カードローン・キャッシングに関するQ&A

キャッシングとカードローンって何が違うの?

投稿日:

銀行ATMや消費者金融からお金を借入れるとき、ふと疑問に思うこと。

これってキャッシング?

それともカードローン?

でもカードを利用してお金を借りるわけだから、カードローンなんだろうか?

まあ実際、そんな細かいことを考えている方は少ないかも知れませんが、どんな違いがあるのか知りたい方に簡単にご説明します。

キャッシングとカードローンの違いって?

まあ、現状どちらも同じとして考えてよいでしょう。

以前は明確な違いがあったようですが、結局はお金を借りることなのですからね。

細かく言えば、違いはあります。

キャッシング

短期間の借入れのことを指してキャッシングと言います。

金額も少額で、基本的に一括返済するものをキャッシングと言うのですが、該当する消費者金融系も現在は返済を分割にしたりしているため、カードローンじゃないの?

と言われることも。

基準を明確にするとすれば、クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融からの一括返済予定の少額借入れのことです。

最近、明確な基準が無くなってきてるのは返済をリボ払いにすることができるから。

現在では違いはその辺しか無いとみても良さそうです。

カードローン

分割返済を見込んで大口借入できるもの、いわゆるローンを組んで返済する借入れのことを指します。

消費者金融と違う点は、銀行系のカードローンが多いと言うところ。

大きい金額を借入れるため、分割手数料もキャッシングに比べ低めですが、金額が大きいと言うことはリスクを背負うことにもなります。

それ故審査が厳しいのが特徴と言えるでしょう。

ただ、最近の消費者金融の分割返済はカードローンとしてとらえても良いと思います。

で、結局どちらを選ぶのがいいの?

基本的な選び方は、あなたの生活スタイル、利用目的によります。

1万円とか2万円を1か月のうちに数回程度借入れ、次の給料で一括返済すると言う方はキャッシングを。

数十万円から数百万円まで、一括返済が困難な金額を分割で返していくスタイルならカードローンを。

まあ、大きい金額を一度に借入れるとすると、利用目的は車だったり、結婚式費用だったり、医療費目的だったりいろいろありますよね。

何の目的で借入れを行いたいのかを明確にして選ぶのが良いと思います。

足りない生活費をちょっとだけ補いたい方はキャッシング

キャッシングの特徴は少額融資、短期間で一括返済と言うスタイルがメインとなります。

給料日まであと5日…

だけどあと1万円くらい足りないんだよな~

そんな時に選ぶのがキャッシングですね。

クレジットカードを使えばいいじゃんって思うかも知れませんが、現金があった方が心強いと思う方が実は多いんです。

例えば、私が好きなお寿司屋さん。回転寿司です。

そこ、クレジットカードが使えず、現金払いのみなんですよね。

コンビニで弁当を買ったけど、そんな金額でクレジットカードなんか使いたくない!

と言う方も意外と多いものです。

ただし、借り過ぎには注意です。

キャッシングは基本的にカードローンよりも金利が高いケースが多いので、ご利用は計画的に。

大きなイベントに参加・開催したい、車が欲しい方はカードローン

カードローンと言う響きからか、そんなに大きい金額は融資できないんじゃないかって思うかも知れませんが、そんなことはありません。

意外と大きい金額なんですよ。

もし、車が壊れてしまい、1.5km離れたスーパーに買い物に行かなくてはいけない場合、すごく困ります。

親族や会社の関係上、結婚式を執り行わなくてはならなくなった場合もまたしかり。

急な入院で大きな金額が必要となった場合もそうですね。

そんな時は、キャッシングではなくカードローンを選ぶのがおすすめです。

カードローンと言う名の通り、基本的に借入れはローンを組むことになります。

金額が大きいだけに、より一層ご利用には計画性が求められます。

借入れの際は特に何も聞かれませんし、意味も無く100万円を借入れることだってできてしまう怖さもあります。

ですので、ただ遊びで利用したいからとかではなく、目的を持って利用するようにしてください。

利用目的を明確に!

利用目的さえはっきりしていれば、キャッシングもカードローンも有効的に利用することができますし、割と便利です。

しかし、どちらも明確な理由なしに安易に利用してしまうのはリスクがあります。

キャッシングは一般的に金利が高いため、リボで返すのはとても大変です。

カードローンは金利が低めですが、長期間返済しなければならないため、生活面でリスクを背負うことになります。

便利なのはすごく良いことですが、利用目的を今一度考えてから利用するようにしましょう。

金利が安いのはカードローンとキャッシング、どちらになる?

お金を借入れる際、気になるのが金利です。

18.0%は大きいのか、それとも小さいのか。

少額融資を希望されるのであれば、キャッシングを選ぶ方も多いと思います。

では、キャッシングとカードローン、金利的にメリットがあるのはどちらなんでしょう?

