債務整理・民事再生・自己破産に関するお話し

月収17万円、民事再生申請中に起きた予想外の出来事

投稿日:

Aさんは市立病院で働くスタッフです。

しかし、彼には莫大な借金がありました。

その総額、約500万円。

そのほとんどが奨学金で、残りは自動車ローンやクレジットカード、カードローンです。

奨学金は満額借りていたため、20年間ずっと20,000円以上を支払い続けなければなりません。

全てのローンを含めると、月々8万円弱の支払い

これらのローンをすべて合わせると、月々8万円弱の支払いが生じます。

つまり、17万円のうち、8万円が支払いに消える計算となります。

残ったお金は9万円ほど。

そのうち、6万円が家賃で消えます。

これで残り3万円です。

3万円で生活していけるかと言うと、無理でしょう。

光熱水費や食費が必要ですので。

しかも、彼には家族がいました。

生活費の補てんのために、毎月5万円程度のカードローンの利用があります。

ボーナスがありますので、相殺しようと思っていますが、なかなかできません。

彼のボーナスは30万円程度。

ゆえに、全てがカードローンの返済に充てられるため、他の返済には回せないと言います。

そんな彼は、ある時行き詰ります。

民事再生、適用

借金が払えなくなったとき、彼は弁護士のもとを訪れることになりました。

選択したのは自己破産ではなく、民事再生です。

自己破産の場合、公務員である立場上あまりよくないことが知らされていたようです。

実際に影響があるのかどうかはわかりません。

しかし、周りの目もあったのでしょう。

彼は借金ができなくなりましたが、職場に秘密で副業を模索し始めます。

公務員は基本的に副業はNGですが、無職の妻がやるには問題ありません。

彼と妻は2人で力を合わせてネットビジネスに参戦することにしました。

それから1年後、ネットビジネスで得られる副収入が彼の給料の2倍以上となり、本格的にネットビジネスに参入するために公務員をやめてしまいます。

通常、この地点で彼は非難の的となります。

しかし、それにも負けず、むしろそれを糧に本気でビジネスに取り込み、月収100万円を突破させることに成功しました。

しかし、ここで問題となるのが、民事再生です。

まだ手続き中だったので、この月収では適用ができない可能性があったのです。

しかし、結果的に個人事業主であること、安定した収益ではないことを裁判所に伝え、適用となりました。

月収100万円での民事再生。

そんな彼は、現在月商500万円の法人を運営するくらいまで成長しました。

人生、何が起こるかわかりません。

彼は借金が減っただけじゃなく、社長と言う肩書を手に入れることができました。

どん底の地方公務員からいち会社の社長へ。

そんな人生もあるんです。

もしあなたが借金で悩んでいるのであれば、ただ漠然と仕事をして生活している余裕なんてないと思うんです。

この様に妻とともに窮地を脱することだってできるはずです。

副業とはいえ、これは元は彼女の仕事です。

彼は名目上、彼女のお手伝いを無償でやっていたことになるわけですね。

ですが、ネットビジネスがおすすめと言うわけではありません。

この世界は詐欺が横行するためです。

数十万円するセミナーや教材。

そんなものが無くてもできることがあるって彼らが証明しています。

今回はたまたまネットビジネスでしたが、リアルビジネスにもこうしたドラマが待っている可能性があります。

もちろんリスクもあります。

借金は行動しないと減らないのです。

借金で生活ができないから借りるのではなく、借りなくても良い環境を作ろうと努力することだって必要だと言うことですね。

こちらも合わせてどうぞ^^

友人に借金をして泥沼にハマった。と言うお話。

借りたお金はどんなものに使っても自由。

郵便局と消費者金融のキャッシング、どちらを選ぶのが良い?

自身の経済の窮地を救うカードローン、どうやって使うべき?

【Story】わずか数万円の借入れが700万円の借金に…

-債務整理・民事再生・自己破産に関するお話し

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.