【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド お金がない!生活がキツくて借りたい人向けの情報まとめ カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

専業主婦でもキャッシングでお金を借りる!即日も可能!その条件とは?

投稿日:

キャッシングやカードローンを利用したい。

でも、主婦ってキャッシングは利用することができないし、カードローンは審査が厳しいし。

でもお金を借りたいって主婦の方はいると思います。

結論から言うと、主婦の方でもキャッシングもカードローンも利用する方法があります。

ただし、条件付きです。

今回はそんな主婦の方のための説明をしていこうと思います。

主婦がキャッシングを利用する条件とは?

主婦の場合、キャッシングには総量規制がありますので、基本的に利用することができません。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

これにより、収入が無い主婦の方は消費者金融を利用することはできません。

ですが、パートをやっている方であれば、借り入れすることが可能となります。

つまり、主婦でも安定した収入がある方であれば、キャッシングが利用できるということですね。

ただし、限度額が低いこと、利率が高いことは仕方がないですが。

カードローンは主婦でも夫の収入証明書があれば利用できるケースがあります。

キャッシングにしてもカードローンにしても、審査が必要となりますし、職場への在籍確認のお電話もあります。

電話に関してはあまり気にしなくてもよいかと思います。

キャッシング・カードローンの審査時の職場の在籍確認ってどんな電話がかかってくるの?

これは正社員だろうがパートだろうが、関係なくキャッシングやカードローンを利用するためには必ずしなければならないことです。

秘密で借り入れをしたい場合

主婦の方にも秘密があるかと思います。

それゆえ、何に使うのかは敢えて聞くことはしませんが、現金が必要となるケースもあると思うんですよね。

私としては、現金を借り入れるならまず初めに旦那さんに相談すべきだと思いますが、中には誰にも知られず秘密で借り入れしたいという方もいると思うんですよね。

そうした方は、消費者金融のWeb申し込みがおすすめです。

Web申込の場合、郵送物が一切届くことが無いようにできます。

これも消費者金融によりけりなのですが、特におすすめなのがプロミスですね。

モビットもおすすめなのですが、こちらは所定の銀行口座や書類が必要となります。

もしパートをされている主婦の方で、キャッシングを利用したいという方はプロミスから入ってみてはいかがでしょうか?

審査に通らない?主婦はなぜキャッシングを利用することができないのか

消費者金融を利用しようと、主婦がキャッシングの申し込みをしたものの、全然審査に通らない…

夫は安定した収入があるにもかかわらず、なぜ主婦はキャッシングが利用できないのでしょうか?

主婦がキャッシングを利用できない明確な理由

まず、消費者金融のキャッシングやカードローンは、総量規制と言うものがあります。

年収の1/3以下の借入れしかできないと言うものですね。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

また、キャッシングは家族に関係無く本人が利用するため、夫ではなく主婦の方の収入を見ることになります。

主婦の場合、もちろん収入はゼロですので、年収の1/3はもちろんゼロです。

従って、消費者金融でキャッシングやカードローンを利用することができない、と言うワケですね。

もうこればかりは仕方がありません。

できないものはできないので。

ただし、アルバイトやパートをやっている主婦の方であれば、低額ではあるもののキャッシングやカードローンを利用することができます。

つまり、消費者金融系の貸金業者を利用するには、収入が無いとできない、と言うワケですね。

主婦の方がキャッシングやカードローンを利用したいと思っているケースはたくさんあります。

生活費を細かく管理しているのはほとんどのケースで主婦の方ですので、家計がどんな感じなのか大体把握していますからね。

では、どうしてもキャッシングやカードローンを利用したい場合はどうすれば良いのでしょうか?

