キャッシング・カードローンを利用した方に纏わるレビューストーリー

青春時代の20代を共に過ごした借金…全然楽しくない!と言うお話。

投稿日:

20代前半。

とあるカーアクセサリーショップですごく欲しかったMDプレーヤー。

当時MDが人気で、それに好きな曲を録音してドライブに行くのが楽しみでした。

当時、大学生。

でも、そのショップでは20回払い金利手数料店舗負担のキャンペーンを行っていました。

当時車に入れるオーディオ、高かったんですよね。

金額にして5万円。

これでも安い方だったことを覚えています。

それを20回払いで購入し、ローンを組むことにしました。

そのローンは、実はクレジットカードだったんですよね。

ジャックスです。

これが私の初めてのクレジットカードであり、ローンでした。

まだ大学2年生だったのですが、いつでも自由にお買い物を楽しめるクレジットカードはとても魅力的なアイテム。

私はファッションにゲームに、色々なものをクレジットカードで購入しました。

そんなに限度額が高くないので、瞬く間にいっぱいになりました。

その後社会人となり、ローンを払っている最中に気が付いたこと。

それは、クレジットカードの利用限度額が上がっていたことです。

キャッシング枠まで付いており、ガソリンが足りなくなった時にカードで入れていました。

徐々に支払いが厳しくなりましたが、仕事をしていたこともあって返済はできていたのですが、とある時、返済し忘れたんですよね。

そこから負の連鎖が始まったんだと思います。

自分で支払うのが凄くきつくて、クレジットカードのキャッシング枠を遂に利用することになりました。

ジャックスのカードでキャッシングをして、ジャックスのショッピングのリボを払う。

おかしなことをやっていましたが、これもいつか底をつくはずです。

気が付いたときにはクレジットカードを5枚、消費者金融のカードを2枚持っていました。

これって多重債務者ですよね?

月々の支払いが7万円を超え、給料の半分近くが支払いに持って行かれます。

更に、キャッシングが利用できなくなってしまいました。

遂に親からも借金をするようになってしまいます。

現在、私は弁護士にお世話になっております。

つい何気に使って陥る負のスパイラル。

こういうお話をいただきました。

社会人になっても給料が安く、元からあった借金により20代を棒に振ることとなってしまったようです。

大学生になると、学生用のクレジットカードを持つことが出来るようになります。

限度額は低めですが、それでおおよそのものを手に入れることが出来るようになるため、気が大きくなってしまうケースがあるようです。

キャッシングもカードローンもクレジットカードも、使い方次第では大変なことになります。

ですが、使い方次第では生活にゆとりが出たり、安心感があったりするのも確かです。

ご利用は計画的にとは良く言ったモノですね。

-キャッシング・カードローンを利用した方に纏わるレビューストーリー

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.