キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

借金があるけど結婚…あなたはどうしますか?

投稿日:

恋人に借金のことを打ち明けることができず、やがて結婚。

しかし、パートナーとなってしまえば借金があることはバレてしまうケースが多いです。

家計を共にする以上、これは仕方のないことだと思うのですが、結婚してから借金がバレると言うケースは後々争いの原因にもなりますし、最悪離婚の可能性も否定できません。

一体どうすれば良いのでしょう?

ダメ元で言ってみる。

もし結婚する意志があるのであれば、借金があることは当然言うべきだと思うんですよね。

そこで相手がどういう反応を見せるのか。

愛情があれば、借金があるなら絶対に結婚しない!

と言う風にはなかなかなりにくいとは思うのですが。

ただ、結婚した後の不安を相手に与えてしまうのは確かですよね。

返済してから結婚すればいいと思う方もいると思うのですが、借金が数百万円あるなら、それは容易ではないことがわかるかと思います。

きっちり返していく意志と計画性を持って説明すれば、相手もわかってくれるのではないでしょうか。

ただ、借金の内容が気になりますよね。

結婚を意識した地点でお金の借入れを辞め、返済をしっかりと行っていく強い意志がある方ってそうそう見当たらない気もします。

遊びなどで借金をする人は返済してもまた借金をする。

借金をすると生活が苦しくなる。

解ってくれる人じゃないと、安心して結婚なんてできませんよね。

秘密を隠し通す。

これはなかなか難しいのではないでしょうか?

男性の場合はお財布を妻に渡さないで自分で管理するような状況を作らなければいけませんし、女性の場合は主婦にはなりきれないですよね。

あまりに借金が多い場合は、弁護士に相談してみるのも一つの手です。

弁護士に相談となるとお金が凄くかかるようなイメージがあるかも知れませんが、初回の無料相談を利用したり、市町村でもこのような相談を実施しているところもあります。

法テラスを利用すると言う手もありますし、結婚を真剣に考えているのであれば、気持ちを入れ替えて勇気を持って行動することをおすすめします。

もし返済可能である金額なら、相手に相談してしまうのも一つの手ですよね。

相手と信頼関係を築いた状態だから結婚を意識しているはずですし、相手だって真剣に話を聞いてくれるはずです。

もしそれができないのであれば、そもそも縁が無かった、と言うことになります。

言いにくい事かもしれませんが、バレることの方がよっぽど怖いですよね。

勝手な借金は二度としないと心から誓う。

結婚すると、遊びにもあまり行かなくなりますし、むしろ行く必要が無いですよね。

たまには遊びたい、そう考えている方は、お小遣いの範囲内で遊ぶようにすればいいだけです。

もしそれすらも我慢できないのであれば、あなたは結婚する資格はありません。

結婚とは、夫婦共に助け合って生活をしていくことです。

それを拒否すること自体が相手を裏切ることになるのです。

キャッシングやカードローンは確かに便利で、カードを持っていればどこでもお金を引き出すことができます。

ただ、それは今後夫婦で相談しながら利用するようにしてください。

生活費に困って、すぐに返済できる範囲内であれば、キャッシングやカードローンは生活を助けてくれるツールとなるはずですので。

-キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.