夫名義で審査に申し込んでみる。

もう、これしかありませんね。

つまり、夫に相談して、キャッシングやカードローンの利用を考えてみる以外に方法は無いと言うワケです。

生活費以外の用途で、主婦の方が別の目的で利用したい場合は働いている兼業主婦でなければいけません。

やろうと思えば夫に秘密で夫名義で消費者金融のアカウントを作成することができるかもしれませんが、これはかなりリスキーですので止めた方が良いでしょう。

と言うワケで、主婦の方は基本的には消費者金融を利用することはできません。

ただ、夫が安定した収入があり、収入証明書を提示できる環境にあるのであれば、銀行系カードローンは申し込むことが可能です。

その際、限度額がかなり低めで金利も高めであることは覚悟しなければいけません。

生活費に困っているのであれば、まずは夫と相談し、夫名義でキャッシングやカードローンの利用を検討するのが得策と言えるでしょう。

キャッシングのメリットを活かせないかも

主婦の方は、こうした理由からキャッシングを利用することができません。

基本本人が利用するものですので、消費者金融の審査自体通ることもありません。

ですが、安定した収入があるパート主婦なら審査に通ります。

キャッシングのメリットは最短即日融資が可能であること、審査から融資までスピーディーであること、そしてWeb申込なら郵送物が一切届かないことが挙げられます。

もし夫に秘密で借り入れを申し込みたい場合、当然主婦では審査には通りませんので、夫の力が必要となります。

それゆえ、キャッシングのメリットである『秘密で借りる』ことができない可能性があります。

主婦の方は、無給で家事をされているので、それでも無職扱いと言うのはちょっと可哀想な気もしますが、社会的にみるとやっぱり無職ですので、仕方がありませんよね。

何事も秘密は良くないってことでしょうかね。

主婦でパートの人はキャッシングとカードローンのどちらが良いのか

主婦ならちょっと難しい話。

でも、パートで働いている主婦ならキャッシングとカードローン、どちらも利用可能です。

ただし、利用するには当然ながら審査に通らなくてはなりません。

クリーンな履歴をお持ちの方であれば、審査には問題無く通るかと思います。

そこで、キャッシングとカードローン、どちらを利用するのが得策なんでしょうか?

キャッシングとカードローンについて

まず、キャッシングとは少額融資が得意な消費者金融のことを指しています。

プロミス、アイフル、モビットが主なキャッシング業者です。

カードローンは、銀行系の貸金業者のことを指しています。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、そちらについても詳しくご紹介します。

メリットとデメリットの比較

キャッシング

  • 最短即日融資が可能で、月々の返済金額も融通が利く場合が多い
  • 親身になって相談に乗ってくれる場合がある。
  • 金利が高い。
  • 総量規制の対象となり、年収の1/3以上は例外以外では借りられない。

カードローン

  • 審査が厳しく、融資まで時間がかかる場合がある。
  • 対応は機械的であることが多い。
  • 金利が安く、限度額が高い。
  • 総量規制の対象外なので、年収の1/3以上を限度額に設定することができる可能性がある。

まあ、こんなところでしょう。

で、結論から言うと、それほど急いでいない方で月々の返済金額も10,000円程度なら何とかなる方であれば、カードローンの方がおすすめです。

金利も低いですし、総額的に言うとカードローンの方がメリットがあるからです。

もし月々の返済金額を抑え、生活にゆとりを持ちながら返済できるときに多めに返済したいという方は、キャッシングの方がおすすめです。

カードローンは審査が厳しく、融資額もそれほど高くない可能性も高いためです。

生活費の補てんに利用したい場合

これはもう、キャッシングの方が一歩リードしています。

返済総額が高くなりがちですが、少額融資ならキャッシングがおすすめです。

その理由として、月々の返済金額ですよね。

例えば、プロミスなら5万円の借り入れで最低月々2,000円の返済金額で済みます。

キャッシングを生活費の補てんとして利用するということは、お金が無くて困っていることにほかなりません。

ゆえに、月々10,000円の返済金額を設定してしまった場合、生活がひっ迫してしまうのは目に見えています。

月々2,000円の返済金額であれば、8,000円が手元に残る計算となりますよね?

8,000円って、食費に換算すると半月分は賄えるはずです。

その分を返済に回してしまった場合、かなりキツい生活を強いられることになるからでです。

もしあなたが生活費の補てんでローンを利用したいのであれば、キャッシングが良いと思います。

大きいものを一括で購入する場合

例えば、車ですね。

後は何らかの大きいものを購入する際、キャッシングの金利ではかなり支払総額が増えてしまいます。

カードローンは高額融資に向いているため、自動車ローンの代わりや頭金の用意などで利用されるケースもあります。

50万円の融資を受ける場合などは、金利の差が5%あったとすると、これは総額にかなり響きます。

この場合はキャッシングでも月々の返済金額がかなり大きいものになってしまうため、それならリボ払いで返済できるカードローンの方が利用しやすいのではないかと思います。

ですが、パート主婦の場合の多くが、扶養の範囲内で給料をもらうことになりますよね?

そうなった場合って、限度額がかなり低いものとなりますので、設定された限度額によりけりです。

多くの場合、50万円以下に抑えられるケースがほとんどですので、おまとめローンなどをお考えの方は、そのようなサービスを展開している銀行や消費者金融を利用するのが得策と言えるでしょう。

利用する金額や目的に応じて、キャッシングとカードローンにはメリットとデメリットがあります。

これを理解してどちらかを利用したいところです。

主婦でも配偶者に収入があればお金を借りることができる!

主婦の方って、実は消費者金融のキャッシングは利用できないこと、ご存知でしょうか?

これにはわけがあります。

消費者金融には総量規制と言うものがあり、法律で借りることができる金額が決まっているんです。

総量規制とは?総量規制対象外って何?

これ、年収の1/3以上の借り入れができない、とのことです。

と言うことは、主婦の方って基本的に収入がゼロですよね?

