キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

弁護士の給料も激減だって。高収入のはずなのに…

投稿日:

弁護士依頼

こんにちは、Michalです。

高収入の職業でおなじみの弁護士の給料が激減しているとの記事を見かけました。

酷いところでは年収が200万円~300万円なんだとか。

これって本当にそうなのか、実際に弁護士では無いためわかりませんが、実は大変な仕事なんだなって何となくわかります。

テレビでも見かけることが多い弁護士も、華がある一方で既に飽和状態となっているそうで、このような状況になっているようですね。

低所得から高所得まで、幅が広い職業

医師もそうであるように、研修医時代は低所得。

でも、一人前の医師になればかなりの高収入が見込めます。

始めから高収入のお仕事なんてほとんどありません。

これは弁護士にも同じことが言えるのではないでしょうか?

頑張って名前を挙げ、実績を上げ、ようやく敏腕弁護士と呼ばれるようになればかなりの高収入が見込めそうですが、そうなるのもほんの一握りの世界。

始めから高収入を見込んでなろうと思うようなお仕事でもないですし、そもそもそう簡単にはなれないのが弁護士や医師です。

ただ、必死に勉強してきて、ようやくなれた栄光の職業でも、思ったような収入が見込めないことは多々あります。

まあ、お金目的でなれる職業ではありませんし、本当にお金が目的で弁護士になろうと思っている方はほんの一握りだとは思いますが。

世の中バランスが大切

債務整理や過払い請求など、一世を風靡した事業もここ数年ではあまり話を聞かれなくなっていますよね。

過払い請求できる期間が過ぎてしまったのもあるせいか、これだけで飯を食って行ける様な時代ではないと言うことですね。

海外とは違い、何でもかんでも訴えると言う風習が日本には無いですし、増えすぎた弁護士の数も減らすことなんてできません。

今後、飽和状態の弁護士業界、恐らく試験も更に難関を極めることになりそうです。

ただでさえ最難関と言われる弁護士の試験ですが、より一層狭き門となりそうな雰囲気があります。

とは言え、やはり私たちの強い味方となってくれる弁護士。

キャッシングやカードローンの使い過ぎで多重債務者となってしまった場合、やはり最後は弁護士に頼ざるを得ない状況となり得ます。

こちらとしても依頼しやすい状況を作ってくれると大変ありがたいですし、報酬もできるだけ抑えてお願いしたいのが人の常です。

債務整理の場合は借金が大きく減額することはありませんが、場合によっては返済しやすい金額になったりするケースもありますので、もし借金でお悩みの方がいらっしゃれば弁護士に相談することをおすすめします。

高収入であるはずの弁護士、実は低収入になりつつあると言う記事を見て思った私の考え方でした。

-キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.