答えを先に言うと、カードローンです。

大口融資が基本となるカードローンは、銀行系がメインとなりますので金利が低いんですよね。

キャッシングの金利が18.0%と言うところが多い中、銀行系のカードローンだとその半分になったり、それ以下だったりすることもあります。

融資可能額にもよりますが、基本的に金利が低いのはカードローンの方だと言う認識で間違いなさそうです。

じゃあカードローンを利用した方がお得じゃないの?

と思われるかも知れませんが、キャッシングは少額融資で短期で一括返済が基本となるため、場合によっては無金利で借入れできるケースもあります。

また、分割で返済するとなると、いくら金利が低くてもトータルで返済する金額が大きくなったり。

金利面だけで見るとカードローンの方がお得ですが、要は借入金の使い方によります。

カードローンの方が審査が厳しいイメージがある

カードローンの方を選んで申し込んでも、それが通らないケースもあります。

少額融資の消費者金融よりも、銀行系カードローンの方が審査が厳しいことを忘れてはいけません。

どちらにも申し込んでしまえば済むことではありますが、できれば借入れ用のカードは多く持ちたくはありませんよね?

基本的に安定した収益とそれなりの勤続年数があれば審査が通る可能性は高いですが、今までの借入れ金の滞納などがあれば審査が厳しくなることは明白です。

とは言っても、カードローンは基本大口融資ですが、少額で借入れることも可能です。

キャッシングを選ぶか、銀行系のカードローンを選ぶかはあなた次第です。

金利だけで選ぶのではなく、利用目的を明確に

分割で返済を考えているのであれば、間違いなく金利が低い方が得です。

ただ、大口融資が可能となってしまった場合、気持ちが大きくなり無駄な借入れを行ってしまったりするケースも考えられます。

基本分割返済のカードローンは、この落とし穴にはまってしまうとたちまち大変なことになりかねません。

従って、金利面だけを見て選ぶのではなく、少額融資でたまに借入れを行う程度であれば、キャッシングの方を選ぶのが得策と言えるでしょう。

無駄な借入れを防ぐ意味合いを含め、どのように借入れを利用するのかを考えてから選ぶようにしてくださいね。

キャッシングやカードローンを利用している年代と性別は?

キャッシングやカードローンでお金を借りる。

テレビCMも放送されていますし、それだけ需要がある証拠とも言えるでしょう。

ところで、お金を借入れするのって、どの世代が多いのかってちょっとだけ気になりました。

なので、大雑把ではありますが、googleで色々と調べてみました!

若者ほど借入れを行う傾向がある。

色々とリサーチしてみた結果、最も借入れが多いのが20代~30代の若者です。

これは、男女関係無く若い世代ほどお金を借りていると言っても良いかも知れません。

大学を卒業し、就職。

丁度20代前半ですよね。

初任給でしばらく満足できるはずなんですが、段々とお付き合いや遊びにお金をかけるようになります。

さらに、やがて結婚し、お子さんが生まれ、生活水準が変化します。

こうした生活の微妙な変化により、一定の給料では段々と足りなくなっていくわけです。

時には両親からお金を借りたり、友人から借りたり。

でも、お金を借りると言うことは返さなくてはいけないと言うことになります。

両親や友人への返済には期限がありませんので、いつまでもダラダラと先延ばしになることだってあり得ますよね。

お金は縁の切れ目と言うように、借りたものはきっちり返さないと近くの人は離れて行ってしまいます。

こうしたことも理解できるはずなので、次はどうしようか考えるわけですね。

で、出てきた答えがキャッシングやカードローンなど。

特にキャッシングは少額融資、一括返済でクレジットカードにも枠が付与されています。

実は簡単にお金を借入れることができるんですよね。

若い頃って遊び、付き合い、交際費など、何かとお金がかかります。

今月はちょっとだけ足りなくなったんだよな…

そんな時、キャッシングを初めて利用する、と言う方が多いようです。

もちろん生活費が少なくて困っているから、と言う理由も多いですけど。

性別は男性が圧倒的に多い。

安定した収入と職を持つ男性が多いと言う理由もありますが、キャッシングやカードローンを利用する方は70%以上が男性です。

残り30%が女性と言うことになりますので、倍以上の方が男性だと言うことですよね。

女性の場合、主婦だとなかなか審査に通りませんので、利用しようにも利用できないと言った方が正論かも知れません。

ただ、最近はレディースローンなど、女性専用のキャッシングやカードローンが用意されていたり、パートやアルバイトでもカードを作ることができたりもします。

つまり、主婦でも安定した収入があれば少額融資となりますが、キャッシングのカードを作ることが可能なんです。

その他の理由としては、お小遣い制である男性が、仲間内の飲み会や遊ぶお金、趣味のお金が欲しいと言う理由でキャッシングやカードローンを利用する、と言うケースもあるようです。

安定した収入があり、勤続年数も長い男性が家族を代表してカードを作っていると言う理由も多いとは思います。

-カードローン・キャッシングに関するQ&A

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.