金額だとおまとめローンにはならないかもしれません。

基本的にはおまとめローンを主婦の方が利用するには特別な理由があると思うんです。

それを省いたうえでご説明しますが、おまとめローンを利用すると言うことは、当然家族で会議を開くことになると思うんですよね。

それなら夫の名義でカードローンを利用して借金を一括にまとめてしまうのが一番有効な手段だと言えるでしょう。

夫に秘密でおまとめローンを利用したいと言う方はどうすればいい?

えーと、凄く特別な事情があるんですよね。

この場合は、先に述べたとおり、限度額30万円~50万円で利用する以外に方法は無いと思います。

また、審査には必ず夫の収入証明書が必要となります。

ですので、最悪バレる可能性もあると言うことを念頭に申し込みを行わなければなりません。

消費者金融でおまとめローンは利用できる?

残念ながら、消費者金融は主婦の場合、大手消費者金融はほとんど利用することができません。

総量規制で引っかかってしまうんですよね。

ただ、パートに就いている方であれば、収入があると言うことになりますので、審査に通る可能性がグッと高くなります。

なお、キャッシングでも総量規制があるものの、利用することができる業者も少なからず存在します。

この場合、夫に安定した収入とそれを証明する書類、および夫の同意が必要となります。

おまとめローンならカードローンの方がおすすめ

ただし、キャッシングの場合、利息が高めであることと元々一括返済を想定しているため、おまとめローンには不向きです。

分割返済が可能で利息が低いカードローンの方が圧倒的に有利と言えるでしょう。

カードローンの多くは総量規制対象外ですので、主婦でも申し込み可能であるケースが多いんですね。

ただし、夫の収入証明はもちろん、パートに就いて少しでも収入が必要な場合や夫からの同意が必要な場合もありますので、必ずしも審査が通るとは限りません。

限度額も低めですので、実際のところはおまとめローンには不向きなんですよね。

最善の方法は、夫にカードを作ってもらうこと。

借金は家族間の問題です。

自分が隠れて作ってしまった借金についてはどうにもならないかもしれませんが、正当な理由があるのであればはっきりと伝えて早めに相談するべきです。

借金がかさんでしまった時では遅すぎます。

おまとめローンの最善の方法は、安定した収入がある夫名義でカードを作ることです。

限度額の大きさも違いますし、最もおすすめです。

ローンを一本化すると月々の返済はどうなる?ちょっと考えてみた

キャッシングの審査

借金やローンを一本化する話はすごく多いですよね。

特に調べる人が多いせいか、ネット上でも色々な話が出ています。

借金やローンを一本化するというのは、いわゆる『借り換えローン』や『おまとめローン』が該当します。

この他にも、これらを利用できない人が銀行系カードローンやフリーキャッシングを利用するという手もあります。

ローンを一本化するとどうなるかと言うと、単純に考えれば月々の返済が減ることになりますよね。

ですが、ローンを一本化しても全然減らないケースもあるんです。

今回は、ローンを一本化するとどうなるのかを書きたいと思います。

ローンを一本化するとどうなる?

A社から50万円、B社から30万円、C社から10万円、クレジットカードも20万円と30万円利用しており、借金で首が回らない。

月々の返済額を減らして、何とか生活費を確保したいと考えています。

もうこれ以上の借り入れができない可能性があるため、早急に何とかしたいと思っています。

まず、おまとめローンの審査が通るかどうかが問題

借金をまとめようにも、おまとめローンは金融会社から借り入れるため、審査を受ける必要があります。

審査の厳しさから言うと、銀行>カードローン>消費者金融と言ったところでしょうか。

ですが、消費者金融が審査に通りやすいというわけではないので、そこは勘違いしないようにしてくださいね。

まず、月々の支払額をチェックしてみると、すべて合算して90,000円弱だそうです。

返済回数や金利などはわかりませんが、これだけの額を一般家庭が支払い続けるとなると、非常に困難ですよね。

そこで、審査に通ったと仮定して、金利15%のおまとめローンを利用した際のシミュレーションをしてみようと思います。

細かな計算ではなく、大まかなのはご了承ください。

合算すると、総額130万円

まず、すべての借金を合算します。

すると、この金額になります。

つまり、月々90,000円を14~15回支払えば完済となるわけですよね。

でも、これってあと1年弱続くわけですので、正直厳しいと思います。

何せ一般的なサラリーマンの月収の半分近くが返済になってしまうわけですから、今後さらに借金が増える可能性があります。

借金をしないで生活することができるのであれば、何もおまとめローンを利用する必要はありません。

なぜかと言うと、こうした理由があるからです。

  1. おまとめローンにすると、月々の返済額が減るが返済期間が長くなるため、利息分の支払いが高くなる。
  2. 返済期間を短くすると、月々の返済額があまり変わらない可能性もある。

つまり、意味が無いばかりか、火に油を注ぐような感じになってしまいますよね。

利息分の支払いが高くなってもいいから月々の返済額を軽減したいと考えている方は、これおすすめなんですよね。

借金で苦しんでいる方は、総額で増えることよりも月々の返済額が減ることを望んでいます。

従って、もしおまとめローンの審査が通るのであれば、申し込みをしたいと考えている方がほとんどではないでしょうか?

