お金を借りる際の注意して欲しいポイント カードローン・キャッシングを利用するメリット・デメリット

キャッシングのメリットとデメリットとは?クレジットカードの方が使いやすくない?

投稿日:

キャッシングってお金を借りることだから、何となく勇気がいる…

アコムやプロミスなど、有名な消費者金融がある一方で、ヤミ金と呼ばれるものもあるから手を出すのが怖い…

キャッシングは確かに明るいイメージはありませんよね。

でも、キャッシングを有効利用することで大きなメリットが生まれることもあるんです。

私は今はほとんど利用することがありませんが、以前はキャッシングが無かったら生きていけませんでした。

キャッシングのメリットとは?

これはもう、足りない時にすぐ借りることができる!

と言うのが一番のメリットでしょう。

カードローンとは違うところ。

それは、金利が高いけれど一括返済できる範囲内で少額利用することに気を付ければローン地獄に落ちずにうまく生活になじませることができる、と言うところです。

カードローンも少ない金額で借入れすることができますが、あちらは限度額が大きいため、タガが外れてしまう可能性があるんですよね。

しかし、少額融資を目的としたキャッシングならもう少し安全に利用することができるんですよね。

私のケースですが、以前の職場は給料が少なく、月末はいつもカツカツの生活でした。

わずか1万円。

それが足りないんですよね。

私には家族がいますし、クレジットカードを使わずに何とか現金でやりくりしたかったんです。

そこで、キャッシングです。

なぜクレジットカードを使いたくなかったのかと言うと、利用限度額があるものの、実際に現金を利用したわけでは無いため、ついサクッと使ってしまうからです。

本当に自分に厳しい人じゃないと、クレジットカードは結構頻繁に使ってしまうものですし、きっちり家計簿を付けていてもいくら使ったのか瞬間的にわかんなくなっちゃうんですよね。

だから、私はキャッシングで現金を借入れ、それを生活の足りない部分に補っていました。

確かにキャッシングも限度額まで利用することができると言うデメリットがあるものの、手にするのは現金ですので、節約して使おうと言う気になれたんです。

私はクレジットカードを細かく使うくらいなら、キャッシングでお金を少し借入れて、それを節約して使うのが良いと考えています。

クレジットカードだと使った感覚が無い

まとめるとこれです。

クレジットカードは現金では無いため、つい使ってしまうんです。

その大きな理由としては、現金じゃないから。

手元にあるお金で何とかやりくりしようと思っている人に、クレジットカードは誘惑が多いものです。

例えば、スーパーでお買い物をする際、現金が3,000円しかなかった時って3,000円以内で何とか節約してお買い物をしようと考えるじゃないですか。

でも、クレジットカードの場合、残高があればあるだけ利用することができるんです。

今日は3,000円までって決めていたとしても、つい余計なものまで買い物かごに入れてしまう。

そんなことをする方は無計画だと思われるかも知れませんが、実際にそういう状況になるとなぜかうまく節約できないんですよね。

クレジットカードを使うくらいならキャッシングしたい

個人的な考えと実体験を元にお話ししてみました。

私としては、月々の足りない部分をクレジットカードで補うよりも、キャッシングで補った方が得策だと思っています。

それは、こうした一連の理由があるからなんです。

ただ、クレジットカードでも節約生活をしてやりくりできている方が居るのも事実です。

もしキャッシングを利用してみようか迷っている方がこれを見ているとすると、この辺りでも悩んでいるのではないでしょうか?

上手く現金を回す方が、私的には安全かな、と考えています。

キャッシングによるデメリット・利用することで考えられるマイナスイメージとは

キャッシングサービスのWebログインアカウントや消費者金融のカードをお持ちの方は、ちょっと現金が欲しくなった時にすぐに借入れすることができます。

これは便利ですよね。

何と言っても、申し込めば融資してくれるわけですから。

つまり、言えばお金を貸してくれる人が近くにいるようなものです。

ただし、返済となるとまた別の話。

友達なら猶予をくれることがありますが、消費者金融となるとそうはいきません。

一昔前のように、取り立てにやってくるとか、そういうことは無いですが、これは社会人としての信用問題にかかわることです。

従って、借りた金は返すのが社会人として当たり前のことです。

話が逸れました。

キャッシングを利用し、滞りなく返済もしている。

でも、キャッシングってもしかしたらイメージ的にすごく悪いんじゃないの…?

