カードローン・キャッシングの基礎知識 キャッシング・カードローンを利用した方に纏わるレビューストーリー

利息が25%?昔は消費者金融でお金を借りることにリスクがあった

投稿日:

一昔前、消費者金融が今よりもたくさんあった頃。

現在は金利が18.0%以内と決められているため、これを上限にしている消費者金融が一般的です。

しかし、ほんの数年前までこの金利が25%ほどあったのをご存知でしょうか?

現在と7%との差。

このために多重債務者に陥り、破産する人が増えたと言います。

そのため国は、消費者金融に対し、金利を18.0%までを上限とすること、総量規制により年収の1/3以下の限度額に設定するように求めました。

このため、多くの消費者金融が破産したと言います。

どちらか片方を救済すると、どちらかが潰れる。

これは仕方のない事なのかもしれませんね。

現在の消費者金融のイメージ

こうした背景から、消費者金融=ダークなイメージがあったわけです。

大手だった武富士も今では無いですし、社名や店名が変わってしまったところもあります。

そんなダークなイメージのある消費者金融を変えたのが現在のCMです。

チワワを起用したり、有名芸能人を起用したり、とにかくイメージアップが急務だったわけです。

そうして生き残った大手消費者金融が今では多くの方に利用されています。

現在、消費者金融を利用されている方は、一昔前のダークなイメージがほとんど無いと思います。

しかし、一部の方には未だにそんなダークなイメージが払しょくできていません。

生活が安定するカンフル剤として

消費者金融を利用する方の多くが、生活費の補てんのためです。

ギャンブルや投資で利用する方はわずかではありますが、それでも依然としてこのような利用方法でキャッシングを申し込む方がいます。

キャッシングは審査がスピーディーですし、最短即日融資できるところもあります。

利用しやすい一方で、無茶苦茶な使い方をする方も後を絶たないわけですね。

そんなキャッシングでも、数万円を借入れ、生活が安定するなら積極的に利用すべきだと思います。

と言うのも、これは私が実際に体験したことですので、あの時は本当に助かったって思っているからこんなことを言っているんです。

私の場合は2万円~3万円を借入れ、翌月に返済、再びまた借りるの繰り返しでしたが、ボーナスで相殺できるため、ある一定期間はキャッシングを利用しなくても生活することができていました。

このように、現金でしかお買い物をすることができなかったど田舎のスーパーを利用していた私でしたが、クレジットカードよりも助けられた印象があります。

クレジットカードでは、割り勘もできませんし、飲み屋さんによっては使えないところもあります。

現金ならどこでも利用することができますので、あの頃はキャッシングが生命線になっていた気がしますね。

現在は金利が落ち着いている

現在、消費者金融の金利は上限が18.0%です。

これより高い金利を提示してくるところは基本的に怪しいとみてよいかと思います。

また、キャッシングの限度額によってはもっと金利が低かったりもしますので、以前よりも利便性がアップした印象もあります。

現在、私はキャッシングは利用することなく生活することができていますが、もしこの金利だったらもっと嬉しかったのにって思うことが多々あります。

-カードローン・キャッシングの基礎知識, キャッシング・カードローンを利用した方に纏わるレビューストーリー

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.