ゆえに、②の項目を選択する人はあまりいないのではないかと思います。

では、当サイトでおすすめの消費者金融のプロミスで返済額をシミュレーションしてみましょう。

もし130万円を36回で返済するとするならば、金利15%の場合であれば以下の通りになります。

  • 買い入れ総額:130万円
  • 返済期間:36か月
  • 金利:15%

毎月の返済金額:45,064円

このようになりました。

月々90,000円ほどの支払いが、半分に。

これなら何とか生活できるのではないでしょうか?

これを48回にした場合は36,179円、60回にした場合は30,926円となります。

*プロミスの返済方法を基準に考えていますので、他社では変動する場合があります。

回数を増やせば増やすほど利息が多くなりますので、36回程度がちょうどよさそうな感じですね。

おまとめローンのメリット

おまとめローン、特に消費者金融には何事にも代えがたい、最大のメリットがあります。

それは、通常のフリーキャッシングであれば金利が18.0%程度であるのに対し、100万円以上のおまとめローンの場合は金利が15%まで下がることです。

この3%の差はかなり大きいです。

例え返済回数を減らし、月々の返済額を90,000円にしたとしても、金利面ではかなり有利になります。

月々90,000円弱の支払いですので、仮にあと16回支払いが残っているとして考えると…

  • 金利18.0%の場合:1,471,904円
  • 金利15%の場合:1,442,400円

差額:29,504円

約30,000円も浮くことになります。

これが長期のローンの場合、差額がかなり大きくなることを意味しています。

恩恵がありますが、デメリットもあります。

それは以下の通りです。

  1. 結局支払いが厳しくなっても、もう借り入れできない(総量規制により)。
  2. 長期になればなるほど結局利息で多くとられる。
  3. そもそも審査に通るかどうかが問題。

おまとめローンもかなり計画性を持って挑まないと、後でつらい目にある可能性があります。

現状の返済額と月の借入額を照らし合わせ、現状の生活をキープしつつ借り入れしなくてもよい状況を作るには月々どのくらいの返済額が妥当なのかを綿密に考えておく必要があります。

例えば、月々40,000円借り入れをしている状況であれば、月々の支払額を40,000円下げるようなシミュレーションをしてみましょう。

おまとめローンをすると、もう借り入れできない可能性が濃厚です。

なぜなら、総量規制の対象となるからですね。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

おまとめローンは総量規制の例外として認められますので、一時的にこの規制が外れることになります。

ですが、借り入れした後は再び規制となるため、おまとめローンで借り入れた金額が年収の1/3以上だった場合は、以下になるまで借り入れすることができません。

その辺りも考えつつ、おまとめローンや借り換えローンを検討するようにしましょう。

プロミスのおまとめローンについて 利用方法や審査・融資に関して

プロミスでは、様々な金融商品を取り扱っており、フリーキャッシングのほかにおまとめローンもあります。

おまとめローンとは、複数の借金を一本化したいと言う方におすすめのプランで、総量規制の例外となるため、年収の1/3以上の融資が可能です。

もしあなたが借金が多くなりがちになり、月々の返済が厳しいと感じることがあるなら、一度相談してみてはいかがでしょうか?