とお考えの方、少なからずいらっしゃるはずです。

つまり、キャッシングを利用すると社会人としての信用度が低くなり、その結果高額ローン(自動車ローンや住宅ローン)の審査に通りにくくなるのではないかと。

今回は、キャッシングがもたらすマイナスイメージとデメリットについてリサーチしてみました。

キャッシング利用で信用度がマイナスに?

結論から言うと、ほぼ大丈夫だけど、ローンを組む銀行にもよる、と言うのが答えです。

そう、その履歴を嫌がる銀行もあるけれど、大抵は大丈夫なんです。

ですが、過去に延滞などがあれば、審査が厳しくなります。

では、その履歴を嫌がると言う銀行の心理は?

キャッシングの利用履歴って、信用機関に情報が残るそうなんです。

つまり、どの程度キャッシングを利用しているのかがわかる状態となっている、と言うワケですね。

この信用機関の情報は、もちろん高額ローンの審査時にも利用されるわけです。

そこでもし、生活費の補てんのためにキャッシングを利用していた履歴がズラッと出てきた場合、あなたはそういう人にお金を貸しますか?

と言うお話です。

それが少額の融資なら目を瞑るかも知れませんが、100万円以上の高額ローンとなると、貸す側としてはちょっと嫌ですよね。

と言うのも、キャッシングに頼って生活している部分が垣間見えると、新たなローンを組んだ際に支払えないだろうと思われてしまう可能性がある、と言うことです。

信用情報を気にする方で、お金に余裕があるのにキャッシングを使用と考えている方は、この辺りで思いとどまるのが正解かも知れません。

ただ、生活苦でキャッシングを利用しながらやりくりすることは、現状では悪くないと思います。

無駄遣いをしているわけではありませんし、現状そうしないとやりくりが困難だと言うのであれば、積極的に利用すべきです。

ですが、度を越えて利用するのは大問題ですよね。

月々借入れ、返済し、それを繰り返していき、ある時キャッシングを利用しなくても1か月持つときがあります。

そもそも高額ローンを組むときって、キャッシングしている方は組まないと思うんですよね。

だって、生活できないからキャッシングしているのに、高額ローンを組めばもっと生活が困窮してしまいますよね。

ですが、それがわかっていない方がいるのも確かです。

もし将来的に、自動車ローンや住宅ローンなど、割と高額なローンの利用を考えている方は、いずれキャッシングから脱却して現状の収入のみで生活できるくらいにしておかないと審査に通らないケースがある、と言うことを覚えておいてくださいね。

まとめ

ちょっと強めに書きましたので、まとめてスッキリさせようと思います。

  • キャッシングを利用しても自動車ローンや住宅ローンには影響はほとんど無い。
  • 稀にその履歴を嫌がる銀行も存在する…らしい。
  • 滞納履歴があれば審査の壁が高くなってしまう。

まあ、こんなところでしょうか。

ここまで強く書いているのは、稀に嫌がる銀行があると言われているからです。

人生の最も大きなお買い物をするわけですので、腹をくくっているのに審査に落とされたら不抜けてしまいます。

可能性はゼロではないからこそ、こういう風に書いたわけでして、万が一と言うことには備えた方がよろしいかと思います。

ただし、既に借金を返済し終わった後なら問題無くローンを組めるのではないでしょうか。

この辺りは、審査する側じゃないと解りませんので、とりあえず不安があっても審査に通してみるべきでしょうね。

急にキャッシングができなくなった!原因とその対処法とは?

キャッシングを日常的に利用していたけれど、突然利用することが出来なくなった!

