キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

給料に対する家賃の割合ってどのくらいなのか

投稿日:

こんにちは、Michalです。

突然ですが、家賃って自分の収入のどの程度を占めていますか?

一般的な考え方では手取りの給与の30%程度だって言われています。

これって実際本当なのでしょうかね?

月20万円の手取りなら6万円がリミット

生活費や雑費、ローンなどを加味して考えると、月収20万円の場合、家賃は6万円程度が妥当なラインといえるでしょう。

ただ、会社から家賃がある程度支給されるケースも多いため、ここでは敢えて自分で100%支払う場合について考えてみたいと思います。

単純に30%って言われていますが、それは月収20万円~30万円をベースに考えられている場合と言ってもよいかと思います。

なぜなら、月収100万円の場合、30%を考えるとその金額約33万円となります。

これは東京都心など、都会を除いて家賃としては現実的ではありません。

手取りの給料が高くなるに従い、家賃が占めるパーセンテージも少なくなるんですよね。

話を元に戻します。

月収20万円ほどの方が多いこの世の中、やっぱり家賃は6万円程度が妥当だと私も思います。

細かくシミュレーションしてみましょう。

一人暮らしをベースに考えてみると…

  • 食費:2万円
  • 光熱水費:2万円
  • 生活費:3万円
  • 貯金:3万円

これで合計10万円になりましたね。

ここに家賃の6万円を追加し、残りは4万円です。

4万円は自由に使ったり、ローンにあてたりすることを考えると、やはり6万円という家賃がギリギリなのかな、と思います。

これ以下に抑えることも生活を充実させる上では重要なポイントでもありますよね。

ただ、ローンなど、借金が多い方は6万円の家賃を除くとかなり苦労されているはずです。

生活費の足しに、キャッシングを利用する

それゆえ、毎月給料日前になると、お財布に現金が残らないという方も多いようです。

現金が必要なケースも多く、クレジットカードだけでは生活できない!

という方のためにキャッシングが存在するんですよね。

消費者金融というと、一昔前ではなかなか認知されない部分もありましたが、ここ最近の傾向としては消費者金融も生活の一部に溶け込んでいる印象を受けます。

使いすぎはよろしくありませんが、どうしても切羽詰まった場合などは、利用するのも一つの手です。

ローンなどの借金はどのくらいありますか?

お引越しをする際など、重要なポイントでもある家賃。

次の住む家を決める際の8割以上を占める重要なポイントですよね。

まず、家賃に関しては月々6万円ならやっていけるよな…

と、結構安易に考えるケースも結構あるんですよね。

でも実際に住んでみて、家賃を支払って生活してみると、これがまた苦しいんです。

もう少し家賃を押さえておけばよかったかな…

と思っても、今からでは後の祭りです。

そこで、家賃を決める際、自分のローンなどの借金がどの程度あるのかを把握しておかなければなりません。

これを合わせ、生活費、光熱費をプラスした結果、余剰金が5万円以上あるような状態にしておきたいですよね。

将来のために貯金することも必要なことでしょうし、自分の支払える家賃を決める際には必要なポイントとなるでしょう。

支払いに無理が生じないよう、余裕をもって自分の身の丈に合った物件をチョイスするようにしましょう。

-キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.