では、プロミスのおまとめローンに関してちょっとだけご説明します。

プロミスのおまとめローン

プロミスはWeb申込から融資まで、一括でインターネット上でできるのが特徴ですが、おまとめローンに関しては直接店舗へ行くか、お電話での受付となります。

私がおすすめするのは、店舗へ直接行くことです。

有人なら店頭で、無人契約機ならそちらにも直通の電話が用意されています。

プロミスのおまとめローンのメリット

プロミスの返済方法は、『残高スライド元利定額返済方式』と呼ばれる返済方法です。

カンタンに言うと、融資額によって最低返済金額が決まっているものの、それ以上であれば月々の返済額が一定になる仕組みです。

金利の差額分は一番最後に支払います。

この仕組みは、最後に借り入れた金額を合算した合計金額により返済金額が変わります。

よって、おまとめローンの場合はそれ以降の借り入れができませんので、返済は始めに提示された金額を支払うことになります。

つまり、スライドすることがありませんので、『元利定額返済方式』と言うことになりますね。

月々の返済下限額が40,000円だった場合は、返済終了まで40,000円を支払い続けることになります。

でも、これじゃあまり得した気分にならない…

そう感じている方は、利率を計算してみて下さい。

借金の合計が100万円以上あった場合、プロミスで借りる金額も100万円以上となるはずです。

プロミスでは、100万円以上の借り入れの場合、利率が15%となるため、100万円を分散して借り入れしていた場合、まとめると金利面でお得なんです。

返済期間が同じだった場合、その差は数万円~数十万円にもなることがありますので、これはかなり大きいんです。

しかも月々の返済額が軽減する可能性もありますので、やらない手はないんですよね。

また、返済回数は1回~120回まで選ぶことができます(金額による)。

相談の上で返済回数が決定しますので、長期を希望される方は伝えるようにしましょう。

ただ、おまとめローンは審査に通らないと利用できませんので、書類をしっかり揃え、おまとめローンを利用するまでは返済が滞ることのないようにしておきましょう。

プロミスのおまとめローンに関する必要なものは、公式サイトをチェックすればすべて掲載されていますので、チェックしてみましょう。

PROMISE(プロミス)

安心の消費者金融最大手!即日対応

最短即日融資は最短で最短1時間。知名度も人気も対応も全てにおいてトップレベルなのがプロミスです。
返済は自動引落対応なので、カードローンと同じような利用方法が魅力です。
早くてカードレスにも対応可能、申込も審査も全てWeb完結できるから便利なことこの上ないです。
すぐに借りたいけど利便性の高いキャッシングを探している方に最もおすすめです。
※対象金融機関は200行以上あります

 

利率と融資可能額 実質年率4.5~17.8%
1万円~最大500万円まで融資
最短即日融資 対応:審査から融資まで最短で最短1時間
申し込み方法 Web・店舗
書類郵送 Web申し込み・口座振替選択で輸送物無し
カードレスにも対応可能(店頭で発行可能)

 

 

【結論】借金を一本化する『おまとめローン』は実際に使えるのか

多重債務者など、色々な消費者金融やカードローン会社から借り入れしている時、いっそ借金を一本化してしまった方が月々の支払いが楽になる。

そう考えて、色々と探している方って結構多いんじゃないでしょうか?

いわゆるおまとめローンは、こうした機会で利用されることが多いのが特徴ですよね。

借金を一本化すると月々の支払いが本当に楽になるのでしょうか?

ケースバイケースである。

要はその借金の度合いにもよります。

複数の金融機関・貸金業者から借り入れがある際は、借金を一本化してしまった方が月々の支払いが楽になるケースがあります。

しかし、場合によってはあまり返済する額が変わらないケースもあるんですよね。

これは、既に多重債務者になってしまっていること、新たな借入れのために審査に出してもなかなか通らなかったり限度額が低すぎて使い物にならなかったりするためです。

銀行ではこのな場合、おまとめローンが用意されていることもあるのですが、なかなか審査が難しかったりします。

複数を2本にしてみたりすると意外と良いかも

消費者金融の場合、総量規制があるのでおまとめローンとしては利用しにくい部分があります。

しかし、銀行系のカードローンの場合は、限度額が低いかも知れませんが、通る可能性があります。

つまり、5社6社と借入れがあるケースで審査が通る状態であれば、銀行系カードローン2社からそれぞれ借入れを行い、2本にしてしまうと言う手も考えられます。

借金の一本化って実はすごく難しくてデリケートな問題なんですよね。

上手くできないかもしれませんので、そういう場合は2本にすると月々の支払いが楽になるケースもあるんです。

ただ、おまとめローンとして銀行系カードローンを利用することは、それぞれの業者であまり好かれることではありません。

まとめなければいけないくらいの多重債務がある場合は、その人個人の信用度が低いためです。

利用できれば良いのですが、そううまく行かないのが世の常ですね。

作ってしまった借金は必ず返済しなければならない

ただ、そうは言っても作ってしまった借金は返さなければなりません。

おまとめローンはうまく行くかどうかはわかりませんが、一応参考にしてみると良いかと思います。

借金を一本化するには?メリットとデメリットを考察する。

過去の記事でもまとめていますので、参考にしてみてください。

なお、ここで書いた内容は、あくまで個人の見解ですので、参考程度に。

借金は作りすぎず、キャッシングやカードローンは計画的に利用しましょう。

-カードローン・キャッシングに関する情報まとめ, キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ, 借金に関する事例・対処法・コラムまとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.