普段あまり経験することが出来ない事例ですが、思いのほか結構あるようなんです。

キャッシングサービスとは、消費者金融から現金を融資してもらうことです。

それが突然止まると言うことは、何らかの原因があるはずです。

キャッシングが急にできなくなる原因

滞納した。

返済が滞ったりすると、融資が突然ストップすることがあります。

返済ができていない期間は融資を受けることができませんので、早急に返済することをおすすめします。

なお、何回も繰り返すようですと、融資できないと言うことになりかねません。

返済は滞りなく行う必要があります。

限度額をオーバーした。

消費者金融は、総量規制の対象となっているため、年収の1/3以上の借入れはできません。

そのため他社からの借入れを行っていると、限度額をオーバーしてしまうこともあります。

また、総量規制の例外として利用した場合、緊急に必要となったケースにおいては限度額をオーバーして借入れることができます。

ただし、その後の借入れができなくなりますので、こういう事例があったかどうかをチェックする必要があるかも知れません。

カードのトラブル

カードは磁気なので、何かしらの影響で使えなくなることがあります。

ATMに入れてみて、融資額の残高が表示されればまだ使えると言うことになりますが、エラーで返ってきた場合は消費者金融に問い合わせて別のカードを発行してもらう手続きをしましょう。

突然止まった時の対処法

これはもう、消費者金融に電話で問い合わせてみるほかありません。

何となくお金を借りているところに電話するのは気が引けるかもしれませんが、やらないと原因がわからないこともあります。

もしあなたがキャッシングができなくなった場合、まずは消費者金融に問い合わせてみましょう。

損害遅延金って何?返済が遅れた時はどうすればいい?すごく簡単に!

損害遅延金とは、読んで字のごとく、返済が滞納した際にかかる損害金のことです。

つまり、返済が遅れるとお金がかかるんですよね。

いわゆる違約金のようなものだと思っていただければそれでOKです。

損害遅延金は、上記のように返済が滞った際に請求されるお金のことですので、返済金額と金利、それに更に上乗せされて請求されることになります。

ゆえに、無駄な出費が増えるだけのお金ですので、返済が滞る理由が無いのであれば速やかに返済してしまった方が良いでしょう。

この損害遅延金ですが、それほど月日が経過していないのであればほとんどかからない可能性がありますが、数か月、1年など長い期間放置されたままにしておくと莫大な損害遅延金を請求されるだけではなく法的に処理されてしまうため、自身にとって不利以外の何物でもありません。

いわゆるペナルティのようなもの

お金を貸してくれているのですから、返済が滞ってしまうことは人としてあまり良くないことですよね?

約束事を守れない人にはペナルティを課すようなもので、これを支払いたくないのであれば返済期日までにきっちりお金を返す習慣を付けるようにしましょう。

理由も無く返済が滞ってしまうと言うのはだらしがないこと以外、何物でもありません。

忘れていた、面倒くさかったなど、色々な理由があるかも知れませんが、それは言い訳にはなりません。

返すものは返す。

キャッシングやカードローンを利用したのであれば、これをしっかり守らないと後々大変なことにもなりかねません。

返済が滞ると事故処理されることも

何度も返済が滞ってしまうと、信用機関で事故処理されることになります。

そうなってしまうと、いわゆる『ブラックリスト』入りとなってしまいますので、新たにキャッシングやカードローン、自動車ローンなど信用にかかわるようなローンを組むことができなくなってしまう可能性があります。

もし自分がお金に困ってしまった場合、こうした安易な滞納を繰り返していると、後で取り返しのつかないことになりかねません。

キャッシングやカードローンを利用する、しないは個人の自由ですが、返済は自由ではなく義務であることを理解して利用するようにしましょう。

もし返済期日に遅れてしまった場合は…

お金を借入れている業者へ連絡し、早急に返済する旨を伝えて返済してしまいましょう。

借主は人ですので、誰でも失敗や物忘れはあり得ることです。

返済が遅れてしまったことを素直に謝り、返すものは返すようにしましょうね。

-お金を借りる際の注意して欲しいポイント, カードローン・キャッシングを利用するメリット・デメリット

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.