ゼロに1/3を掛けてもゼロです。

ゆえに主婦の方のご利用限度額はゼロ、と言うことになります。

従って、主婦の方がキャッシングを利用できないというわけですね。

ですが…

主婦でもお金を借りる方法、あるんですよ。

銀行カードローンを利用する。

え?

銀行カードローンって、消費者金融よりも審査が厳しいって聞いたけど?

実は銀行カードローンは総量規制の対象外。

なので、本人に収入が無くても配偶者の方に収入がある場合、借りることができます。

ですが、色々な制限もあります。

例えば、

  • 限度額はおおむね30万円以下。
  • 限度額が低いため、金利が高い。
  • 配偶者の収入証明書が必要であるため、配偶者に秘密で借りることが難しい。

まあ、主婦の方がキャッシングやカードローンを利用したいと思っている理由は、生活費の補てんのためがほとんどです。

まさか夫に内緒で怪しいことに使おうと思っていませんよね?

まあ、こういう例外的な考えもあるのかもしれませんが、基本的に多いのは生活費やおまとめローンとして利用したい場合です。

ですが、この限度額ではおまとめローンとしても活用は正直難しいです。

生活費の補てんのためであれば、十分すぎるくらいの金額ですよね。

おまとめローンを利用したい場合

これは家族の問題ですよね?

もしかすると、配偶者に内緒にしている借金がある場合などで活用したいと思っている方もいるかも知れませんが、基本的におまとめローンを利用するということは、家族内で会議を開く必要があると思うんですよね。

もし会議で決議された場合、わざわざ主婦の方の名義を利用する必要はどこにもなく、安定した収入がある配偶者名義で融資を受けた方が得策です。

特に金額が大きい場合は、主婦では30万円以上は正直厳しいと思いますので、ここは配偶者の方と相談し、その方に契約してもらった方が良い結果となるでしょう。

個人からお金を借りたいと考えている方もいるかも知れませんが、基本的にはやめた方が良いです。

お金を借りたい!個人で貸してくれる人を募る掲示板があるけど…

まあ、こうした掲示板があるんですよね。

でも、ほとんどの場合、ヤミ金業者がメインとなっている感じがします。

だって、何にも利益が無いのにお金を簡単に貸してくれる人は、基本的に怪しすぎますよね?

まとめ

主婦でも銀行カードローンなら審査に通る。

配偶者に秘密で借りることが困難。

キャッシングはハナから諦めよう。

おまとめローンなど、金額が大きい場合は配偶者にお願いして借りるのが得策です。

主婦が狙われる…ヤミ金には要注意

法外な金利を請求されるヤミ金は、貸金業者ではありません。

貸金業者は税務省および都道府県に貸金業者としての登録を行わなければいけませんが、ヤミ金は当然それらの申請を行っていません。

なぜヤミ金が主婦を狙うのかと言うと、こんな実態があるからなんです。

主婦は無色なら基本的には消費者金融からの借入れができない。

総量規制のおかげで、無収入である主婦はキャッシングなど、消費者金融を利用することができません。

審査に通らない以上、キャッシングをすることができませんので、ヤミ金に狙われやすいと言うワケです。

総量規制は、年収の1/3以下の借入れに制限するものですので、無収入であれば当然借入れられる金額はゼロと言うことになります。

ですが、法律を無視するヤミ金は、そんなことはお構いなしです。

ただ、一度借りてしまったら残るのは借金ばかり。

法外な金利で瞬く間に借金が膨らんでしまいます。

ただ、こうした違法のヤミ金業者にはお金を返す必要すらなく、もしこうした業者にハマってしまった場合は早急に弁護士に相談することをおすすめします。

カードローンを利用することも考えてみましょう。

ただし、総量規制対象外である銀行系のカードローンとなると、話は別です。

限度額は低いですが、夫の収入証明書や承諾書があれば審査に通るケースが比較的多いです。

一般的に限度額が大きいカードローンではありますが、この場合においては限度額は低めに設定されることになるでしょう。

おおよそキャッシング枠と同じような利用限度額になるはずですので、これならカードローンをキャッシング代わりに利用することができるはずです。

銀行系カードローンはキャッシングと比較すると金利も低めなので、意外とおすすめなんです。

まとめ

ヤミ金業者のチラシなど、たまに郵便受けに投函されていることがあります。

そもそも主婦は消費者金融の審査に通らないと言うことを覚えておけば、あらかじめこうした被害は防ぐことができるはずです。

利用できるのはカードローンだけ。

パートやアルバイトをやっている主婦の方なら低めのキャッシング枠を獲得することができる場合もありますが、一般的に消費者金融は利用しにくいと言うことは忘れないでください。

よって、主婦でもOK!

などと書かれたどこなのかわからないような業者からは絶対にお金を借りることをしないようにしましょう。

-【基礎知識】初めてのキャッシング・カードローン借入れガイド, お金がない!生活がキツくて借りたい人向けの情報まとめ, カードローン・キャッシングに関する情報まとめ

Copyright© MINAMONEY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.