お金を借りる際の注意して欲しいポイント キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

精神的に苦しい理由の多くはお金に関する問題からと言う理由が多い

更新日:

鬱になったり、精神的に追い詰められた状況を体験したことがある方もいると思います。

職場でのパワハラやセクハラ、上司との折り合いがつかないなど、色々な理由があると思うんですよね。

そんな中でも、特に精神的にダメージを負うのが『借金』、つまりお金に関する問題についてです。

仕事は充実していて楽しいのに、借金がかさんで首が回らなくなる状況、体験したことがありますか?

朝から晩までお金のことが頭から離れない。

でも、すぐに返すこともできませんので、こうした状況はかなり堪えるんですよね。

借金をたくさん抱える方は、多重債務者となってしまっているケースも多く、最悪自己破産に追い込まれるケースも。

ただ、キャッシングやカードローンは計画的に利用すればこのような事態になることなく有意義に利用することができるんです。

いくらカードですぐに現金が手に入るからと言って、無計画は身の破滅を招いてしまいます。

もしこれからキャッシングやカードローンを利用しようと考えている方が居れば、実際にシミュレーションをしてみて本当に返済可能かどうかをチェックしてから借り入れを行うようにしましょう。

朝も夜も、考えることはお金のことばかり

これは私の友人の話です。

何気なく借入れた10万円のせいで、いつしか借金が100万円に。

その額、当初の10倍です。

なぜそうなったのか、どこで借金が増えたのかもよくわかっておらず、ただ毎日を悶々と過ごしているようです。

一般的なサラリーマンの場合、1回で10万円の借入れを行ってしまった場合、一括返済は困難です。

大抵は分割になってしまうでしょう。

その分割返済をしている間にも生活費が足りなかったり、娯楽に使うお金が無かったりしたため、無駄に借入れを行っていたようなんです。

月々1万円ちょっとなら楽勝!

と思っていたのもつかの間、いつしかそれが2万円になり、3万円になり…

そしてとうとう月々の支払いが困難になってしまったわけです。

彼は幸いその後のボーナスで何とかゆとりを持って返済することができるようになったそうですが、結局大きな金額を借入れたためにボーナスは無いものとして考える羽目に。

一生懸命働いても、ボーナスは0に等しいんです。

これは悲しいですよね。

ボーナスまでの間の彼は、精神的にも参っているようでした。

一緒に食事をしていても、何か遠くを見ている。

ボーっと考え込んでいる。

一点を見つめたまま動かない。

これってかなりのダメージを受けていると言っても良い状態ですよね。

お金は借入れてサクッと現金が手に入ったときは凄くゆとりを感じます。

言わば麻薬のようなもので、なぜか自分が金持ちになった気分にもなります。

実際は後で返さなくてはいけないのに。

で、使ってしまったらふさぎ込み、借入れると元気になる。

精神的な落差がどんどん激しくなってしまいます。

そうならないためにも、キャッシングやカードローンを利用する場合は常に計画性を持って利用するようにしてくださいね。

-お金を借りる際の注意して欲しいポイント, キャッシング・カードローン・金融トピックス・アレコレ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.